芝翫の長男・中村橋之助、元乃木坂46女優と4連泊 二股疑惑に答えた

中村芝翫と三田寛子の長男・中村橋之助が元乃木坂46・能條愛未と熱愛 二股疑惑も浮上

記事まとめ

  • 元乃木坂46・能條愛未が中村芝翫と三田寛子の長男・中村橋之助との交際を認めた
  • 中村橋之助は昨年に京都・祇園の元ナンバーワン芸妓との交際が報じられている
  • 中村橋之助は2人と同時に仲がよかった時期はあるか問われ「それはないです」と答えた

芝翫の長男・中村橋之助、元乃木坂46女優と4連泊 二股疑惑に答えた

芝翫の長男・中村橋之助、元乃木坂46女優と4連泊 二股疑惑に答えた

焼肉店で食事をした後、指を絡ませ能條(右)の家に向かう橋之助

“プリンス”はわが世の春を謳歌していた。中村芝翫(55才)と三田寛子(55才)の長男で、「歌舞伎界のプリンス」と称される中村橋之助(25才)は現在、4月23日から始まる舞台『サンソン -16世の首を刎ねた男-』の稽古中だ。18世紀のフランス・パリを舞台にした歴史劇で、橋之助はギロチンで死罪となる悲劇の王・ルイ16世を演じる。

 舞台で演じる悲壮な役柄とは一転、現実の彼はここ最近 舞台の稽古を終えると、うれしそうな笑みを浮かべながら、足早に稽古場を後にするのだった。

 3月下旬のある日。小走りで稽古場を後にした橋之助は、そのまま自分の車に乗り込むと、東京・新宿で同年代の美女と落ち合い、高級焼肉店へ。食事を終えて店を出たふたりはしっかりと腕を組み、女性の自宅へと向かった。

 翌日、その家から稽古に向かった橋之助は、稽古後にまたしても女性宅に“帰宅”。玄関先で部屋着のまま彼を迎えた女性は満面の笑顔を見せた。さらにあくる日は、お互いの指を絡ませる恋人つなぎで、別の高級焼肉店へ──。

 女性宅に4連泊した橋之助のお相手は、アイドルグループ乃木坂46の元メンバー、能條愛未(26才)。2012年に乃木坂46のメンバーとしてアイドル活動を始めるも2018年に「女優になりたい」との夢を叶えるためグループを卒業し、現在は舞台やミュージカルなどで活躍する。

 歌舞伎界のプリンスと元アイドルの連泊愛。通常なら初々しいカップル誕生と祝福されるはずだが、これは芝翫一家の“崩壊”を意味するものだった。

「気になるのは、橋之助さんのお母さんである三田さんの心中ですよ。これまで彼女は度重なるアクシデントにもめげず、一家をまとめあげてきましたが、最近はやり手の彼女でも予想できない出来事ばかり。橋之助さんの熱愛発覚も三田さんにはショックのはずです……」(梨園関係者)

「あみちゃん」「くにちゃん」

 若いふたりの急接近に時間は必要なかった。橋之助と能條は、今年1月11日から大阪・梅田芸術劇場で開かれたミュージカル『ポーの一族』で共演。不老不死の少年エドガーと少年アランの友情を描く不朽の名作では橋之助が医師クリフォードを、能條がその婚約者ジェインを演じた。ふたりには「大の宝塚ファン」という共通項があった。

「幼い頃から宝塚に連れて行かれていた国生くん(橋之助の本名)は、2018年に観た『エリザベート』に感激して宝塚にドハマりしました。一方の能條さんも宝塚OGの紫吹淳さんの大ファンという“ヅカガール”。

『ポーの一族』は宝塚公演をベースとしたミュージカルでふたりとも最初からテンションが高く、しかも役どころが婚約相手のため一緒に稽古する時間が多かった。すぐに『あみちゃん』『くにちゃん』と呼び合い、打ち解けるのに時間はかかりませんでした」(舞台関係者)

 大阪公演に続いて2月3日からは東京国際フォーラムでの公演があり、合わせた公演期間は1か月あまり。この間、橋之助と能條は2ショット写真をお互いのインスタグラムで何度も公開し、距離の近さをうかがわせた。だが前出の舞台関係者は、「まさかつきあっているとは思わなかった」と振り返る。

「確かに公演中はずっと一緒にいたので、周囲も『あのふたりは気が合うみたいだね』と話していたけど、友人だと思っていた。だって国生くんには、結婚を約束した恋人がいたはずですから……」

 昨年元日、スポーツ紙にこんな見出しが躍った。

《「成駒屋」のプリンス・中村橋之助が結婚へ》

 相手は京都・祇園の元ナンバーワン芸妓のMさんで、結婚を見据えた真剣交際であると報じられた。

「Mさんは、すっぴんが井上真央さんに似た清純派の美女で、祇園に通う歌舞伎俳優のなかでは“かわいすぎる芸妓”として知られていました。橋之助さんとは2016年頃からつきあっていたようです。2019年夏にMさんは惜しまれつつ芸妓を引退すると都内に引っ越しましたが、その際は『橋之助さんとの結婚準備だよ』とささやかれました」(前出・梨園関係者)

 橋之助の結婚を報じたスポーツ紙の記事で三田は、《ガールフレンドはこれまでもいたと思いますが、結婚の話は聞いていません》《本人は“結婚は女房、子供を養えるようになってから”と言っています。俳優としてはこれからです》と2人の結婚を否定していたが、その後、Mさんを「容認」するようになったという。

「夫の芝翫さんが過去に芸妓と不倫騒動を起こしたこともあり、最初こそ三田さんは橋之助さんとMさんの結婚に反対していたようです。しかしMさんは歴史ある祇園で芸妓のトップに立つ人間的な魅力だけでなく、実は親戚に歌舞伎俳優がいて、家柄的にも申し分なかった。それを知った三田さんが徐々にMさんを認めるようになり、『2人は近い将来ゴールインするんだろう』と多くの関係者が思っていたんです」(前出・梨園関係者)

 4月5日、能條の自宅近くで手をつないで仲よく歩く橋之助と能條を直撃した。

──能條さんと交際されているのでしょうか。

橋之助「……すみません、事務所に確認してもらえますか」

──手をつないでデートしたり、お泊まりもされて仲がいいように見えますが。

橋之助「そ、それは……」

 険しい表情で黙り込んでしまった橋之助。代わりに口を開いたのが、能條だった。

能條「真剣に交際をさせていただいております。おつきあいしてくださって素直にうれしいです」

 だが、気になるのはMさんとの関係だ。

──Mさんと結婚する予定が立ち消えになったそうで。

 口をつぐんでいた橋之助が記者と能條の間に割って入るように、一歩前へ出た。

橋之助「いえいえ、ぼく自身も役者として勉強中なので、父と母のようになれるまでは、まだまだ結婚は考えてもいないので」

──Mさんとは別れた?

橋之助「それもプライベートなことなので……」

──Mさんと能條さん、同時に2人と仲がよかった時期はある?

橋之助「……それはないです」

 そう言うと、ふたりは会釈して立ち去った。

※女性セブン2021年4月22日号

関連記事(外部サイト)