松坂慶子の100才の母が大往生 “絶縁”を越えて自宅で看取るまで

松坂慶子の100才の母が大往生 “絶縁”を越えて自宅で看取るまで

4月下旬、夫の高内氏と出かける松坂

 松坂慶子(68才)の母・つね子さんがこの春、亡くなっていたことがわかった。松坂とつね子さんは、松坂の結婚をきっかけに一時、絶縁状態になっていた。骨肉の争いから30年。松坂と夫におとずれた同居介護9年目の別れ──。

 西に沈む太陽が澄んだ空を赤く照らした4月中旬の週末の午後6時過ぎ。東京都世田谷区の閑静な高級住宅地に、仲よく出かけようとする家族の姿があった。

 夫と2人の娘たちに一足遅れて玄関を出てきたのは、黒いジョギングシューズを履き、ベージュのパンツに紺色のロングコートを着込んだ松坂慶子。きっちりとまとめた髪には白髪が交じり、縁なし眼鏡をかけた顔も体も、ずいぶんやせた印象だ。それでも近くの商店街に向かって夫と娘の後を歩く姿からは、家族水いらずの穏やかな雰囲気が漂ってくる。

 家は100坪あまりの土地に建つ3階建ての豪邸。光沢のある焦茶色の壁と門扉、そして玄関扉の間の通路に設けられた車椅子用のエレベーターがひときわ目立つ。

「あのエレベーターはお母さま用のもので、車椅子でもスムーズに乗れるように3年ほど前につけられました。そのとき、お風呂なんかも一気に介護用にリフォームしたみたい。とにかくあの夫婦は、最期までお母さまのことを考えて、献身的に面倒を見ていました。もう、エレベーターに乗る人はいなくなっちゃったけどね……」(近隣の住民)

 松坂は両親と一時絶縁状態にあったが、母・つね子さんの介護のために、2012年6月、家族全員で母が住む実家に戻ってきた。2018年にNHK大阪が制作した朝ドラ『まんぷく』に出演したときのことを、雑誌『クロワッサン』(2019年8月25日号)のインタビューでこう振り返っている。

《(大阪での仕事を)母に伝えると、『行っていらっしゃい』って、笑顔で背中を押してくれたんです。それで出演する決心がついた》
《母の生命力、がんばり方とか太陽みたいに笑うところとか、全部役作りに反映されて、困ったときに相談すると的を射たことを言ってくれるし、母を頼りにやってきた過去を思い出しながら演じていましたね》

 そんな最愛の母・つね子さんが静かに旅立ったのは、介護を始めてから9年目を迎えたこの春のことだった。

「2年くらい前からはずっと寝たきり状態で、最期は自宅でご家族に看取られたようです。松坂さんは“母は100才目前まで生きることができ、大往生でした”と話していたそうですよ」(別の近隣住民)

「あの男は娘を利用している」

 松坂が両親と絶縁状態に陥ったのは、1991年、ジャズギタリストの高内春彦さん(66才)との結婚がきっかけだった。

「高内さんは松坂さんの2才年下で、当時は無名のミュージシャン。松坂さんの父・英明さん(享年85)は結婚に猛反対し、“慶子に寄生して、のうのうと生きている”“全部嘘。あの男は娘を利用しているだけ”などと高内さんを罵倒し続けました。当時は英明さんの手で実家の表札から『慶子』の名がドリルで削り取られたほどです」(当時を知る芸能関係者)

 しばらくは結婚を認めてもらおうと説得を試みた松坂だったが、あまりにも夫を悪く言う両親を許せず、1992年には絶縁を宣言。両親から逃れるように7年間を米国・ニューヨークで過ごした。親子の確執に変化が起きたのは2006年、英明さんが糖尿病を患い、寝たきりになったことがきっかけだった。

「松坂さんが英明さんの介護をするようになりましたが、高内さんと英明さんは和解することなく、2007年に英明さんが逝去した。その後は、高内さんも一緒になってつね子さんの面倒を見るようになったんです」(松坂の知人)

 2012年、松坂は一家揃って母がひとり暮らしをしていた冒頭の実家に引っ越し、家族ぐるみでの本格的な「同居介護」が始まった。

「当時、つね子さんは要介護3の認定を受けていて、認知症の進行も認められていた。自力で日常的な行動をとることができず、車椅子なしでは移動もできない状態でした。同居を始めた当初、松坂さんは着替えや食事など、日常生活のお世話を頑張りすぎたんでしょうね。介護サービスにも頼らずにひとりですべてを抱え込んでしまい、かなり疲弊していました。

 この頃は、ちょうど彼女が還暦を迎えた年で、体力面でも気力の面でも、若い頃のようにはいかなくなった。介護費用を捻出するためにも働かなくてはいけないけれど、介護のためには仕事をセーブするしかない……そんな葛藤に苦しむ状況が続いたようです。結局、1年半ほど仕事を休むことを余儀なくされました」(前出・松坂の知人)

 そんな松坂の苦境を救ったのは、夫・高内さんと子供たちだった。 

「仕事を再開した後も、“夫や子供に任せきりにするわけにはいかない”と、地方の仕事などは避けるようにしていましたが、高内さんが仕事をしやすい環境をつくり、支えてくれたそうです。

 松坂さんがいないときは義母に1日3食を作ったり、車椅子を押して散歩に連れて行ったりと、それはもう頭が下がるくらいの献身ぶり。松坂さんは途中から“人に任せることが大切”と割り切って積極的に介護サービスも使うようになり、仕事で長く家を空けるときは、ヘルパーさんや看護師さんの手配も高内さんがしていたようです」(前出・松坂の知人)

 松坂が『まんぷく』や今年1月放送のスペシャルドラマ『おもひでぽろぽろ』(ともにNHK)などに出演できたのは、かつて両親が結婚を大反対し、責め続けた夫のサポートがあってこそだった。だが、昨年からの新型コロナの感染拡大は、介護に甚大な影響を与えた。

「お世話になっていた訪問ヘルパーさんが来ることができなくなり、デイサービスを受けられなくなるなど、心身ともにストレスがかかる日々が続いていたそうです」(前出・松坂の知人)

 自宅で介護を続ける松坂にとっても「何かあっても母を病院につれて行けない」といった不安が募っていたという。

 一方でコロナ禍は、彼女に「かけがえのない時間」を与えてくれた。

「コロナの影響で、昨年4月頃からドラマなどの撮影が約半年にわたってストップしたため、久しぶりに家でゆっくり過ごす時間が取れたみたいです。その間、つね子さんの好きな料理を作ったり、家の片づけをしていて昔の思い出の品を見つけたりして、ゆっくり向き合うことができたそうです。

 その後、ポツポツと仕事が入り始めたときは、仕事を受けていいものかどうか迷ったようですが、『まんぷく』のときにお母さんが“行っていらっしゃい”と言ってくれたことを思い出し、夫のサポートを受けて仕事を再開する決断をしたそうです」(前出・松坂の知人)

 松坂の事務所に事実を確認すると、次のようにコメントした。

「家族に見守られながら安らかに天寿をまっとういたしましたことをご報告させていただきます」

 かつて結婚に反対し続けた娘の夫が支えたつね子さんの晩年。英明さんもつね子さんも草葉の陰から仲睦まじい家族の様子を安堵して見つめているに違いない。

※女性セブン2021年5月6・13日号

関連記事(外部サイト)

×