変わる声優業 養成所には「YouTuber声優プロコース」「国際声優」も

変わる声優業 養成所には「YouTuber声優プロコース」「国際声優」も

現代の声優は“声の仕事”にとどまらない(イメージ)

 いまや人気声優は、非アニメ系のメディアからも求められる存在だ。『鬼滅の刃』ブームの中で、主人公・炭治郎役を演じる花江夏樹をはじめとしたキャストたちは、『しゃべくり007』(日本テレビ系)、『さんまのまんま』(フジテレビ系)といった名だたるバラエティ番組に続々と出演を果たした。

 また、新ドラマにおいては、『桜の塔』(テレビ朝日系)に『ドラえもん』スネ夫役などで知られる関智一、『リコカツ』(TBS系)に『美少女戦士セーラームーン』の月野うさぎ役などで知られる三石琴乃がレギュラー出演中だ。

 声優がバラエティやドラマに出演するとなると、SNS上で話題になる。その反響を狙った起用だろうが、とはいえ、1クールのうち2本のドラマに声優がレギュラー出演しているというのは、何か新たな時代の訪れを感じさせる。

 もちろん、顔出しが求められるのは、バラエティやドラマからもオファーのある一部のトップ声優に限った話ではない。国内外でアニメイベントが開催されており、声優たちのトークショーがその目玉となっている。

 また、『ラブライブ!』シリーズに代表されるように、ライブイベントを重視したアニメプロジェクトは無数に存在する。ライブを主軸に置いているぶん、出演声優には演技力に加えて、歌やダンスのスキル、時にはビジュアルの良さも要求される。そんな現状を鑑みると、大御所ならともかく、若手声優が顔出しNGを貫くことは、数多のチャンスを失いかねないリスキーな選択かもしれない。

 メディア等での顔出しが当たり前になったぶん、現代では、声優はタレントやアイドルに近い職業になったとも言えるが、従来、舞台での活動を行なう声優は多く、歌やダンスのレッスンを実施している声優養成所は少なくない。

『ドラゴンボールZ』ベジータ役や『名探偵コナン』服部平次役などで有名な声優・堀川りょうが学院長を務めるインターナショナル・メディア学院は、歌やダンスのほかにも、英語版コンテンツへの出演を目指す「国際声優プロコース」など多彩なカリキュラムが設けられている。なかでも特に目を引くのが「YouTuber声優プロコース」だ。

 インターナショナル・メディア学院では、情報発信、セルフプロデュースのツール、新規ファン獲得のため、今後の声優に必要なスキルだと考え、5年以上前からYouTuber声優の育成を行なっているという。

 現在、声優たちの間にもYouTubeの波が来ており、花江夏樹の公式YouTubeチャンネルは登録者数198万人を誇っている。また、バーチャルYouTuberの「中の人」を務める声優も大勢いる。有名Youtuberたちを招いて動画制作・動画アップロードについて実践的に学ぶ「YouTuber声優プロコース」は、そういった業界の現状を踏まえてのものなのだ。

 また、養成所の教育方針については、以下のように説明している。

「声優の仕事は、時代とともに多様なジャンル・媒体に広がっています。だからこそ演技力と人間力の基礎が大事です。今後も徹底した基礎訓練を行い、 各々の能力を伸ばし、 一人でも多くのプロを輩出できるよう教育をして参ります」

 声優に限らず、時代と共に職業の在り方は変化する。現代の声優の卵たちには、昔とはまた異なる分野への挑戦が宿命づけられているようだ。

◆取材・文/原田イチボ(HEW)

関連記事(外部サイト)

×