前作超えた『ドラゴン桜』、作品ごとに魅力増す阿部寛の“希少性”

前作超えた『ドラゴン桜』、作品ごとに魅力増す阿部寛の“希少性”

多くのヒット作を生み出している阿部寛

 臨床心理士・経営心理コンサルタントの岡村美奈さんが、気になったニュースや著名人をピックアップ。心理士の視点から、今起きている出来事の背景や人々の心理状態を分析する。今回は、4月からスタートしたドラマ『ドラゴン桜』(TBS系)で主演を務めている阿部寛について。

 * * *
 初回視聴率14.8%と、今クールの春ドラマの中で一番の視聴率となったのは、16年ぶりの続編となった阿部寛主演の『ドラゴン桜』だ。放送前から話題となっていたが面白さは格別。予想以上に見応え十分だったのは、今回のドラマの作りや役柄が、今現在の阿部さんのイメージとぴったり合っていたからだと思う。

『ドラゴン桜』の前作は2005年に放送された。阿部さん演じる弁護士・桜木健二が「バカとブスこそ東大へ行け!」というセリフを吐きながら、偏差値の低い高校の落ちこぼれ学生たちを東大に合格させるというストーリーは、色々な意味で衝撃的だった。今回の続編放送に合わせて深夜に放映されていた前作を、それこそ16年ぶりに見てみた。

 前作はコメディ要素たっぷりの学園ドラマだが、今回は学園を舞台にしたシリアスな社会派ドラマといった印象だ。TBS日曜劇場の『半沢直樹』や、阿部さん主演の『下町ロケット』などヒット作の演出を手掛けた福澤克雄氏が参画しているだけあって、作風にも演出家の個性が出ているという声もある。

 偏差値の低い高校に通う学生たちを東大に合格させるというベースは変わらないが、学園の経営を巡る理事長と前理事長の権力争いや、桜木の指導を受けながらも東大受験に失敗し自殺未遂をした元生徒らが仕掛ける復讐、そしてこの事件により仕事を辞めホームレス一歩手前まで身を落とした桜木の復活とが絡み合い、『半沢直樹』や『下町ロケット』を合わせたような雰囲気もある。学生が抱える背景を前面に見せ、受験を通して一発逆転を狙う下剋上を描いていた前作とはまるで違う。

 阿部さんは前作同様、落ちこぼれの受験生たちに辛辣な言葉を浴びせながらも、親身になって引っ張っていく、温かく包容力のある役を演じている。だが、シリアスな社会派&学園ドラマである続編では、今の阿部寛だからこその演技が光っている。

 前作より格段に表情が細かくセリフ回しが多彩になり、演技の幅や奥行きが広く深くなっているのだ。それゆえ阿部さん演じる桜木は、器用なのか不器用なのか、真面目なのかシニカルなのか、誠実なのか斜に構えているのか、冷めているのか情熱的なのか、そうしたどちらの顔も感じさせる、内に秘めた複雑な魅力を醸し出している。そんな役柄を通して、爽やかでいて凄みと渋みがある重厚感や、硬質ながらも柔らかさも持ち合わせた存在感を、今の阿部さんに感じるのだ。

『はいからさんが通る』で映画デビューした当時は、189cmの長身と彫の深い二枚目でモデル出身、イケメンで背が高いだけという「希少性バイアス」うぃ感じさせる個人的には面白みのない俳優という印象だった。希少性バイアスは、手に入りにくい、数が少ないものほど、その中身や内容にかかわらず価値がある、魅力があると思う傾向である。

 その後、舞台やVシネマで経験を積んだというが、追っかけてまで興味を持って見るような俳優ではなかった。だが、仲間由紀恵主演のドラマ『TRICK』(テレビ朝日系)に前作の『ドラゴン桜』、『結婚できない男』(関西テレビ)と、ドラマに出演するごとに魅力が増していった。大ヒットした映画『テルマエロマエ』は、役柄とルックスがぴたりとはまり、阿部寛でなければならないほど見事な味を出していた。

 その後の活躍は言うに及ばずだろう。甘いマスクと背の高さはもはやバイアスではなく、彼の演技と演じる役柄に相乗効果を与える武器となり、阿部寛という俳優の希少性を生み出している。

 今回の『ドラゴン桜』では、阿部さん演じる桜木にどんな展開が待っているのか。きっとさらに魅力的な阿部寛に出会えるような気がする。

関連記事(外部サイト)

×