スターとして、父として… 田原俊彦の幸せはどこにあったか

スターとして、父として… 田原俊彦の幸せはどこにあったか

「ビッグ発言」を経て田原俊彦の幸せはどう変化したか

 テレビ出演は、芸能人の人気バロメーターと考えられている。しかし、テレビスターで居続けることの不幸はあまり語られない。9月24日放送の『有吉ゼミSP』(日本テレビ系)で、女優・田原可南子が父・田原俊彦について話した。父が娘のために撮り溜めたアルバムは30冊。「病院を退院して初めて家にきた日」「初めてペアルックした日」の写真を撮るなど何でも記録し、今でも娘が幼い時に作った『クマの折り紙』を財布に入れて持ち歩いているという。父・田原俊彦が娘・可南子を愛情深く育てたと窺える内容だった。

 スターとしての光と闇を経験してきた田原俊彦にとって、幸せはどこにあったのか。『田原俊彦論 芸能界アイドル戦記1979-2018』(青弓社)の著者である芸能研究家・岡野誠氏が“テレビスターと幸せ”について考える。

 * * *
〈スポーツ選手は、選手生命は短いけど、“やった”という卒業証明書というか、納得が得られる。でも、僕ら芸能界はちょっと違うんですよ。いつまでたっても一線じゃなきゃ証明書をもらえないし、忘れられる〉(1994年7月2日放送 フジテレビ系『土曜大好き!830』)

 田原俊彦のこの発言からもわかるように、世間は人気タレントをテレビで見掛けなくなると、「消えた」などとマイナス的に語る。1990年代と比べれば、現在はそんな見方も減りつつあるように感じるが、未だに偏見を持たれがちだ。だが、一生テレビに出続けることは果たして幸福なのか。

 デビューから15年間、田原俊彦はテレビで輝きを放ち続けていた。1979年10月26日開始の『3年B組金八先生』(TBS系)で脚光を浴びると、1980年6月21日に『哀愁でいと』でレコードデビュー。同年、2曲目『ハッとして!Good』で日本レコード大賞の最優秀新人賞に輝く。『NHK紅白歌合戦』にも『哀愁でいと』で初出場した。

 1987年『ラジオびんびん物語』で連続ドラマ初主演を果たすと、翌年の『教師びんびん物語』(以上、フジテレビ系)で全話平均22.1%と高視聴率を叩き出す。主題歌『抱きしめてTONIGHT』も大ヒットし、人気歌番組『ザ・ベストテン』(TBS系)で年間1位を獲得した。1989年の『教師びんびん物語II』(フジ系)では、『月9』枠で初の視聴率30%超え(最終回6月26日31.0%)を達成した。

 アイドルとして世に出た男が“大スター”として頂点に立った。田原の成長は、間違いなくジャニーズ事務所の後輩への道しるべとなった。

 芸能人という側面だけにスポットを当てれば、栄光の歴史である。だが、その陰では睡眠時間を削って、新曲の歌詞や振付を覚えて毎日のように歌番組に出演し、ドラマの台詞を暗記して収録に臨むという過酷なスケジュールをこなしていた。そして何より、顔が知られることは、生きにくくなることでもあった。

◆「どこへ行っても顔を知られてる」

 田原がスター街道を走っていた1980年代は芸能マスコミ全盛時代だった。『FOCUS』『FRIDAY』などの写真週刊誌が相次ぎ創刊され、各テレビ局のワイドショーも独自取材を敢行し、芸能人を追い掛け続けた。その中で、田原俊彦は最もターゲットにされたうちの1人だった。

 年頃の男性として当然の行為であるデートをすれば、周囲から視線を浴び、マスコミに撮られ、自由はなかった。言い換えれば、普通の人間らしい生活はできなかったのである。

 どこにいても、見られるというストレスは味わったものにしかわからないだろう。『教師びんびん物語II』から2年後、30歳になった年に「アイドルという枠が辛くなったことは?」という質問に対して、こう回答している。

〈……たとえばね、どこへ行っても顔を知られてるという状況を窮屈に感じた時もある。でも、それって、仕方ないんですよ。アイドルには、それなりの役割があると思う。睡眠時間がとれなかったり、自由がなかったり、悪さできなかったり……(笑)。厳しい役割なんだけど、その時に“今に見てろよナンバー1は俺だ”って思いながら、枠をくぐり抜けてこないと、生き残れないんだ。その時与えられた役割を必死でやるしか、上へ登る道はないんだよね〉(『with』1991年9月号)

 見えない努力あってこその栄光であり、輝かしい芸能人生の代償として自由を奪われていたのだ。

 1994年2月14日、田原俊彦は待望の長女・可南子を授かった。その3日後の長女誕生記者会見がマスコミの不評を買い、直後のジャニーズ事務所独立もあってか、一気に逆風を浴びることとなる。それまで好感度の高かった男への世間の見方が、180度変化し始めた。

 これによって、タレントとしての人気は下降していく。芸能人・田原俊彦としては、マイナスだった。同時に、マスコミに追われることはほぼ消滅する。人間・田原俊彦としては、プラスだった。

◆「ビッグ発言」を経て何が変わったか

 今まで、“1994年以降の田原俊彦”はテレビに出なくなったマイナス面ばかりを取り上げられてきた。

 しかし、1980年代にテレビで存分に力を発揮した男にとって、世間やマスコミから監視されず、娘に目一杯の愛情を注げる“自由な生活”はこの上ない幸せだった。

 2014年8月23日放送のCS『TOSHI’s SHOW 80’s』(フジテレビNEXT)では、ゲストのアルフィー・高見沢俊彦に「俺の中で印象に残っているのは『ビッグ発言』。あれから、憑き物が落ちたように感じた」と聞かれ、こう答えている。

〈僕の中ではね、一番こう、楽になったというか、縛られていた『田原俊彦ってこうじゃなきゃいけない』みたいなところから、フリーになった感じが。すごくね、人間に近づけたというか、そういう意味ですごく楽になったというか、面白いなと〉

 人は得てして、自分の評価軸、自らの数少ない経験、世間体などから他人の幸せまでを勝手に判断しがちだ。しかし、幸せの定義は一人ひとり違うものであり、他人が決めるものではない。

 幸せの感じ方は人それぞれ。良いも悪いもない。田原俊彦のように他人の無責任な評価に振り回されることなく、自分の基準をしっかり持って生きればいい。そんなことを考えされられた『有吉ゼミSP』だった。

関連記事(外部サイト)