瀧川鯉昇と柳家喬太郎 正攻法と大胆ギャグ両面ある二人会

瀧川鯉昇と柳家喬太郎 正攻法と大胆ギャグ両面ある二人会

二人会は10年前から続けている

 音楽誌『BURRN!』編集長の広瀬和生氏は、1970年代からの落語ファンで、ほぼ毎日ナマの高座に接している。広瀬氏の週刊ポスト連載「落語の目利き」より、瀧川鯉昇と柳家喬太郎が、10年前から続けている二人会についてお届けする。

 * * *
 8月21日、池袋の東京芸術劇場プレイハウスで「瀧川鯉昇・柳家喬太郎二人会“古典こもり”」を観た。10年前から会場を替えて不定期に開催されている会で、これが13回目。

 落語芸術協会所属の瀧川鯉昇は今年で芸歴45年になるベテランで、その独特なフラが魅力。実は端正な語り口で古典をきっちりと語る正攻法の演者でありつつ、時に破天荒なギャグを大胆に取り入れて噺を再構築して爆笑を呼ぶ。この日の鯉昇はその両面で楽しませてくれた。

 まず1席目は『質屋庫』。三番蔵に化物が出るという噂を気に病んだ質屋の主人が番頭と出入りの熊五郎に寝ずの番で蔵を見張らせる噺だが、そこへ至るまでのやり取りが構成の大半を占め、丑三つ時に化物が出てからはアッと言う間にサゲに至る。この単調な噺を、鯉昇は登場人物それぞれを丹念に描いて飽きさせない。旦那が長々と語る「帯を質入れした長屋の女房のエピソード」に聴き入ってしまうのは語り口の心地好さ故。だからこそ「思えばあの質屋が恨めしい」でドッと笑いが起こる。

 続いて喬太郎は『牡丹灯籠』の「お峰殺し」。伴蔵の浮気を知った女房おみねは諍いの中で「新三郎様は幽霊に取り殺されたと評判になったけど、それは違う。まだ息のあった新三郎様を殺したのはアンタじゃないか!」と驚愕の真実を語る。これは三遊亭圓朝の原作にはない台詞。この夫婦が幽霊から大金をもらった「お札はがし」にはそんな秘密があったという、大胆な新解釈だ。

 休憩を挟んで再び喬太郎。途中までは普通の『子ほめ』だが、八五郎がご隠居の家を出ると三味線が入って「その道中の陽気なこと」と上方落語ばりの台詞が飛び出す。その後はまた普通の『子ほめ』に戻るが、ラストに来て突然芝居がかりの台詞回しになって三味線が入り、「東西子ほめ、まずはこれまで」でサゲ。終演後に貼り出された演目表では『世辞桜子褒厄誉』となっていた。

 トリの鯉昇は『千早ふる~モンゴル編~』。もともと鯉昇の『千早ふる』は知ったかぶりのご隠居のキャラが異彩を放つ爆笑編だったが、最近は竜田川を「モンゴル力士の名」として演じているのでこう呼ばれている。南千住のホステスだった千早とモンゴルで再会した竜田川は千早をネパールまで張り飛ばしてジ・エンド。それで納得できない八五郎がご隠居を問い詰めると、短歌の「みそひともじ(三十一字)」を千早の持っていた味噌に掛けた独自のサゲへ。これまたバカバカしくもお見事だ。全編オリジナル・ギャグ満載、鯉昇ならではの最強の一席だった。

●ひろせ・かずお/1960年生まれ。東京大学工学部卒。音楽誌『BURRN!』編集長。1970年代からの落語ファンで、ほぼ毎日ナマの高座に接している。『現代落語の基礎知識』『噺家のはなし』『噺は生きている』など著書多数。

※週刊ポスト2018年10月12・19日号

関連記事(外部サイト)