西城秀樹さんの妻「ようやくアルバムを眺められるように」

西城秀樹さんの妻「ようやくアルバムを眺められるように」

2005年、軽井沢で撮った家族写真

 今年5月に63才という若さで2018年5月16日に亡くなった西城秀樹さん。それから半年、妻の美紀さん(46才)は『蒼い空へ 夫・西城秀樹との18年』(小学館刊)を上梓、「秀樹さんの頑張ってきた日々の記録が、どなたかのお役に立てれば本当にうれしいです」と秀樹の知られざる秘話を明かしている。

 これまで明かされていなかったが、秀樹が最初に脳梗塞となったのは2001年の秋のことだった。そして、2003年6月には2度目の脳梗塞を経験している。

 2005年には第3子が誕生し、3人の子供の父親となった秀樹は、再発の不安を抱えながらも精力的に仕事をこなすようになった。コンサートはもちろん、2009年にはNHK連続テレビ小説『つばさ』や、『趣味の園芸 やさいの時間』(NHK Eテレ)にレギュラー出演。2011年3月にはミュージカルで初めての悪役にも挑戦した。

 脳梗塞の影響もあり、舞台は難しいと本人も感じていたが、悩んだ末にオファーを受けた。ものすごい集中力で台本を覚え、無事に長丁場の舞台を乗り切った。この頃の秀樹は病気前の姿に近いといえるぐらい回復していたという。

 しかし、その年の年末、再び脳梗塞が秀樹を襲った。歌手として最も忙しくなる年末年始の仕事をすべてキャンセルするほかなかった。翌年の1月末には仕事復帰していたが、病状は悪化していたという。

 寝ていても目が回るが、検査を受けても原因がわからない。秀樹と美紀さんが“クルクル病”と名づけたその症状は、ステージに立っているときだけ治まるが、日常生活では回り続ける。美紀さんの不安は強くなっていった。

《(秀樹の)体はじわじわと思うようにならないことが増えていました。言葉もうまく出なかったり、言ったことを忘れて何回も同じ事を聞いてしまったり…》(美紀さんの著書『蒼い空へ』より。以下《》内、同)

 秀樹が多系統萎縮症と診断されたのは、そうした予感を抱いた直後のことだった。脳が萎縮することで、自律神経障害が出るようになる病気だ。2015年、野口五郎をサプライズゲストに迎えた還暦ライブを成功させた裏で秀樹は満身創痍だった。

 しかし、誰もが秀樹の回復を信じていたし、何より本人は意欲的だった。長年秀樹のマネジャーとして連れ添った片方秀幸さんはこう話す。

「同年代のかたがテレビで活躍している姿を見るたび、“そろそろテレビの仕事を入れてくれよ”“(郷)ひろみが出てるじゃん。おれもテレビ出なきゃ”と意欲を見せていました。秀樹さんは病気のことよりも、いつも仕事の話か子供の話ばかり。楽しそうに前向きに話していた。今よりもっとよくなるし、絶対回復すると信じていました。だから今年は“本格的にリハビリをして回復の1年にしよう”と秀樹さんと話をしていたところでした」

 5月26日、蒼天の下、東京の青山葬儀所で秀樹の葬儀が営まれた。喪主の美紀さんと3人の子供に参列者は皆、かける言葉も見つからず、野口五郎と郷ひろみの弔辞は多くの人の涙を誘った。

 出棺を前に、美紀さんは葬儀場の外に集まった秀樹のファンにも挨拶をしようと心に決める。そして庭に出て、秀樹に最後のお別れをしに来た人々の波を目にする。その数、1万人以上。

 美紀さんはこのとき、夫・木本龍雄(本名)が、西城秀樹としてどれほど多くの人に愛されていたのかを、改めて知った。秀樹の亡骸は彼が「いちばん好きな曲」と明かす『ブルースカイ ブルー』が流れるなか、葬儀場を後にした。

 秀樹の死から半年。美紀さんが近況を教えてくれた。

「いちばんのパパっ子だった長女の莉子は友達の支えもあって、明るさを取り戻しています。長男の慎之介は秀樹さんが応援してくれたサッカーの道を邁進しています。次男の悠天は、なんと秀樹さんのお墓のデザインを考えているんです。私はというと…最近、ようやく昔のアルバムを眺められるようになりました。“パパが天国からいつも見守ってくれている”今、家族はそう思って日々を過ごしています」

 秀樹と旧知の浅田美代子(62才)は、美紀さんの今回の著書にこんな一文を寄せている。

《知らなかった。
次から次へと襲ってくる病魔と闘っていた日々を…
幸福とはどれだけ濃密にその時間を一緒に過ごせたかだと思う。
ヒデキは本当の幸福を感じながら旅立ったのでしょう。なんてステキな家族なんだろう。
美紀さん ヒデキに
幸福をありがとう。》

(文中、敬称略)

※女性セブン2018年11月29日・12月6日号

関連記事(外部サイト)