今年は井上真央が受賞、横顔美人の基準「E-ライン」とは何か

今年は井上真央が受賞、横顔美人の基準「E-ライン」とは何か

22回目のE-ライン大賞の井上真央(時事通信フォト)

 鼻の先端と顎の先端を結んだ線を「エステティックライン(E-ライン)」と呼ぶ。歯並びが大いに関係しており、このラインと口唇のバランスが良いと美しい横顔とされる。

 矯正歯科治療の効果を一般に周知するために開催される『E-ライン・ビューティフル大賞』は毎回女性タレント1000人の中から“横顔美人”を選出するものだ。22回目の今年は女優の井上真央が受賞した。
 
 主催する日本成人矯正歯科学会会長の佐藤元彦氏が話す。

「日本人女性の場合、上下の口唇がE-ラインよりも少し内側に位置するのが美しいバランスで、井上さんはまさに適合しています。歯並びもよく、歯磨きなどでメンテナンスに気を使っているのがよくわかります」

 E-ラインは横顔美人の基準だが、顔全体の印象にも影響するという。

「E-ラインは美人の絶対条件ではありませんが、健康な歯並びでE-ラインが美しい人は顔の輪郭も整っている人が多いです」(佐藤氏)

※週刊ポスト2018年11月16日号

関連記事(外部サイト)