映画の脚本となって結実した作家・辻村深月氏のドラえもん愛

新作『映画ドラえもん のび太の月面探査記』の制作発表会見 辻村深月氏が脚本担当

記事まとめ

  • 新作『映画ドラえもん のび太の月面探査記』の制作発表会見が東京都内で行われた
  • ドラえもんの大ファンとして知られる作家の辻村深月氏が脚本を担当している
  • ドラえもん役の声優・水田わさびは、「震えが止まらない感じ」と本作の魅力を伝えた

映画の脚本となって結実した作家・辻村深月氏のドラえもん愛

映画の脚本となって結実した作家・辻村深月氏のドラえもん愛

映画初脚本の作家・辻村深月氏(ドラえもん右)

 日本の春の風物詩といってもよいドラえもんの劇場映画公開。その新作『映画ドラえもん のび太の月面探査記』(2019年3月1日、全国東宝系公開)の制作発表会見が東京都内で行われた。シリーズ39作目となる本作品は、ドラえもんの大ファンとして知られる作家の辻村深月氏が脚本を担当する。

 シナリオを受け取る直前まで、辻村氏の本屋大賞受賞作『かがみの孤城』を読んでいたドラえもん役の声優・水田わさびは、「本当に、マジやばいですよ! 震えが止まらない感じ」と興奮気味に、ドラえもんたちが月を舞台に大冒険を繰り広げる本作の魅力を伝えた。そして辻村氏からは、ドラえもん映画との関わり、小説化への迷いなどが明かされた。

 ドラえもん愛が深いと誰もが認める辻村氏だが、5年ほど前、映画ドラえもんの脚本を依頼されたときには「一生、ファンでいたいから、中で作る人になるのはおこがましい」と辞退していた。その後、故・藤子・F・不二雄氏とともに仕事をした人たちや家族、様々な形でドラえもんを世に送り出してきた人たちと接する機会を得るうちに、徐々にドラえもんとの関わり方について、考え方が変わっていった。そして、シリーズ39作品目の脚本を引き受けると決断した。

「当たり前のように観てきた映画ドラえもんを、情熱を持って一年、一年と次の年へつなげ、さらに次世代へとつなげるお手伝いが出来るなら、こんなに嬉しいことはないです。私にとっての聖書の続きを書くようなものだという思いでした。藤子先生が描いたお話の、原作の続きを自分たちが作っていると感じるところがあり、背筋が伸びる思いもしましたし、すごく、やりがいがありました」(辻村氏)

 1980年に発表されたドラえもんの漫画短編「異説クラブメンバーズバッジ」をひとつのヒントにして、辻村氏は映画の脚本を書き上げた。さらに、その作品を自ら『小説 映画ドラえもん のび太の月面探査記』(2019年2月7日ごろ発売)という書き下ろし小説にも変身させた。ただ、ドラえもんの小説、というものに関わることには、少し戸惑いもあったという。

「ドラえもんは、圧倒的に、漫画で読むと面白い、アニメで見て楽しいという世界です。自分が小説で書くのはどうなんだろうと迷いながら始めましたが、書いてみると、野比家と一緒にいるような気持ちで、ドラえもんたちを見ていたと気づくことが出来ました」

 とはいえ、自分の小説とは勝手が違う部分もかなりあったため、描写に苦労したところもある。とくに、映画ドラえもんにはつきものの、戦いや動きの多い場面には苦労した。

「私の小説にはアクションがあまりないので、どうしたらいいんだろうと思っていました。そのときは、毎週、うちの子供たちが楽しみにしているドラえもんを一緒に見て、声優さんたちの声の伸びやかさや動きを見て、イメージを助けてもらいました」

 映画の脚本でも小説でも、辻村氏は、故・藤子・F・不二雄氏が大切にした、子供が面白いと思うものだからこそ、科学的な裏付けには手を抜かないという側面も丁寧になぞった。

「私が藤子先生の作品をみたときに、やっぱりハードSFの側面が大好きなんですね。実際に、月や地底に行ったらどうなるのか、という科学的な事実をおろそかにしない。今回の作品では、そういった面も気を配りました。もちろん、月にはかわいい生き物がいて、ひみつ道具で何でもできる素敵な世界観のなかにドラえもんたちはいます」

 きっかけは何でもいい、映画ドラえもんをきっかけに、子供たちには「月の向こうに誰かがいるんじゃないかと、そんなふうに月を身近に感じてもらえたら嬉しい」と辻村氏は言う。来年、シリーズ39作目として登場するドラえもんは、これまでのドラえもんと同じように、大人でも、子供でも、楽しく面白い話の続きになっているのは間違いなさそうだ。

●写真/藤子プロ・小学館・テレビ朝日・シンエイ・ADK 2019

関連記事(外部サイト)