梅宮辰夫「芸能界に未練なし」 3億円自宅売却と引退の決意

梅宮辰夫、自宅売却し引退を決意か 菅原文太氏、松方弘樹氏、渡瀬恒彦氏ら仲間が死去

記事まとめ

  • 菅原文太氏、松方弘樹氏、渡瀬恒彦氏らが亡くなったが梅宮辰夫は5月以来TV出演がない
  • 梅宮は自宅を売却しクラウディアさんと神奈川県の温泉地にある別荘で生活しているそう
  • 所属事務所は「この年になって無理してテレビに出演する必要もないでしょう」と語った

梅宮辰夫「芸能界に未練なし」 3億円自宅売却と引退の決意

梅宮辰夫「芸能界に未練なし」 3億円自宅売却と引退の決意

「仁義なき戦い」シリーズの仲間たち(共同通信社)

 菅原文太、松方弘樹、渡瀬恒彦と昭和の名優たちがこの数年の間に相次いで世を去るなか、彼ら“銀幕スター”と様々な作品で共演してきた梅宮辰夫(80)も映画やテレビの舞台から距離を置き始めている。

『不良番長』や『仁義なき戦い』シリーズを筆頭に、戦後の日本映画を牽引してきた梅宮だが、2011年の『明日泣く』を最後にスクリーンから離れ、今年5月のバラエティ番組以来、テレビ出演もない。近況について、芸能関係者が語る。

「東京から完全に撤退してしまったんです。3億円ともいわれた都内の自宅を5月に売却し、奧さんのクラウディアさんと一緒に、神奈川県内の海沿いの温泉地にある別荘に生活拠点を移しています。たまに娘のアンナさんも来るみたいですね。30年以上住んだ自宅を手放すことについては、“無駄に大きな荷物を持っていても仕方ない”と話していました。腰痛が悪化して長い距離を歩くのは辛く、最近は歩行補助器に頼ることも多いと聞きました」

 2016年7月に十二指腸がんを患い、患部に加え胆嚢と膵臓、胃の一部を切除したことを告白。12時間に及ぶ手術で、術後は体重が10キロ以上も落ちたというが、それ以降は残りの人生を見つめ直す時間になったという。親交のある映画関係者が語る。

「戦友ともいえる俳優仲間が次々に亡くなっていくなかで、最近の梅宮さんには“引退”の二文字が頭にちらついていたようです。“芸能界に未練はない”と話していました。自宅を手放したのと芸能活動がなくなったのが同じタイミングだったのも気になります」

 親友の松方が亡くなった時をはじめ昭和の名優が亡くなるたびに、梅宮はコメントを求められてきたが、近年は「俺自身がもう長くない」と口にしていた。

〈僕が死んだ時に誰が取材を受けるのかと考えるとね。同時代を生きて、僕について語れる人はもういない。(中略)これだけ周りが次々に逝ってしまうと、むしろ僕だけが長生きしすぎているんじゃないかと思う〉(『新潮45』2017年6月号)

 梅宮の近況について、所属事務所はこう話した。

「東京の自宅売却は事実です。もともと海の見える場所で過ごしたいという希望を持っていましたからね。仕事や引退については本人が決めることですが、この年になって、無理してテレビに出演する必要もないでしょう。いまは夫婦で静かに暮らしています」

 銀幕やテレビで“辰兄”の姿は、もう見られないのか──。

※週刊ポスト2018年10月12・19日号

関連記事(外部サイト)