「リサイクル特番」増加 名番組に頼らざるを得ないTV局の事情

TBS系『学校へ行こう!』など「リサイクル特番」が増加 『ナニコレ珍百景』は復活

記事まとめ

  • TBS系『学校へ行こう!』、テレビ朝日系『ザ・タイムショック』など特番で"リサイクル"
  • リサイクル特番は中高年層にとって親しみのある番組で、一定の視聴率が期待できるそう
  • 今秋には『ナニコレ珍百景』が復活し、今後もリサイクル特番が増えるという見通しも

「リサイクル特番」増加 名番組に頼らざるを得ないTV局の事情

「リサイクル特番」増加 名番組に頼らざるを得ないTV局の事情

特番として”復活”した『ザ・タイムショック』(公式HPより)

 10月の番組改編に向けて、今の時期、盛んに放送されているのが特別番組だ。テレビ局にとっては長時間に渡って放送することもあり、何としても視聴率を稼ぎたいところ。こうした長時間特番に最近、顕著な傾向が見られるという。コラムニストでテレビ解説者の木村隆志さんが解説する。

 * * *
『V6の愛なんだ2018』(レギュラー時の番組名『学校へ行こう!』、TBS系)、『大改造!!劇的ビフォーアフター』(テレビ朝日系)、『ザ・タイムショック』(テレビ朝日系)、『笑神様は突然に…』(日本テレビ系)、『エンタの神様』(日本テレビ系)、『志村けんのだいじょうぶだぁ』、(フジテレビ系)、『クイズ・ドレミファドン!2018』(フジテレビ系)。

 上記はこの1か月間で放送された長時間特番ですが、番組名を見てピンと来た人もいるでしょう。かつてレギュラー放送されていた人気番組であり、裏を返せば「すでに終了した番組」とも言えます。

「時代が変わった」「飽きられた」「番組としての役目を終えた」などの理由で終了したはずの番組が、なぜ今これほど特番としてリサイクルされているのでしょうか。

◆「ふだんから特番ばかり」の現状にアクセント

 過去のレギュラー番組をリサイクル特番化する理由は、主に以下の3つ。

 1つ目の理由は、特番を取り巻く環境が変わったから。かつて特番は改編期だけの楽しみであり、純然たるオリジナル特番(特番専用)が制作されていました。

 しかし、現在は改編期だけでなく、ふだんから2~4時間の特番だらけで、特別感はありません。これは「本来1時間のレギュラー番組を特番化する」という戦略が民放各局で定着したためですが、だからこそ改編期の特番は「過去の番組をリサイクルすることで差別化したい、アクセントにしたい」という狙いがあるのです。

 現在、最も多い特番は、レギュラー番組の特番化であり、次に多いのはリサイクル特番で、最も少ないのがオリジナル特番。制作費の低い番組ほどレギュラー化も特番化もしやすく、視聴率がふるわなかった際のリスクも小さいので、必然的にこのような割合になるそうです。

 2つ目の理由は、視聴率に直結するターゲット層に合うから。リサイクル特番は、録画やネットではなくリアルタイム視聴する中高年層にとって親しみのある番組であり、一定の視聴率が期待できます。

 たとえば、『クイズ・ドレミファドン!』と聞けば、中高年層の人ほどチャンネルを合わせたくなりますし、実際にイントロクイズの出題も懐かしい曲が多数を占めていました。民放各局ともに、「中高年層向きのリサイクル特番はリスクが小さい。若年層向きのオリジナル特番はリスクが大きすぎる」という認識があるのです。

◆苦しいときほどリサイクルに頼ってしまう

 3つ目の理由は、過去の名番組に頼りたい苦しさ。リサイクルされているのは特番に限らず、ここ数年はかつての番組を再レギュラー化する動きが目立ちます。

 顕著なのは日曜夜のゴールデンタイム。これまで、『ジャンクSPORTS』(フジテレビ系)、『ビートたけしのスポーツ大将』(テレビ朝日系)、『クイズ☆スター名鑑』(TBS系)がリサイクルされ、今秋も『ナニコレ珍百景』(テレビ朝日系)が復活します。

 日曜夜のゴールデンタイムは、『ザ!鉄腕!DASH!!』『世界の果てまでイッテQ!』が高視聴率を獲得し続ける日本テレビの独壇場。他局は苦しい戦いを強いられる中、かつての名番組に頼っているのです。

 同様に、このところリサイクル特番が目立つのも、「予算やキャスティングの事情でオリジナル特番を作れない」という理由だけではありません。もともと改編期は視聴率を獲得するチャンスの時期でしたが、それが難しくなっているという苦しさがあり、新たな企画を立てる難しさも含めて、リサイクル特番に頼りたくなるようです。

◆リサイクル特番はまだまだ増える

 ただ、多くのリサイクル特番が放送される中、「また毎週レギュラー放送してほしい!」という熱い声があがっているのは、『学校へ行こう』くらい。その他は、「特番くらいがちょうどいい」という声が多数派だけに、番組関係者は実績やイメージに傷をつけないように、安易な再レギュラー化はしないようです。

 私が民放各局のテレビマンと話していてよく聞くのは、「あの番組はそろそろ特番で復活させてもいいのでは?」「あの番組のあのコーナーは一周回って使えるのでは」などの声。つまり、各局ともに、まだまだリサイクル特番を探しているのです。

「リサイクル特番として放送するのか」、それとも「形を変えて新番組として放送するのか」は制作サイドの判断によりますが、テレビ番組には65年を超える歴史とノウハウの蓄積があるだけに、今後もこの流れは続いていくでしょう。

 ネットを含むコンテンツ競争が激化する中、テレビ番組に求められているのは温故知新の精神。私たち視聴者は、リサイクル特番を楽しみつつも、新たなオリジナル特番に期待したいところです。

【木村隆志】
コラムニスト、芸能・テレビ・ドラマ解説者。雑誌やウェブに月20本超のコラムを提供するほか、『週刊フジテレビ批評』などの批評番組に出演。タレント専門インタビュアーや人間関係コンサルタントとしても活動している。著書に『トップ・インタビュアーの「聴き技」84』『話しかけなくていい!会話術』『独身40男の歩き方』など。

関連記事(外部サイト)