俳優・篠田三郎の感謝「大映が私に手を差し伸べてくれた」

俳優・篠田三郎の感謝「大映が私に手を差し伸べてくれた」

篠田三郎が語るデビュー時代

 映画史・時代劇研究家の春日太一氏がつづった週刊ポスト連載『役者は言葉でできている』。今回は、16歳で映画会社、大映のニューフェイスに合格、大部屋から役者の道をスタートした俳優・篠田三郎が、デビュー当時について語った言葉をお届けする。

 * * *
 篠田三郎は一九六五年に大映のニューフェイスに合格、高校を中退して役者の道に進む。

「将来の目標というのはあまりなかったんですよね。ですが映画への憧れはあって、東宝と大映のニューフェイスを受けたところ、東宝には落ちて運良く大映に受かったんです。学業も続けようと思っていましたが、学校の方針でそれが駄目で。ただ、家が小さな工場をやっていましたから、役者で上手くいかなくとも家業を継げばいいか、みたいな安易な考えはありました。

 大映では半年の養成期間があり、いろいろな分野の一流の先生から講義を受けました。一番印象にあるのは講師に来た助監督さんの言葉です。私が『演技が上手くなるにはどうすればいいですか』と質問したところ、『そんなことより体を鍛えておけ』と厳しく一喝されたんです。

 今考えれば、当たり前です。演技を上達させる特効薬なんてない、日々努めるしかないんですから。屁理屈をこねるより、若いのだから少しでもしなやかな体を作っておけ、ということだと思います。その教えもあって、養成所の仲間たちはみんな、体を鍛える意識を強く持っていました」

 その後は大部屋に配属され、主に通行人などで出演を続けることになる。

「あの頃は『お前のギャラよりフィルム代の方が高いからな』と脅かされたりしまして、カメラの前に行くのが怖かったですね。でも、カメラマンの人たちには若い俳優を育てようという意識があり、少しでも画面に映るようにカメラの近くに呼んでくれたんです。

 それでも、大部屋にいる所属俳優にはなかなかいい役が付きません。ちょっといい役はみんな外部の新劇の人たちが持っていっていました。

 それで、『もっとお芝居の勉強をしなくちゃいけない』と思っていたところ、丸井太郎さん、三角八郎さんという中堅クラスの先輩が立ち上げた『パンの会』という勉強会に声をかけて頂きました。その会を市川雷蔵さんがバックアップしてくれたんです。一回目の公演は、文学座の方が演出をした『俺たちは天使じゃない』という芝居でした。私の出番は少なかったですが、そのような現場で少しずつ芝居を覚えていきました」

 一九七一年の『高校生心中 純愛』に主演、以降は関根(高橋)恵子とのコンビで青春映画に出続けるが、その年の年末に大映は倒産してしまう。

「主演といっても、とにかくあの頃は監督に怒鳴られてばかりいました。『関根恵子はスターだけど、お前はスターではない』みたいなのがあって、それには反発していました。

 その頃の大映は倒産する直前だったので、映画製作の資金繰りは厳しい状況だったと思います。地方ロケではタイアップのために宿泊先を転々として、夜は地元のお偉いさんに女優さんがお酌するとか、極端にいうとそんなこともありました。でも、今も俳優として仕事をさせて頂けているのは、大映が私に手を差し伸べてくれたからこそ。感謝は尽きないですね」

●かすが・たいち/1977年、東京都生まれ。主な著書に『天才 勝新太郎』『鬼才 五社英雄の生涯』(ともに文藝春秋)、『なぜ時代劇は滅びるのか』(新潮社)など。本連載をまとめた『役者は一日にしてならず』(小学館)が発売中。

■撮影/渡辺利博

※週刊ポスト2018年10月5日号

関連記事(外部サイト)