OLガッキーを「キモい」と喝破するドラマ『けもなれ』の斬新

新垣結衣、松田龍平W主演『獣になれない私たち』 現実の大人たちのリアルを描く

記事まとめ

  • 新垣結衣、松田龍平W主演の『獣になれない私たち』を山下柚実氏が分析
  • 「松田龍平の口から発せられた「キモい」という言葉はあまりに衝撃的」とコメント
  • プロデューサーは「『現実の大人たちのリアル』に徹底的にこだわって描く」と話した

OLガッキーを「キモい」と喝破するドラマ『けもなれ』の斬新

OLガッキーを「キモい」と喝破するドラマ『けもなれ』の斬新

視聴率も好調にスタート(番組公式HPより)

 秋はドラマにおいても名作が生まれやすいとされる季節である。いよいよ幕が開いた。ドラマウォッチを続ける作家で五感生活研究所代表の山下柚実氏が指摘する。

 * * *
 続々とスタートした秋ドラマ。風変わりなタイトルが耳に入ると、興味をそそられます。最後まで楽しみながら視聴できる奥深い作品、心に響く作品に出会えるのか。滑り出しのこの時期は特にワクワク。

 タイトルを見回してみると……『僕らは奇跡でできている』(フジテレビ系火曜21時)、『獣になれない私たち』(日本テレビ系水曜22時)、『僕とシッポと神楽坂』(テレビ朝日系金曜23時15分)、『今日から俺は!!』(日本テレビ系日曜22時)……と、ある傾向性が見て取れる。それは、「僕ら」「私たち」「僕」「俺」と一人称タイトルが並んでいること。

 つまり、自分語りです。他者から見えている姿ではなく、主人公の「本音」「内面」に軸足を置いたストーリーを予感させます。

 中でも1番の話題作と言っていいのが『獣になれない私たち』。新垣結衣×松田龍平のW主演の上に、『重版出来!』『逃げるは恥だが役に立つ』の野木亜紀子オリジナル脚本とくれば、がぜん期待は高まります。

 10月10日の第一話は……ガッキーが「普通」を演じる新鮮さに、しみじみと感じ入りました。主人公はアラサーOLの晶(新垣結衣)。「常に笑顔で」「仕事は完璧」と職場で理想の女を演じ、パワハラ社長ややる気のない部下に振り回され、結果として疲弊しきっている。いわば、どこにでもいるような過剰適応型OLの、内面の葛藤。

 一方、松田龍平が演じるアラサー男・恒星は、見かけはお調子者で世渡り上手だけれど、どこかそんな自分に限界を感じている会計士。こちらも巷にいるいるタイプ。

「バカになれたらラクなのにね」と恒星は言う。つまり晶も恒星も、タイプは違うけれどバカになれない「頭でっかち」な大人。この人たちが、考えすぎることなく「獣のように」自然にふるまえる日は来るのか? 心の自由を手に入れることはできるのか? ドラマが発する問いかけは、日常的でかつ根が深く、実に本質的な問題提起でもあります。

 中でも、恒星・松田龍平の口から発せられた「キモい」という言葉はあまりに衝撃的でした。

「あの女キモいって前から思ってたんだよね。おキレイだけど、嘘っぽくない? あの完璧な笑顔が、なんかキモい」

 笑顔を作る晶を「キモい」と喝破。「人形みたいな女」とまで言い放つ。ガッキーに対して「キモい」とは……前代未聞。なんて斬新なドラマなんだ! 

 グイグイと突いてくるセリフ、仮面を剥がすような切れ味、ここまでくるともはや小気味よくさえあるコトバたち。社会に見せている「表向きの姿」ではなく「内面のリアルをぐいっと掘り進む」という意味で、この一人称ドラマは新境地を拓きそう。松本京子プロデューサーはドラマについてこう語っています。

「笑顔の裏で、人って本当はきつかったり身をすり減らす努力をしているんじゃないか、と。そこを新垣さんにはリアルに演じていただいています」

「ドラマならではの『登場人物のお約束』をぶっとばし」、「周りに気を遣ったり、自分の本音を隠しながらも毎日頑張って生きている『現実の大人たちのリアル』に徹底的にこだわって描く」

「仕事終わりのクラフトビールバー」という舞台設定も、ピタリはまっています。そう、「居酒屋」ではなく、「クラフトビール」というあたりが。都会の暮らしに静かに根を下ろしつつある「クラフトビール」。今や中央線の高円寺、阿佐ヶ谷、荻窪、西荻窪、吉祥寺各駅に一つずつ小さな醸造所がある程に。

 産地、素材、鮮度、季節感…作り手のこだわりが詰まっている「クラフトビール」は、少量多品種生産、インディペンデント精神の象徴のような存在です。それが、「自分は自分でいたい」「ありのままでいたい」「他人から見た自分よりも私らしい自分にこだわりたい」という登場人物像と絶妙に響き合っているのです。

 これまでドラマの登場人物の多くは、「都会で働く30代前半の女性」といった属性が決められて、こんなファッションやこんな考え方をするはず、と人物造形されていったのではないでしょうか。対してこのドラマは「他人がどう言おうと、私は実はこう感じる」ということを軸に回っていくあたりが新鮮です。

 ドラマは「社会を映す鏡」です。社会の底にマグマのように溜まっている「本音でいきたい」「ありのままの私でいたい」という、いわば一人称的な願望と、しかしそれをなかなか実現できないという葛藤を、『獣になれない私たち』というタイトルが浮き彫りにしているのかもしれません。今後の展開、ますます興味津々です。

関連記事(外部サイト)