カズレーザーの心に響く「さだまさし作品に溢れる人間愛」

カズレーザーがさだまさし作品を多角的に分析 ももいろクローバーZにさだはデレデレ

記事まとめ

  • カズレーザー(メイプル超合金)は、読書家で高学歴のインテリとしても有名である
  • カズレーザーがさだまさしの凄さを、歌や小説のフレーズを引用しながら多角的に分析
  • 『今夜も生でさだまさし』で、さだがももいろクローバーZと絡む際は虜になるという

カズレーザーの心に響く「さだまさし作品に溢れる人間愛」

カズレーザーの心に響く「さだまさし作品に溢れる人間愛」

さだまさし作品をカズレーザーが多角的に分析した

 金髪に真っ赤な衣装がトレードマークのお笑い芸人カズレーザーメイプル超合金)は、読書家で高学歴のインテリとしても有名だ。その歯に衣着せぬトークは10~20代の若者の支持を集めるが、このテレビにひっぱりだこの人気若手芸人が、さだまさしの影響を色濃く受けているという。さだまさしの秘密に迫る短期集中連載、今回はカズレーザーが歌や小説のフレーズを具体的に引用しながら、その凄さを多角的に分析する。

 * * *
「さだまさし」を好きになったのは、両親が運転する車の中がきっかけでした。小学生の頃、毎週土曜日に、自宅から離れたそろばん教室に通っていたんですが、その車内でラジオが流れていたんです。

 自宅を出るのが午後3時頃で、車のラジオをつけると、さださんがしゃべってました。その時、『北の国から』も知っていたし、『関白宣言』も聴いたことがあったけど、ラジオの中でしゃべっている人と、『北の国から』を歌っている人が繋がらない。

 そもそも、番組ではリスナーのハガキを読んでるばかりで、さださんの曲がほとんどかからない(笑)。しばらくの間、土曜3時に文化放送でしゃべっているおじさんは、「ラジオパーソナリティ」だと思っていました。それもしゃべりが流麗な。

 ところがこのラジオがとてつもなく面白い。気づくと、毎週、さださんのラジオを車内でがっつり聴く、というのが生活のサイクルになっていて、すっかり習慣化されていました。最終回も車の中で聴いたと思うんですよねぇ。

 テレビ番組でカラオケは、「さださんとワム!しか歌わない」と言いましたが、あれはちょっと盛ってます(笑)。皆で行く時は、ジュリー(沢田研二)とか、大勢で盛り上がる曲をチョイスして歌います。でもひとりでカラオケに行く時は、ヘビロテでさださん。さださんを歌い続けて、最後は 『主人公』で締める、というお約束。

 最近の「ひとりカラオケ」でのお気に入りは、『二軍選手』です。あの曲、本当にめちゃめちゃ好きなんです。行きつけのカラオケ店に入っておらず、なかなか歌えないのが残念なんですが(笑)。

 さださんのアルバムで、最初に購入したのは 『夢の轍』でした。この中の『償い』(作詩・作曲さだまさし)をじっくり聴いた時に、「こんな歌を歌う人がいるんだ!」と衝撃を受けました。この歌の中に、こんなフレーズがあります。〈人間って哀しいね だってみんなやさしい〉

 これなんだ、と思いました。さださんの魅力って。圧倒的な人類愛を伝えようとしている。それは歌手さだまさしであっても、小説家さだまさしであってもそうです。さださんの作品のすべてに「やさしさ」が通底している。

 たとえば、星新一さんだったら「驚き」がメインテーマです。彼のショート・ショートは、たくさんの驚きで溢れています。同じような意味で、さださんのテーマは「やさしさ」なのです。『前夜(桃花鳥)』や 『遙かなるクリスマス』もそうです。

 ここでは「人間個人の幸せ」が語られているんですが、実はそれを広げていっても、人類全体の幸せには決して繋がらない、という現実や矛盾を描いている。これ、さださんのメッセージだと思うんです。

 個人の幸せ=人類全体の幸せ、ということじゃないのなら、個人と全体を切り離してしまって、個人の幸せだけを考えればいい、ということじゃない。ふたつを断ち切るんじゃなくて、「人間愛」を接点として、個人と人類全体を繋げようとしている。

「個人の幸せ」がぶつかり合うこともあります。たとえば 『甲子園』(作詩・作曲さだまさし)。この歌は、喫茶店のテレビで夏の甲子園の準決勝を見ている、という設定なんですが、テレビの実況が突然、「ホームラン!」と叫びます。

 普通に考えれば、ホームランはプラスのイメージです。しかも喫茶店で何気なく見ているんだから、「おっ、やったね」となる。ところがさださんは、このプラスのイメージを反転させるんです。〈また誰かの夢がこわれる音がする〉

 ホームランを打たれたピッチャーの側から、ホームランを表現する凄さ。個人の幸せが、一方で別の個人を不幸せにしているというリアル。この切り口はさださんだなあ。『二軍選手』でもそうですが、さださんは一貫して、敗者にやさしい眼差しを向ける。これがさださんの「やさしさ」「人間愛」です。

◆歌だけじゃなく小説も「人間愛」に溢れている

 年間200冊以上、本を読みますが、さださんの本は、もちろんプロの小説家レベルです。僕は「さだまさしの詩」のファンなので、さださんの小説は、詩の世界を贅沢に楽しめるメディアです。小説の内容は、「人間愛」に溢れています。

 いちばん好きな小説は 『眉山』。ひと言で言ってしまうと、「お母さんが死ぬ」という話なのに、最後の最後まで、お母さんの死を描写しない。これぞハートウォーミングの極致っていう表現で、悲劇なのに心が温まる。きっと「やさしさ」で溢れているからです。

 ネタバレするので詳細は伏せますが、ラストシーンのお母さんの毅然とした態度、動揺するシチュエーションなのに表情を崩さない強さ。こういうキャラクターを生み出すさださんはすごいと思います。

 ヘンな言い方かもしれませんけど、それこそ、手を替え品を替え(笑)、いろいろな表現やいろいろな方法で、さださんは「人間愛」というメッセージを伝えようとしていると思うんです。

 僕たちは今、「さだまさしのいた時代」を生きている世代なんです。生まれた時にはすでにさださんがいた。こんな幸せ、ないと思うんですよ。「早起きしたら気持ちいい」とか、「焼きたてのトーストがおいしい」とか、そういうのと同じレベルの当たり前の幸せとして、僕はさださんを受け止めています。

 さださん本人に初めてお会いしたのは、『生さだ』の時です。そのあと、関ジャニ∞さんの番組でもご一緒したんですが、企画のひとつとして、さださんが即興で歌を作ったんです。これがカッコイイ!

 さださん、音楽に集中している時は、キリッとして超男前になるんですね。で、そのままキリッとしておけばいいと思うんですけど、歌を作り終わったら、急にボケてくる。しゃべり倒す。……あれ、我慢できないのかなあ(笑)。

 そうそう、『生さだ』の時のことも思い出しました。僕と一緒に、ももクロも出ていたんですけど、さださん、ももクロと絡む時に、どうしようもないほどデレデレするんです。そこまでデレデレするかっ、というくらい。さださん、かわいいコにだけデレデレしすぎじゃないですか? あれ、威厳なくしますよ(笑)。

※さだまさしとゆかいな仲間たち・著/『うらさだ』より

関連記事(外部サイト)