がん手術の野口五郎、妻・三井ゆりと西城秀樹さんへの感謝

がん手術の野口五郎、妻・三井ゆりと西城秀樹さんへの感謝

2002年6月、長女が誕生。2年後には長男が生まれた

「ドラマスタッフや共演者は手術したことを全く知りませんでした。野口さんは、撮影現場では変わった様子や声が出にくいということもなく、11月のクランクインの時と同じように、小日向文世さん(65才)らと終活や介護の話をされていました。今回初めて病気のことを知り、“あんなにお元気なのに、本当にがんだったの?”という感じです」(ドラマ関係者)

 2月11日、東京・渋谷のBunkamuraオーチャードホールで行われたコンサート。アンコール直前に野口五郎(62才)は、こうファンに切り出した。

「実は、昨年末の健康診断で病気が見つかりました。初期だったので主治医の先生に手術してもらい、今は無事に治って元気になりました」

 野口が患ったのは、初期の食道がんだった。11月の健康診断でがんが見つかり、12月24日のクリスマスディナーショーで年内すべての仕事を終えた後、翌25日に内視鏡による切除手術を受け、数日後に退院した。

「もともと五郎さんはストイックで健康意識が高い人です。毎年、誕生月の2月前後に人間ドックを受けていましたが、今回はレギュラー出演するドラマの撮影があったため、いつもより早い11月に検査を受けました。おかげでがんを早期に発見して、腫瘍を切除できました」(野口の知人)

 野口は現在、20年ぶりの民放連続ドラマとなる『メゾン・ド・ポリス』(TBS系)に出演中だが、病気について誰にも告げなかった。

「マネジャーにも教えず、がんのことを知っていたのは家族だけでした。五郎さんは人間ドックの後、2人の子供を両脇に抱いて、“実はがんなんだ”と打ち明けたそうです。がん告知に大きなショックを受けた五郎さんは摘出手術を受けることが怖かったけど、あまりビクビクして不眠にでもなれば、声が出なくなって年末のディナーショーに影響する。それだけは避けたかった。苦しい状況でしたが、奥さんの三井ゆりさん(50才)と子供たちが“絶対に治るから大丈夫”と励まし続けたので、吹っ切ることができたそうです」(前出・野口の知人)

 ストイックな野口とは違い、妻の三井は楽観的な性格だといい、それが野口の支えとなったという。

「高校1年生の長女と中学2年生の長男はともに小学校から名門私立に通っていて非常にしっかりとしています。しかし、まだ子供ですから父の病気を知った時は動揺したそうです。三井さんは五郎さんだけでなく、子供たちにも“パパは絶対に大丈夫。だからあなたたちもパパを元気づけてあげて”と言い続けた。いつも前向きな彼女がいたからこそ、家族が一致団結できたんだと思います」(前出・野口の知人)

◆神様がいるとしたら、秀樹のこと

 家族とともに野口が感謝を捧げるのは、昨年5月に急性心不全で亡くなった親友、西城秀樹さん(享年63)だ。

「五郎さんが例年より早めに人間ドックを受診したのは、昨年、秀樹さんの死を目の当たりにして、より一層健康に対する意識が増したことも影響しています。内視鏡手術をする際、執刀医は“こんなに早い状態で見つかるなんて、野口さんには神様がついている”と言いましたが、五郎さんは“神様がいるとしたら、秀樹のことだよ”と思ったそうです」(芸能関係者)

 西城さんと野口、郷ひろみ(63才)の3人は「新御三家」として日本の音楽シーンをリードした。なかでも野口と西城さんは、2002年にそれぞれの第1子が2日違いで生まれたこともあり、家族ぐるみのつきあいをしていた。

 西城さんが脳梗塞を発症すると野口は闘病生活に寄り添い、亡くなった後は、何度も西城さんの自宅に足を運んで亡骸に語りかけた。

 昨年5月26日、東京・青山葬儀所で開かれた西城さんの告別式。野口は真っ赤に泣きはらした目で、何度も言葉を詰まらせながら、こんな弔辞を読んだ。

「ぼくもひろみも秀樹の代わりになれないけど、まだしばらくはお前の分もがんばって歌うからね」

 その「約束」を果たすべく、野口は食道がん手術に臨んだ。無事に手術が終わった後、西城さんの妻・美紀さんが野口を見舞ったという。

「その時、五郎さんは美紀さんに“いつもより早く人間ドックを受けたのは、秀樹が天国から『早く受けろ』と言ってくれたからです”と告げました。さらに、“秀樹が助けてくれたんだ。秀樹が『頼むよ、まだお前はがんばってくれ』と言ってくれている気がするんだ”と美紀さんに話したそうです」(前出・芸能関係者)

※女性セブン2019年3月7日号

関連記事(外部サイト)