最期まで健康だった橋田壽賀子さん「90代で20kg持ってスクワット」

最期まで健康だった橋田壽賀子さん「90代で20kg持ってスクワット」

生前、最期まで健康でいるため徹底した準備を行っていた橋田壽賀子さん

 50才から始めた水泳、90才になっても週3回のジム通い、ステーキやすき焼きをペロリ──。4月4日に亡くなった脚本家の橋田壽賀子さん(享年95)は、老いてもなお元気な姿を見せていた。

「『私が死んだら、ここに取材がたくさん来ると思うから、そのときは“先生は最期まで運動してましたよ”って言ってね』。そんな言葉が、強く思い出に残っています」

 寂しそうに笑うのは、橋田さんが終の棲家としていた静岡県熱海市でパーソナルジムを経営するトレーナーの八代直也さん(49才)。

「先生と出会ったのは2009年のこと。『もう年だし、あと2、3年生きたら死んじゃうだろうからそれまで面倒見てよ』。最初はそうおっしゃっていましたが、そこから12年間、週3回のペースで一緒にトレーニングをしてきました」

『おしん』(NHK連続テレビ小説)や『渡る世間は鬼ばかり』(TBS系)といった国民的名作ドラマを次々に世に送り出す一方で、自身の人生の“仕舞い方”にも心を砕いていた。90才を超えてからの雑誌への寄稿や著書の中で、「人に迷惑をかけず、痛くなく死にたい」と訴え、自身が認知症や寝たきりになった場合には安楽死を望んでいることを繰り返し語ったことは、大きな話題を呼んだ。

 そんな橋田さんの最期は、看取った泉ピン子(73才)が「ママって呼んだら、目を開けて。安らかに眠るように亡くなりました」と語るように、生前の希望通り穏やかなものだった。

 なんとも幸福な最期だが、その裏には徹底した準備があった。

90代で20kgを持ち上げてスクワット

「自分のことは自分で」その意思を最期まで貫くためには、何より足腰が大切だ。橋田さんは、早いうちから対策を打っていた。親交があったTBS関係者が話す。

「若い頃はバドミントンをやっていたそうですが、ひざを痛めたこともあり50才から水泳に切り替えました。ところが、プールでファンから頻繁に声をかけられ、そのたび泳ぐのを中断することになり、今度はジムへ行くように。特に2009年、83才から通い始めたパーソナルトレーニングには、亡くなる直前まで通っていました」

 橋田さんのトレーナーだった八代さんが振り返る。

「筋力を維持して寝たきりにならないようにしたいと1回1時間、週3回通ってくださいました。30分はひざや股関節などの関節をほぐすコンディショニングを、残り30分はバランスボールやバーベルを使ったトレーニングを行っていました。90代になってもスクワットは20kgの錘を持って。カルテを見返すと、トレーニング回数は通算1096回。最後にいらしたのは今年2月末ですが、そのときも自分の足で歩いて来店し、靴の脱ぎ履きをお手伝いしようとすると『自分でできることは自分でやるから』と断られました」

 下北沢病院理事長で『“歩く力”を落とさない!新しい「足」のトリセツ』の著書がある足の専門医の久道勝也さんは健康長寿を体現するうえで、「歩けること」は最重要ポイントだと断言する。

「老齢期に入ってから亡くなるまでには3段階の“下りステップ”があります。それは歩行、排泄、食事の順に訪れる。つまり、歩くことを維持できれば階段を下りるスピードをゆるやかにすることが可能なのです。加えて、思いどおりに歩けないことは大きなストレスであり、精神面にも大きな影響を与えます」

 橋田さんもその重要さを強く実感していた。

「先生はよく『晩年でいちばんよかったことは、あなたと出会えたこと』とぼくのことを褒めてくれました(笑い)。そうでなければ、車椅子になるか、死んでしまっていたと。確かに、何もしなければ筋力は落ちていくし、寝たきりにならないためにはトレーニングが必要です。そのときに大切なのは、信頼関係が築けるような運動の専門家を探すこと。橋田先生には週3回のトレーニングが合っていましたが、個人差があります。最期まで健康でいるためには、医療に頼るだけでなく、通いやすい近くのスポーツクラブなどで運動の専門家に見てもらうことをおすすめします」(八代さん)

 橋田さんが運動と同じくらい気を配っていたのは食事だ。

「朝は金柑を煮たものと黒豆を食べ、ほうじ茶を飲む。トレーニングをした後はしっかりと昼食を摂るなど、食事にも気を使っていました」(八代さん)

 とはいえ、がまんばかりしていたわけではない。熱海には行きつけのステーキハウスやイタリアンレストランがあり、共演者やスタッフと食事を楽しむことも多かった。

 40年来の“常連”だったという『ステーキハウスはまだ』の水谷正太郎さん(69才)が振り返る。

「ご自身は好きなものを少しずつ食べ、“食べて食べて”とお客様をもてなしていた。揚げものがお好きで、当店のメニューにないメンチカツをお出ししたこともあるし、よく一緒にいらしていたプロデューサーの石井ふく子さん(94才)の好物だからといって、特別に鉄板焼きで作ったすき焼きをお出ししたこともあります。目の前の鉄板で、薄く切ったステーキ用の肉を割り下で焼いて、溶き卵で召し上がる。割り下に砂糖が入っているので鉄板がベトベトになるのを気にして、すき焼きをやるたびに“ごめんね、ごめんね”と謝りながらも、おいしそうに召し上がってくださいました」

 イタリアンレストラン『MON』の女将は、まるでテレビドラマのセットのような場面を目撃したことがあった。

「一度、角野卓造さんや岡本信人さん、中田喜子さんといらしたときがあり、店内がまるで“渡鬼”みたいな雰囲気に(笑い)。皆さん気さくに、楽しそうにお話しされていたことをよく覚えています。先生がお好きだったのは『かぼちゃのスープ』『トマトのブルスケッタ』『ボンゴレパスタ』。量が多いと感じたときは、箸をつける前に同席のかたに分けていて、食事量をコントロールしていることに感心したものです」

 パーソナルトレーニングで汗を流した後は、昭和11年創業の老舗パン店『菊香堂』に立ち寄り、コロッケなど総菜を挟んだコッペパンを買うのも楽しみだった。

 東京都立大学名誉教授で健康長寿に関する研究を続けている星旦二さんは「ピンピンコロリには、バランスのとれた楽しい食事がもっとも重要」だと言う。

「高齢者1.3万人の6年間追跡調査では、毎日飲酒をしてやや肥満であり、喫煙をしない人が健康長寿でした。楽しく食べ、家族や仲間とお酒を楽しむ人がピンピンコロリを実現しました」

※女性セブン2021年4月29日号

関連記事(外部サイト)

×