石原さとみ、福原愛、泉ピン子…過去の有名人聖火リレーランナー

石原さとみ、福原愛、泉ピン子…過去の有名人聖火リレーランナー

組織委会長になった橋本聖子も走った(写真/AFLO)

 3月25日、今夏に予定されている東京五輪に向け、聖火リレーが福島県からスタートした。ランナー辞退者も相次ぐ中、聖火が日本を巡るが、過去にはこんな人たちも聖火リレーに参加してきた。

【1988年 ソウル五輪】
・橋本聖子(56才)

 当時、スピードスケートや自転車の代表選手として脚光を浴びていた橋本氏は、聖火ランナーにも抜擢されていた。

【1998年 長野五輪】
・堂本光一(42才)
 阪神・淡路大震災後、復興へと向かう神戸の市街地を走る堂本。その姿を見ようと大勢のファンが殺到した。

【2004年 アテネ五輪】
・長嶋一茂(55才)
 オリンピック史上初となる5大陸をつないだ聖火リレー。長嶋からスタートした聖火は、多くのランナーの手を渡り、アンカーの福原愛がいる東京都庁に到着。

・菊川怜(43才)
 アテネ五輪では、都の一般公募を含む、123人の聖火ランナーが活躍。その中には菊川のほかに橋幸夫なども務めた。

・福原愛(32才)

 同五輪選手の福原は、最終ランナーとして聖火を受け取った後、当時の都知事・石原慎太郎氏と聖火台に点火し会場には歓声が上がった。

【2008年 北京五輪】
・萩本欽一(79才)

 欽ちゃんが走る長野駅周辺で男女6人がコースに乱入を図り一騒動。当の欽ちゃんは「何かあったかなぐらいで気がつかなかった」とか。

・星野仙一(享年70)

 中国人と日本人の集団が衝突するなど一波乱ある中、第1走者を務めた“燃える男”は、同大会の野球日本代表監督に就任。結果は4位と金メダルには届かず。

【2018年 平昌冬季五輪】

・泉ピン子(73才)
 練習を積んで走ったという泉。集合住宅が立ち並ぶエリアを「2020東京ファイティン(頑張れ)」と声を上げながら走って聖火をつないだ。

・安藤美姫(33才) チャン・グンソク(33才)

 韓国の人気俳優へと、日韓の聖火をつないだ安藤は、「聖火は選手にとって希望」と笑顔を見せた。

【2020年 東京五輪】
・石原さとみ(34才)

 聖火リレー公式アンバサダーとしてリハーサルに参加。5月に長崎県を走る予定。

※女性セブン2021年4月8日号

関連記事(外部サイト)

×