向井理と国仲涼子夫妻 束の間の休日に公園で見せた「父と母の顔」

向井理と国仲涼子夫妻 束の間の休日に公園で見せた「父と母の顔」

家族での和やかなお出掛け

 4月20日に放送がスタートしたドラマ『着飾る恋には理由があって』(TBS系)に出演中の向井理(39)と妻で女優の国仲涼子(41)が、東京都内の公園で子供たちと一家団欒する姿が目撃された。

 向井が出演する『着飾る恋〜』は、インテリアメーカーの広報で、インスタグラムのフォロワー数約10万人を誇るインフルエンサーとしての顔も持つ26歳のOL・真柴くるみ(川口春奈・26)がひょんなことから年齢や価値観もバラバラの5人とルームシェアをすることになり、背伸びをしていた生活を見直し“自分らしさ”を見つけていく──というストーリー。

 ここで向井が演じるのは、川口が勤めるインテリアメーカーの社長で、彼女からひそかに思いを寄せられる役どころだ。

「飄々としているが、サラリと仕事ができ、川口の仕事ぶりも優しく見つめる社長を演じています。現実にこのような完璧な社長が存在するのかと思えるような役どころですが、向井さんが演じるとリアリティを持つところに彼の演技の魅力があります」(キー局ドラマ関係者)

 向井といえば、2010年放送のNHK連続テレビ小説『ゲゲゲの女房』でヒロインの夫役で出演して大ブレーク。その後もドラマ『S -最後の警官-』(2014年、TBS系)や、『神の舌を持つ男』(2016年、TBS系)などで主演してきたが、最近では脇役としても光る演技を見せている。

 その演技への向き合い方の変化には、妻の国仲との結婚が影響しているという。

「向井さんは2014年に国仲さんと結婚し、現在では2児の父。仕事と家庭のバランスを取るため、拘束時間が非常に長くなってしまう主演作よりも、脇役としても存在感を示すことができる仕事を中心に考えているようです。コロナ前も仕事が終わってから飲みに行くことは少なく、撮影が終わるとほぼ毎日直帰して家族との時間を大切にしていたようです」(前出・ドラマ関係者)

 実際、過去のインタビューでは「嘘や隠し事はしないほうですね。僕、家に帰ったら、家族にその日にあったことを全部話すんですよ。今はドラマの現場と家の往復の毎日ですし、健全な生き方をしようと思ってます」(『週刊女性』2020年2月18日号)と語り、家族思いの一面を見せている。

 一方の国仲は、かつてNHK連続テレビ小説『ちゅらさん』で主演を務め、その後映画やドラマに引っ張りだこだったが、結婚後は仕事をセーブ。2015年に第1子を出産した際には、「今までの生活に母という大仕事が加わり、また新しい気持ちで頑張ります」と語っていた。

 そんなおしどり夫婦の向井と国仲。冒頭の公園でのひと時では、その高身長や溢れ出るオーラから向井の存在に気づく人もいたが、それを気にする様子はなく、夫婦で談笑したり、向井が子供をブランコに乗せて背中を押してあげたりするなど、終始仲睦まじい様子だった。

 向井にとっては撮影の合間の家族との団欒が、演技へのモチベーションに繋がっているのかもしれない。

関連記事(外部サイト)

×