高嶋政宏が語る「SとMが織りなす奥深さ」と同志の見つけ方

高嶋政宏がエッセイで「SM好き」を公言 「同じ変態という安堵感」「ショウとはSM」

記事まとめ

  • 俳優・高嶋政宏が、10月に発売されたエッセイ「変態紳士」で「SM好き」を公言し波紋
  • "マニアック"が覆ったきっかけを、お店を訪れた時の「同じ変態」という安堵感と話す
  • 「ショウとはSM」と語る高嶋、踏み出せない人には「まず店に行ってみる」と助言した

高嶋政宏が語る「SとMが織りなす奥深さ」と同志の見つけ方

高嶋政宏が語る「SとMが織りなす奥深さ」と同志の見つけ方

「変態紳士」高嶋政宏が熱く語る

〈SMとの出会いは運命だと思いました〉──10月に発売されたエッセイ『変態紳士』(ぶんか社刊)で、俳優・高嶋政宏(53)が「SM好き」を公言して波紋を呼んでいる。高嶋に「SMの極意」を聞いた。

──高嶋さんもかつては「SM=マニアックな嗜好」というイメージがあったそうです。なぜ覆ったのですか。

「そんな大それた感じはありません。最初にお店にひとりで訪れた瞬間の、『あ?ここにいる人達は自分も含め同じ変態なんだ』という安堵感。そして、初めてショウを観た時の、『これだ!!』感。すべての人たちに、妙な特別感は捨ててもらいたいですね」

──エッセイでは「Sはサービスのエス」と強調されていました。

「だって考えてみてください。簡単に言えば、Mがどうやったら気持ち良くなるかを考えてプレイするんですよ。サービス以外の何があるんですか」

──SMのパートナーや同志を見つけたい場合、どうするのがスマートでしょうか。

「本物の方々が集まるところに行くのが手っ取り早いですが、それはちょっとという方には、とにかく飲み会でも何でも下ネタ言って、その時の引き具合と食いつき具合。にらまれたり怒り出す人がいなければ、軽くSMの話を織り交ぜて下ネタ。あとはリアクションを待ちます。

 ノリのいい人は『今度連れて行ってください!』になるし、一見引いたように見えても、あとからメッセージが個人的に来るかもしれない。本当に心の底からSMネタが嫌な場合は、2度とそういう話しないでください、と相手から言ってきますんで心置きなく喋りましょう。ただ最近、ハラスメント全盛なので訴えられるかは自己責任で」

──この世界に足を踏み入れて、人生はどのように豊かになりましたか。

「とにかく楽しい。ただただ酒飲んでるだけじゃまったく面白くない。僕にとってのショウとはSMです」

──興味はあるけど踏み出せないという人は、どうきっかけを作ればいいのでしょう。

「とにかく少しの勇気を持って、まずお店に行ってみることです。何も臆する事も緊張する事も恥ずかしがる事もありません。だって、そこにはあなたと同じ変態しかいないんですから」

※週刊ポスト2018年11月23日号

関連記事(外部サイト)