米倉涼子、有森也実、裕木奈江… 妖しくも艶やかな「悪女」役の名場面

米倉涼子、有森也実、裕木奈江… 妖しくも艶やかな「悪女」役の名場面

「悪女」たちの名演を振り返る(写真は小川眞由美/共同通信社)

 綺麗な花には棘がある……妖しい光を放つその演技で見る者を怯えさせ、虜にしてきた「悪女」たち。名作の現場で生まれ今も語り継がれる数々の伝説を振り返ろう。

誘惑する姿に思わず…

 2022年放送のNHK大河ドラマ『鎌倉殿の13人』では、将軍・源実朝を殺害して鎌倉幕府の実権を握ろうとした「牧の方(初代執権・北条時政の継室)」役を宮沢りえが演じる。意外なキャスティングが話題だが、大河では歴史上の悪女をさまざまな実力派女優が演じてきた。

 1994年放送の『花の乱』では、室町幕府8代将軍・足利義政の妻で、実質的に幕府を支配した日野富子を三田佳子が演じた。発表会見で三田は「いままでは好感度のあるヒロインばかりでしたが、今回はアクの強い女性。やりがいがある」と語った。

 コラムニストで時代劇研究家のペリー荻野氏は、こう評する。

「日野富子は金にも男にも執着する『稀代の悪女』。彼女の嫉妬深さが原因で応仁の乱が始まったとまでいわれています。この作品では嫉妬深いというよりは、跡取り問題に翻弄されながらも自らの子を次期将軍に据えるため強気に振る舞う日野富子を三田さんが好演した」

『武田信玄』(1988年)で、中井貴一演じる信玄の正室・三条夫人(紺野美沙子)を守り抜こうと、凄絶なまでの執念を見せる侍女・八重を演じたのは小川眞由美だ。

 信玄の初恋相手を殺し、側室の子供を呪術師に呪い殺させようとする執念深さが話題となった。大河を見ていた幼児が泣き出したという逸話も残る。

「児玉清が演じる飯富虎昌を誘惑するシーンでは、丸い眉を額に描いた美白能面顔でじりじりと迫り、色気というより妖気が感じられた。大河史上ナンバーワンの悪女だと思います」(荻野氏)

政界の黒幕にねっとり迫る

 1982年から計7回にわたってドラマ化された松本清張原作の『黒革の手帖』は、勤め先の銀行から巨額の金を横領した女性銀行員が、そのカネで銀座にクラブを開き、愛と欲望の世界に呑まれていくサスペンスだ。初のドラマ化で主人公・原口元子を演じたのは山本陽子だった。

「元子が惹かれる安島富夫役を田村正和が演じた。元子は冷徹に情に流されないでいようとするのに、やっぱり男に惚れてしまう。でも、結局この男にも裏切られる。別れのシーンが言葉少なで、哀しみを目だけで演じきった」(荻野氏)

 これ以降、女優にとって元子役はいわば“悪女の登竜門”のような位置づけになる。

 山本陽子に負けない印象を残したのが、2004年にテレビ朝日開局45周年企画でドラマ化された際に主演を務めた米倉涼子だ。

 過去のインタビューで米倉は、〈これをやったことで、“米倉涼子”に向けられる目が変わった、とは思いました。“悪女”という場所に私の需要があったというのも、発見でしたね〉(『GINGER』2020年10月号)と答えている。

 身震いしたのは視聴者だけではない。「当時は共演者の俳優からも“カメラが回っている時の米倉さんが怖すぎる”といった声があがっていた」(テレビ朝日関係者)という。

『黒革の手帖』を含め、松本清張悪女三部作と呼ばれる『けものみち』『わるいやつら』でも米倉は主演を務め、〈彼女たちはどこか腹黒かったり、コンプレックスがあったりと、いわゆるヒロインっぽくないんです。そのひねくれっぷりが…うまく言葉では表現できないんですが、私にはしっくりくる〉(『日経エンタテインメント!』2014年7月号)と語っていた。

「悪女っていうのは『お金』『秘密』『美貌』『演技力』の4つがないとダメ。この4つを持たせて絵になる女優さんはなかなかいません。米倉さんはちょうど脂が乗ってきたタイミングで清張作品と出会い、その後の女優人生を決定づけたように思いますね」(荻野氏)

 まさに女優を選ぶのが松本清張作品で、美しいだけではなく、毒や芯の強さを表現できる女優が欠かせない。

 24歳という若さで『けものみち』(1982年、NHK)の主人公・成沢民子を演じたのは名取裕子だ。半身不随の夫を失火に見せかけて焼き殺し、政界の黒幕とされる老人の妾となり、愛欲にまみれていく女を演じた。毎回のように大胆なベッドシーンがあり、当時NHKの作品では異色の存在だった。

「名取さんが演じた民子は欲望むき出しの女で、二代目黄門様の西村晃さんが演じる政界の黒幕の大金持ちに接近していく。老人にじわじわと迫っていくいやらしさがジェームス三木先生の脚本と相まって、どこまでもドロドロとした印象を残します」(荻野氏)

女に嫌われる悪女

『スチュワーデス物語』(1983年、TBS系)の片平なぎさは、ヒロインの敵役として存在感を放った。風間杜夫演じる元婚約者の指導教官に「あなたのせいよ」と、手袋をはずして義手を見せつけるシーンは衝撃的だった。ヒロイン役の堀ちえみに嫌がらせを繰り返す役でもあったので、片平は〈街に出ると、子供たちに石を投げられたこともありましたね〉(『週刊現代』2018年11月17日号)と振り返っている。

「堀ちえみの可愛いキャラの対極として片平なぎさが出てきて、要所要所で口を使って手袋を脱ぐ。怖いけど、毎回『待ってました』って感じで視聴者は心待ちにしていました。視聴率が下がりそうになると片平さんが登場すると言われるほど、嫌われつつも人気が高かった」(荻野氏)

 あえて女性視聴者の反感を買うことで、存在感を示した女優もいる。

『東京ラブストーリー』(1991年、フジテレビ系)で、奔放で純粋な赤名リカ(鈴木保奈美)から永尾完治(織田裕二)を奪う関口さとみを演じた有森也実だ。あまりに真に迫る“嫌な女”ぶりで、視聴者からカミソリ入りのファンレターまで届いたという。本人はインタビューで、〈当時は友達から“也実の顔がこんなに憎たらしいとは思わなかった”と、わざわざ電話もありました〉(『週刊女性』2020年5月5日号)と答えている。

「カンチが恋人のリカのところに行こうとしていたら、おでんを持った有森さんが突然現われる。リカのところに行けなくするんです。このシーンに全国の女子が怒り狂った。『熱々のおでん持ってくんじゃねーよっ、その場で食わなきゃなんねぇだろっ』って(笑)」(荻野氏)

『ポケベルが鳴らなくて』(1993年、日本テレビ系)で、友人の父と不倫関係になる主人公・保坂育未を演じたのは裕木奈江だ。雨でずぶぬれになりながら妻子ある男を2時間待ち、清純そうな潤んだ瞳で「キスして……、風邪うつすから」なんて言われたら、中年男性は撃沈だが、女性視聴者からは“女の敵”として激しく反感を買った。

「上目遣いで見上げるあの仕草に男はヤられるんだけど、それをテレビで見ている女子は思わず歯ぎしりしてしまう(笑)。『この子ってホントにこういうことするんじゃないの』って気分にさせられる。つまり、演技力のある女優さんってことです」(荻野氏)

 逆に、強烈な美しさに対し女性からの支持が強いとされるのが菜々緒だ。

「女性ファッション誌編集部での“女の戦い”を描いた『ファースト・クラス』(2014年、フジテレビ系)での腹黒コネ入社社員役など強い女を演じることが多く、そのイメージが定着して、もはや安心して見られるレベルではないでしょうか」(荻野氏)

 作品との出会いで女優は変わる。妖しくも艶めかしい「悪女」に、次に転生するのはどの女優か。

※週刊ポスト2021年4月30日号

関連記事(外部サイト)

×