嵐、活動休止のキーマンは二宮「辞める覚悟ある」の直談判

嵐、活動休止のキーマンは二宮「辞める覚悟ある」の直談判

2020年いっぱいでの活動休止を発表した嵐

 国民的アイドルグループ・嵐の突然の活動休止発表。彼らは円満な決断だったと主張するが、そこに至るまでの経緯には釈然としない部分も少なくない。実は昨年秋頃から、嵐の周辺は急激に騒がしくなり、本誌・女性セブンは“解散説”を掴んでいた。その中心にいた意外なメンバーの存在。何が彼らを駆り立てたのか──。

 異様なほど早い帰宅だった。1月27日夜8時、嵐の5人は揃って約1時間15分にわたり、大きな決断に至った経緯を丁寧に説明していた。その会見が終わるや移動車に乗り込むと、感慨にふける間もなく急ぎ足で自宅に引き揚げていったメンバーがいた。二宮和也(35才)だ。

 この会見では、活動休止はリーダーである大野智(38才)が提案し、そこから1年かけて5人で熟考を重ねた結果にたどり着いた結論であると明かされていた。

 確かに“種”をまいたのは、大野だったのかもしれない。しかし、その種に火をつけたのは二宮だった。昨年春、二宮はジャニーズ事務所幹部に詰め寄ったという。「自分は、嵐も事務所も辞める覚悟がある」と──。

◆相葉は活動休止に反対の立場だった

 会見によれば、活動休止に至るストーリーは、2017年6月16日、大阪ドームコンサート前日に大野が「自由な生活をしたい」と4人に相談するところから始まっている。

 このタイミングは、嵐がそれまでにない環境に置かれていた時期だった。立て続けに嵐のメンバーは熱愛報道に見舞われていたのだ。

 2016年6月、本誌が二宮の自宅に通うフリーアナウンサーの伊藤綾子(38才)の姿をキャッチし報じると、2016年末には松本潤(35才)と葵つかさ(28才)との交際が、2017年2月には櫻井翔(37才)とテレビ朝日の小川彩佳アナ(33才)の密会が報じられた。

 ごく短期間に、次々と明かされたメンバーの恋。それまでも恋愛スキャンダルが報じられたことはあったが、一連の報道のハレーションはこれまでにないものだった。

「どの彼女も激しい批判にさらされました。メンバーたちも30代半ばですから、結婚してもおかしくない年齢ですが、ファンのショックや反応はあまりに大きく、メンバーも怯む(ひるむ)ほどだったようです。大野さんも自身の苦い経験があるだけにハレーションを目の当たりにして考えるところがあったんでしょう」(芸能関係者)

 それより2年ほど前の2015年夏、大野は10才年下の元女優との親密交際が写真週刊誌で報じられた。その後のコンサートでは、大野に対し「裏切り者」などと書いたうちわを掲げるファンもいた。大野はステージから「これからもついてきて」と声をかけたが、バッシングはヒートアップしていった。

「大野さんの恋人とされた元女優はSNSで当時の自宅や飼い犬まで突き止められ、その姿が大野さんがコンサートグッズのために描いた犬にそっくりだと大炎上しました。2017年の春頃には、大野さんのこの苦い経験をメンバーの多くが味わうことになった。彼らの目に『このままでは自分と交際する人は幸せになれない』と映ったであろうこと、そして、自分たちの自由のなさを実感していたことは想像に難くありません」(前出・芸能関係者)

 大野は冒頭の会見で、「自由に生活がしたい」という気持ちは「3年ぐらい前からあった」と明かしたが、それはちょうど自身の“交際バッシング”の頃と重なる。

 プライベートが制限されるのはアイドルの宿命というのはわかっている。しかし、多くのファンに応援されるか、プライベートを優先させるか――いつかはその決断をしなくてはならない。少なくとも、相葉雅紀(36才)はそう考えていたという。

「相葉さんは最後まで、活動休止には反対の立場だったようです。自分たちは嵐であるからこそ多くの人に応援してもらえている。プライベートが大切とはいえ、今、この時期に嵐という立場を降りるのは早急だと考えていたのです。ただ、そんな話が上がる中、二宮さんは二宮さんなりに、覚悟を固めていったようです」(前出・芸能関係者)

 二宮と伊藤アナの交際が発覚したのは前述の通り2016年6月のことだった。

「伊藤アナのブログに二宮さんとの交際をうかがわせる写真や記述を見つけたファンがいたようです。それから“匂わせ女”と、SNSでの大バッシングが始まった」(ワイドショー関係者)

 伊藤アナは『news every.』(日本テレビ系)にレギュラー出演していたが、交際が発覚して約10か月後の2017年3月に、約10年間出演を続けていた同番組を卒業。その後、表立った活動をせずにきた。昨年3月には所属していた事務所を退社し、事実上の引退をした。

「炎上前、伊藤アナは結婚式の司会を頼む先輩も決めている、と嬉しそうに話していましたが、まったく交際のことを語らなくなりました。別れたという話も上がっていましたが、二宮さんは伊藤アナの両親に頭を下げ、“しっかり責任も取ります”と事情を説明したそうです。伊藤アナも仕事を控えて将来のために備えていました」(伊藤アナの知人)

 直後の昨年4月、今まで外でツーショットを見せることのなかった二宮と伊藤アナは揃って羽田空港に出かける様子を本誌は報じている。隠すそぶりもなく、堂々と二宮の車を運転する伊藤アナの姿からはふたりの意志が伝わるようだった。

「その頃です。二宮さんは事務所の幹部スタッフに“年内には結婚させてほしい”と直談判したそうです。でも2019年秋に20周年を迎えることを考えると、事務所としてはそんな形でファンを裏切るわけにはいかない。もう少し待てないかと慰留したようですが、二宮さんも頑なだった。

 伊藤さんは二宮さんの3才年上で、現在38才。出産を考えると、タイムリミットがあると考えたのかもしれません。二宮さんは“がまんの限界だ”と漏らしていました。迷惑をかけてしまうなら嵐を辞めるしかない、受け入れられなければ事務所の退所も覚悟しなければいけないと考えるようになっていたようです」(別の芸能関係者)

 メンバー5人が活動休止の意思を固めたのは昨年6月だと会見では明かされた。会見や動画を見た直後、ファンの怒りや悲しみの矛先は大野に向かった。

「大野くんが言い出したせいでこうなってしまったと思ったんでしょう。大野くんファンからは“彼のせいにしないで”という声も上がるほど厳しい意見もありました。もちろんきっかけは大野くんという側面がないわけではない。

 でも、大野くんがああいう形で責任をかぶったからこそ、ファンにリスペクトされるいい会見として収まった。相談を始めた時期に言及したのも、“二宮の彼女問題がきっかけではない”とあえて言いたかったからではないでしょうか。見事だったと思います。そのシナリオはみんなで細部にわたるまで話し合ったそうです」(芸能リポーター)

※女性セブン2019年2月14日号

関連記事(外部サイト)