村田諒太「伝説の再試合」の間近で見た美女2人が語る裏側

村田諒太「伝説の再試合」の間近で見た美女2人が語る裏側

神部美咲(左)と蒼怜奈

 2017年10月に行なわれたWBA世界ミドル級王座決定戦(ハッサン・ヌダム・ヌジカム戦)で見事ミドル級王者に輝いた村田諒太。その“国民的試合”で「後ろに映っている美女は誰だ!?」と話題になったのが、ラウンドガールを務めた神部美咲と蒼怜奈だ。リング上では静かに微笑むだけだった彼女たちが、世界戦の裏側を語った。

神部:よくラウンドガールって呼ばれますが、それは和製英語なんです。私たちが所属するフジテレビさんの番組『フジボクシング』では、本場アメリカに合わせて「リングガール」と名乗っています。

蒼:主な仕事内容は、ラウンド間にリングに上がって、次のラウンド番号が書かれたボードを掲げて周回したり、勝った人へのトロフィーの贈呈をしたりすることです。

神部:あと大事なのがヒーローインタビューを“飾る”こと。カメラを向けられた際に、私たち2人は選手の左右斜め後ろでキレイな三角形ができるように立たなきゃいけないんです。

蒼:「前に出すぎず、後ろになりすぎない」。村田選手は背が高いのでやや近くに立ちましたが、選手の背の高さに合わせて立ち位置は瞬時に整える。

神部:例えるなら結婚式の高砂に選手がいて、私たちはその装花みたいなイメージだよね。

蒼:花のように無言で祝福するのが役目だね。だから本当は嬉し涙はダメなんだけど……。

神部:村田さんの勝利が分かった瞬間は涙が抑えきれず。

蒼:村田さんもインタビューで「泣いてません」って言ってたけど、私たちには目の中に光るものが見えたよね。

神部:うん。込み上げてきてた! ほんと、考えてみると私たちって特等席だよね。

蒼:そう、美咲ちゃんは格闘技好きだから余計にね。1ラウンドが終わる10秒前にプラカードを準備してリングに上がるのに、美咲ちゃんは試合に集中しすぎて、私が「行くよっ」って言わなきゃ気づかない時がある(笑い)。

神部:ごめん~。でも特にあの試合は、普段は騒がしい会場も、みんな固唾を呑んでいたのか、凄い空気だった。

蒼:そうだね。緊張感漂う場内で張り詰めた気持ちでいたから、終わった後は疲れがどっと押し寄せてきてガクッとなった。

神部:村田選手の最後の「皆さんがこの場を作ってくれました!」って言葉で会場の一体感が高まって、お客さんのボルテージも最高潮になった。

蒼:そうかも。でもほんと、頂点に立つ選手ほど謙虚で礼儀正しく、私たちにまで「今日はありがとうございました」と言ってくれる。勉強になることばかりだよね。私はレースクイーンもやっているけど、また違った学びや魅力がある。

神部:私は空手の経験があって、ボクシングも好きだったからこの仕事に就けて幸せだった。選考の面接でもプロデューサーさんから格闘技の知識を問われて、「スタッフもみんな本気で作り上げてるんだ」って実感した。

蒼:私もこの大舞台の経験を活かして、将来は演劇の舞台にも立ってみたい。なんとなく生の動きがリングにも似てる気がするの。

神部:私はバラエティやお芝居など色々と挑戦していきたい。

蒼:芸能界の総合格闘技選手だ。

神部:あはは。でもまずは「フジボクシングのリングガールといえば神部美咲」と言われるくらいの存在になりたいな。

蒼:私も! これからも寡黙な華として選手を飾りたいね。

●あおい・れいな/1987年生まれ、宮崎県出身。B86・W59・H86。『フジボクシング』リングガール。レースクイーンも兼業する“二刀流”として注目を集める。

●じんぶ・みさき/1994年生まれ、大阪府出身。B83・W59・H83。『フジボクシング』でリングガールを務めるほか、『ゴッドタン』(テレビ東京系)などバラエティ番組でも活躍。

撮影■井上たろう

※週刊ポスト2018年10月5日号

関連記事(外部サイト)