7000人の応募があった明治40年のミスコン、ベスト3を発表

7000人の応募があった明治40年のミスコン、ベスト3を発表

3等に選ばれた土屋ノブ子(写真/国会図書館)

 いまや当たり前のものとなっている「ミスコンテスト」。その歴史をひもとくと、日本での“起源”は明治時代に遡る。

 明治24(1891)年7月、東京・浅草の「凌雲閣」が主催となって、観光の目玉として有名芸者100人による日本初のミスコンテストを開催。これが近代のミスコンテストの嚆矢であった。

 選考方法は、凌雲閣内に有名芸者100人の写真を貼り出し、見学者が投票によって順位を決めるというもの。その総投票数は約4万8000票だった。

「それでも当時は、良家の子女が人前に出たり、世間の話題となることは“はしたない”とされていた。だから美人と称されていた女性の多くは、芸者のような人前に出る職業に就いていた」(村田孝子氏・ポーラ文化研究所シニア研究員)

 明治30年代以降に『少女画報』など多くの女学生向けの雑誌が発行され、今でいう「読者モデル」のような美しい女性の写真が掲載された。そこで明治40(1907)年、時事新報社が全国的に女学生、令嬢を対象にした美人コンテストを開催した。この公募には全国から7000人もの応募があったという。

 一般人といっても応募したほとんどが裕福な家庭の子女であった。3等に選ばれた土屋ノブ子は受賞をきっかけに広告モデルにも起用された。

「土屋ノブ子の起用は、一般女性が社会へ飛び出す契機となりました」(村田氏)

 美人の象徴は、芸者から令嬢へと移行していった。

 その時の美人令嬢コンテストで大きな人気を集めた“ベスト3”を紹介しよう。

●3等・土屋ノブ子
 当時19歳。栃木県宇都宮市在住。受賞後には、従来芸妓らが務めていたレート化粧料の広告モデルとして活躍した。

●2等・金田ケン子
 当時19歳。宮城県仙台市在住。受賞後には200通もの結婚申し込みがあり、海軍士官と婚約した。

●1等・末弘ヒロ子
 当時16歳。福岡県小倉市長・末弘直方の4女。義兄が無断で応募し、審査員全員の絶賛を得て1等となったが、これが原因で学習院女学部の退学を余儀なくされる(当時の院長は乃木希典)。またヒロ子は後の世界大会でも6位入賞を果たした。

※週刊ポスト2018年11月16日号

関連記事(外部サイト)