滝沢秀明が心境を告白「引退は一人で決断しました」

【滝沢秀明がプロデュース業に専念へ】「引退は一人で決断しました」と覚悟を語る

記事まとめ

  • 滝沢秀明は年内で表舞台から身を引き、プロデュース業に専念するという
  • 1月スタートの『連続ドラマW 孤高のメス』で人生初めてにして最後の医師役に挑む
  • 「引退は一人で決断しました。来年からは環境が変わります」と話している

滝沢秀明が心境を告白「引退は一人で決断しました」

滝沢秀明が心境を告白「引退は一人で決断しました」

引退の心境を語った滝沢秀明

 タッキーの愛称で親しまれ、ジャニーズJr.時代から脚光を浴び続けてきたプリンス・滝沢秀明(36才)が大きな決断をした。年内で表舞台から身を引き、プロデュース業に専念するという。その時をどんな思いで迎えようとしているのか。王子からのラストメッセージ──。

「ついにその時が来た…と思いました」。そうほほ笑むのは、2019年1月13日スタートの『連続ドラマW 孤高のメス』(毎週日曜22時、WOWOWプライム)で人生初めてにして最後の医師役に挑む滝沢。

「いつかは医療をテーマにした作品に携わるだろうなと思っていましたけど、まさかこのタイミングとは…(笑い)。舞台は自分で演出するけど、ドラマは監督に自分を預けて“料理してもらう”感覚なんです。ぼくが演じる当麻は、普段は感情をあまり表に出さないんですけど、母親とのシーンではそのポーカーフェイスが崩れるんです。そこは熊本弁で話すんですけど、初めてだったので難しかったですね。当麻には周囲に、この人についていきたい…と思わせるような、カッコよさがあって。信念を持っているところも、同じ男として憧れます」(滝沢・以下同)

 信念を貫く姿は、滝沢自身とも重なって見えるが、滝沢にも人生において大切にしてきたことがある。

「自分がやりたいことを持ちながら、その中で求められていることをしっかりとやる。自分のやりたいことだけやるのは、ただの自己満足になってしまうから」

 求められたことに応える姿勢は、雑誌の撮影でも同じだ。今回のコンセプトは、“ラストプリンス”。それを伝えると「この衣装を見たらわかりましたよ」とハニカミながらも、カメラの前で華麗に王子を演じてくれた。

 これまで、さまざまな作品に出演してきた滝沢だが、役者として転機となったのは初主演の舞台だという。

「舞台は自分の名前で集客をしなくてはいけない…というすごくリアルな世界。そこで現実を見たというか、これって仕事なんだ…ということを強く実感した気がします」

 ジャニーズ Jr. 時代から活躍してきた彼だが、プロデュース業に専念するために大きな覚悟を決めた。

「引退は一人で決断しました。来年からは環境が変わりますけど、頑張っていきます。でも今は、先のことを考えるのではなく、ファンのみなさんに対して、ぼくができることに集中したいと思っているんです。ドラマも、これが最後の作品だ…と思って撮っているのではなく、いつも通りの気持ちで演じているので。みなさんにも、フラットな気持ちで楽しんでもらいたいですね」

 どこまでもファン思い。仕事に対するストイックな姿勢を見ていると、長年“理想のアイドルとしてのタッキー”を演じてきたのでは…と思いきや、「ぼくにはそんなスイッチはないから、いつもこのまんまですよ(笑い)」とお茶目におどけた。

「日常の中で“演じる”のは、好きじゃないのかもしれない(笑い)。だって、演技は芝居ですればいいから」

 この言葉に、エンターテイナーとしての生きざまが詰まっていた。

 そんな滝沢に、今までの出演作に関するワードにかけた15の質問をぶつけた!

Q1. 怖い体験をしたことは?(『木曜の怪談』フジテレビ系、1995~1997年)

「まったくないですね。霊感もないし(笑い)。でも霊を信じるか、信じないかと聞かれたら信じます」

Q2. 最近のマイニュースは?(『ニュースの女』フジテレビ系、1998年)

「美顔器を買った! ドラマのメイクさんに勧められて初めて使ったら気持ちよくて、ついに買っちゃいました。“王子度”が増す? そうですね(笑い)」

Q3. 魔女に1つお願い事ができるなら?(『魔女の条件』TBS系、1999年)

「神様じゃなくて、魔女か~。お風呂の排水口の掃除をしてほしい! 苦手なんです…」

Q4.太陽と月、自分を例えるならどちら?(『太陽は沈まない』フジテレビ系、2000年)

「月」

Q5. ショートケーキのいちごは最初に食べる? 最後に食べる?(『ストロベリー・オンザ・ショートケーキ』TBS系、2001年)

「最後。好きなものはとっておく派です!」

Q6. 私物でいちばんのアンティークは?(『アンティーク~西洋骨董洋菓子店~』フジテレビ系、2001年)

「バスタオル。捨てられないんですよね。新しいタオルがあっても、古いのを使っちゃうんです」

Q7. 好きな季節は?(『太陽の季節』TBS系、2002年)

「夏かな。理由はラフな服装でいられるから」

Q8. 理想のマドンナ像は?(『僕だけのマドンナ』フジテレビ系、2003年)

「笑っている人。あまり落ち込んだりしないで、常に明るい太陽のような女性が理想です」

Q9. 歴史上の偉人に会えるなら?(『義経』NHK、2005年)

「ぜひ会ってみたいのは義経! 魅力的な人だと思うので」

Q10. 犬派? 猫派?(『里見八犬伝』TBS系、2006年)

「犬です。子供の頃、飼ってました」

Q11. パン派? ごはん派?(『真夜中のパン屋さん』NHK BSプレミアム、2013年)

「100%ごはん派です」

Q12. 江戸時代にタイムスリップしたら何をする?(『鼠、江戸を疾る』NHK、2014年)

「当時の歌舞伎を観たい」

Q13. ドロケイ。得意なのは逃げる方? 追う方?(『HAMU-公安警察の男-』フジテレビ系、2014年)

「逃げる方です。追うより逃げる方が好き」

Q14. 愛してやまないものは?(『せいせいするほど、愛してる』TBS系、2016年)

「生姜。おいしいですよね? 大好き! 太めのチューブを愛用していて、刺し身を食べる時に大量に入れます」

Q15. 今、旅に出るならどこに行く?(『家族の旅路 家族を殺された男と殺した男』フジテレビ系、2018年)

「南極。火山があるので、行ってみたいんですよ」

※女性セブン2019年1月1日号

関連記事(外部サイト)