橋田壽賀子さんが決めた「渡鬼」「おしん」で描きたかったこと

橋田壽賀子さんが決めた「渡鬼」「おしん」で描きたかったこと

95歳で亡くなった橋田壽賀子さん(撮影/森浩司)

 脚本家の橋田壽賀子さんが4月4日、熱海市内の自宅で亡くなった。95歳だった。数ある代表作の中で特に知られるのが『渡る世間は鬼ばかり』(TBS系)と連続テレビ小説『おしん』(NHK)だ。橋田さんをこれまで何度も取材してきたコラムニストのペリー荻野さんが、橋田さんが両作品を通じて伝えたかったことについて綴る。

 * * *
 亡くなった橋田壽賀子さんは、一貫して「家族」を描き続けた。

 その代表作といえば、やはり30年続いた『渡る世間は鬼ばかり』だろう。サラリーマンを辞めて自宅で料理屋を開いた夫婦(藤岡琢也・泉ピン子、のちに宇津井健・山岡久乃)と五人の娘たちの物語。結婚し、子育てに忙しい娘、ラーメン屋で姑とぶつかりながら働く娘、離婚した娘、資格を持ってバリバリ仕事をする娘、さまざまな環境で暮らす家族の日々を描いた。

 番組のスタートは1990年。バブルに浮かれ、トレンディドラマ全盛の日本では異色にも見えた「ふつうの家族の物語」は、多くの支持を集め、「渡鬼」の愛称で国民的なシリーズに。五月(泉ピン子)が働く「幸楽」のラーメンが商品化されるなど、話題となった。

 私はドラマの現場取材を続け、橋田さんにも幾度かインタビューする機会があった。そこで印象的だったのは、橋田さんが「時代を書くこと」を心がけているという話だった。
 
 五月が初めて使う携帯電話に戸惑ったり、夫の勇(角野卓造)がおやじバンドを結成したりと、「あるある」と同世代の視聴者の共感を呼ぶ場面は数知れず。(おやじバンド主要メンバーの山本コータローは、小笠原に行く船の中で演奏する姿がステキだったからと、橋田さんがその場で出演スカウトしたという)時を経て、子が巣立ち「空きの巣症候群」で孤独になる長女、小姑たちに悩まされる次女、キャリアウーマンの三女、恋多き女の四女、ファザコンの五女。岡倉家の五人娘は、悩みながらも自分の道を見つけていく。あまり知られていないが、このドラマの大きなテーマは「自立」なのであった。

 もうひとつ意外とも思えるテーマで書かれたのが、1983年、朝ドラ『おしん』だ。東北の寒村から、いかだ船に載せられて奉公に出た少女おしんが、明治・大正・昭和と激動の時代を生き抜く。

 もともと『おしん』は、橋田さんが学生時代に疎開していた山形で、昔は女の子が最上川からいかだ船に乗って奉公に出たと聞いて、いつか書きたいと思ったのが始まりだった。貧困、いじめ、修行、大切な人との別れ。おしん(田中裕子)は夫と出会い、子を授かるが関東大震災ですべてを失う。さらに戦争で大事な家族まで…。

 瞬間最高視聴率は日本のドラマ史上最高の62.9%を記録。平均視聴率も50%を超え、世界各国で放送されて、大きな反響を呼んだ。橋田さんは、北極へ行く船の中で、同行していた泉ピン子を見かけた台湾の人たちが「おしんママ!」と感激するのを見て、びっくりしたという。

 貧しさや苦難に負けないおしんの姿に“辛抱が大事”というテーマを感じ取った視聴者は多かった。「おしん、辛抱」は流行語になった。しかし、橋田さんが描きたかった大事なテーマは、身の丈にあった暮らしの大切さ、「人生足るを知る」ことだった。ちょうどバブル前で世の中が浮かれ始めていた時期。戦後、食べ物があるだけで幸せと思いながら生きてきた橋田さんは、欲を出しすぎると危ないと思っていたのだ。

 もっとも、あまりに要望が強いので、橋田さん本人も観念し、色紙には『おしん辛抱』と書いていたのよ、と笑っていた。こんなお茶目なところも、多くのスタッフ、俳優陣に慕われた理由だろう。コロナ禍に立ち向かう日本の家族を橋田さんならどう書いたか。観たかった。

関連記事(外部サイト)

×