松坂慶子、安藤サクラに「あなたのお母さんの本で…」と感謝

松坂慶子、安藤サクラの母・和津さんの介護本に助けられ『まんぷく』撮影現場で感謝

記事まとめ

  • NHK連続テレビ小説『まんぷく』に出演する松坂慶子は介護と仕事で疲弊していたという
  • 松坂は安藤サクラの母・和津さんが書いた介護本に助けられ、撮影現場で安藤に感謝した
  • 安藤が昨年出産した長女をスタジオに連れてくると共演者がかわいがっているとも

松坂慶子、安藤サクラに「あなたのお母さんの本で…」と感謝

松坂慶子、安藤サクラに「あなたのお母さんの本で…」と感謝

『西郷どん』から『まんぷく』の超多忙

 強い日差しが戻ってきた10月初旬の週末。都内の閑静な住宅街にある一戸建てから、恰幅のよい男性が姿を現した。無造作な長髪に口ヒゲの男性はギターケースを背負い、両手に小型のキャリーケースを引いている。男性は、ギタリストの高内春彦さん(64才)。女優・松坂慶子(66才)の夫である。

「その一戸建てはもともと松坂さんの実家で、高内さんは6年前から松坂さんのお母さんと同居しています。彼は全国でライブ活動をしていて、旅支度をして家を空けることも多いですね」(近隣住民)

 夫とともに自宅で91才の母・つね子さんの介護をする松坂も不在期間は短くない。

「松坂さんは、NHKの連続テレビ小説『まんぷく』の収録のため、5月頃から単身大阪で過ごされているようです。旦那さんが介護しているとの話でしたが、最近は夫婦とも家を空けがち。どなたが介護されているのでしょうか…」(別の近隣住民)

『まんぷく』は初回放送の視聴率が23.8%を記録。初回で23%を超えたのは2001年に放送された『ほんまもん』以来、17年ぶりとなった。2週目に入った8日の放送も視聴率20%超えと絶好調だ。

 戦前戦後の大阪を舞台に、安藤サクラ(32才)演じるヒロイン・福子が事業に失敗しながら夫婦でインスタントラーメンを発明する物語で、松坂は福子の母親を演じる。撮影現場には実際の「母と娘」の触れ合いがあるという。

「昨年6月に長女を出産したサクラさんに配慮して、クランクインは通常より3週間ほど前倒しした5月1日でした。その分、1日の収録時間を短くして、遅くとも午後7時には撮影が終わります。サクラさんがたまにスタジオに長女を連れてくると、松坂さんら共演者が自分の娘のようにかわいがっていますよ」(ドラマ関係者)

 そんな松坂にも、長きにわたる母娘の物語がある。

◆一冊の本と出合い変わった心境

 1991年、ニューヨークで活動する無名のミュージシャンだった高内さんと松坂が極秘結婚した時、松坂の父は「あの男は娘を利用している」「慶子に寄生して、のうのうと生きている」と猛反発。これに松坂が「あんたたちなんか、眼中にない」と応戦すると、両親は絶縁を宣言した。

 だが2006年に父・英明さん(享年85)が糖尿病で寝たきりになり、松坂が介護するようになると、母娘の確執は雪解けを迎えた。

「お父さんの介護を通じて徐々にわだかまりが解けていきました。2007年にお父さんが逝去した後は、年老いたお母さんが松坂さん夫婦を頼るようになった。2012年に夫婦で介護同居を始めた時は驚きましたよ。仕事で松坂さんが忙しい時は高内さんがお母さんの面倒を見ていましたから、人の関係もここまで変わるもんだな…と」(松坂の知人)

 6年前に始まった母の介護。突然訪れた同居生活は、子供にとって心身ともに大きな負担となる。松坂も日に日に、疲労の色が濃くなった。

「お父さんの介護は1年ほどと長くなかったですが、“迷惑をかけたから”と寝たきりになったお父さんに付き添い、トイレの世話もしていました。近くで仕事があれば10分でも実家に立ち寄り、ヘルパーや看護師を手配するため、映画やドラマだけでなくバラエティー番組にも出演して月100万円ほどの介護経費をすべて負担していました。お母さんにも同じように尽くさねばと思ったのでしょう。着替えや食事など日常生活の世話を真面目にがんばりすぎてしまった」(前出・知人)

 介護の始まりは、ちょうど松坂が還暦を迎えた年でもあった。気力と体力が衰えを見せるなか、介護と仕事の両立にさらに疲弊した。

 松坂の母は要介護3の認定を受け、認知症の進行も認められて自力で日常的な行動ができなくなっていた。移動時も車イスのため、自宅玄関には車イス用のエレベーターが取り付けられている。

「仕事をしなければ家計はまわらないが、夫にすべてを押し付けるわけにはいかない。地方が長い仕事は避けるなど制約をつけながら、がんじがらめになっていってしまった」(前出・知人)

 そんな苦しい状況で出合ったのは一冊の本だった。

「安藤サクラさんの母親である安藤和津さん(70才)が書いた『オムツをはいたママ』(2004年)という介護の本でした。和津さんの母親は脳腫瘍から認知症が進行し、日夜を問わず排泄処理や入浴の世話が必要だったうえ、認知症特有の感情の爆発で和津さんをなじることも多かったそうです。一時は介護うつで引きこもり状態になった経験から、著書で“介護をひとりで背負うことはない”と訴えていました」(芸能関係者)

 その本を読んだ松坂は、張り詰めた気持ちが楽になり、ふっと肩の荷が下りたという。

《つらいときは疲れたと言っていい。助けてくれる人がいれば頼っていい。それで介護する側も元気になって、笑顔の時間を増やす。それが大切なんですよね》

 3年前、松坂は新聞のインタビューでこう語っていた。

「ずっと介護のつらさを抱え込んでいた松坂さんは、“人に任せることは大切”と気づき、積極的に介護サービスを使い始めました。今では自宅には常時お手伝いさんがいますし、松坂さんの収録が詰まっていたり、高内さんが仕事で地方に行く場合は、ローテーションでヘルパーさんに来てもらったり、訪問入浴サービスなどを組み合わせて介護の負担を分担しています。

 チーム介護に切り替えてから松坂さんの心身の状態も上向いたようです。『まんぷく』の撮影現場で松坂さんは、“あなたのお母さんのご本のおかげで助かったわよ”と恩人の娘であるサクラさんに笑顔で話しかけていました」(前出・ドラマ関係者)

※女性セブン2018年10月25日号

関連記事(外部サイト)