橋田壽賀子さん 生涯現役を支えた「衰えへの恐怖」と「好奇心」

橋田壽賀子さん 生涯現役を支えた「衰えへの恐怖」と「好奇心」

熱海の自宅で最期まで執筆を続けた。近所の住民によれば、木の伐採をするときも「すべて切らずに、気が死なないようにしてほしい」と頼むなど、自然を大切にしようととする姿が印象的だったという

 4月4日に静岡県熱海市の自宅で亡くなった脚本家の橋田壽賀子さん(享年95)は、「自分のことは自分で」の精神を最期まで貫いた。健康を保つために、83才からパーソナルジムに通い、1回1時間、週3回のトレーニングを行っていたという。また、90才を超えてからの雑誌への寄稿や著書の中で、「人に迷惑をかけず、痛くなく死にたい」と訴え、自身が認知症や寝たきりになった場合には安楽死を望んでいることを繰り返し語ったことも、大きな話題を呼んだ。

《親しい人の顔もわからず、生きがいもない状態で生きていたくはない。だからこそあえて提言したのです。“私がそうなったら、安らかに殺してください”と》

 橋田さんは自身の「安楽死願望」について2016年12月、本誌・女性セブンの取材にこう答えている。

 当時橋田さんと、安楽死について月刊誌で対談をした諏訪中央病院名誉院長の鎌田實さんが言う。

「認知症でまわりのことがわからない状態になってしまうことを大変に恐れていて、“そんなふうになるならば安楽死したい”とセンセーショナルなことをおっしゃった。医師としての立場から“どこからが認知症か”の線引きや本人の意思確認が困難であることなどの問題点を説明すると、すぐに現実的な選択ではないと理解しておられた。だからこそ、最期まで自分らしくいるための努力をなさったのだと思います」

「命の限り生きる」、そう判断した理由は、近しい人からの強い反発も1つの理由だったかもしれない。生涯にわたる“相棒”だったプロデューサーの石井ふく子さん(94才)は「言葉が出ない」と声を詰まらせながらこう明かす。

「彼女に『安楽死をしたい』と言われるたびに、『それならなぜ医者に通ったりストレッチやったりしてんのよ!? そんなこと言わないで!』と私が怒って、いつもけんかになりました」

 実際、橋田さんは2020年の雑誌のインタビューで、《生きているうちは生きるための努力が大切。私は毎年人間ドックを受け、お医者さまに通い、筋肉を作るために毎日お肉を200g食べる》とも語っている。

 痛みを伴わずしっかりした頭と体のまま生きることを全うしたい――そんな渇望と衰えることへの恐怖が橋田さんの足を動かし続けたのだろう。しかし、橋田さんを「生きるための努力」に駆り立てたのは恐怖心だけではなかった。

「定期的にクルージングに行くことが運動を続けるモチベーションだとよく語っていました。好奇心が強かったから船上で出会うさまざまな人たちの身の上話を聞くことが何よりも楽しみだったそうです。だけど、1回2000万円近くかかるから、『仕事はお金のため』なんて冗談めかしておっしゃっていた(笑い)。だけどもちろん、作品作りに手を抜くことは一切なく、『二度と戦争を起こしてはいけない』という思いを強く持ち、同時にドラマを通して世の中のことを伝えていくという使命感の強いかただった。最期まで創作意欲を失うことはありませんでした」(TBS関係者)

 重要な仕事や旅行の前は、ある「ルーティン」も欠かさなかった。熱海市内の來宮神社で宮司を務める雨宮盛克さんは、橋田さんが熱心に参拝する姿をたびたび目撃していた。

「一度、こちらを参拝した後に行った海外旅行で乗り物に乗り遅れ、運よく事故を逃れたことがあり、それ以来旅行前やドラマ開始時には必ずいらして、ご神木の大楠を1周して行かれました。ドラマの制作発表をこちらで開いたこともあります」

 こうした「生涯現役」の働き方は、認知症のリスクを無意識に遠ざけていたようだ。

 いのくちファミリークリニック医師の遠藤英俊さんが解説する。

「働かず家に閉じこもって人との交流がなくなると、記憶や学習などを担当する脳の前頭前野が活性化されず、認知症のリスクが高まります。仕事がなければ家の外に出る機会も減り、運動不足になることも認知症の一因に。実際、定年後に発症するケースは少なくない。どんな形であれ、働き続けて社会とつながることが、認知症を遠ざけて健康長寿を体現する大きな対策なのです」

※女性セブン2021年4月29日号

関連記事(外部サイト)

×