カップヌードル「hungry?」CM 生みの親が明かす誕生秘話

カップヌードル「hungry?」CM 生みの親が明かす誕生秘話

「カップヌードル」のCMを手がけた中島信也氏(撮影/槇野翔太)

 巨大なマンモスと、歓声を上げながら追いかける原始人の集団が画面を行き来するだけの、それまでに観たことのないデジタル映像のCMが人々を驚かせたのは1992年のことだった。ストレートに「hungry?」と視聴者に問いかけ、ドーンと現われるのは日清食品のカップヌードル。CMは評判を呼んでシリーズ化され、マンモス以外の原始哺乳類も登場し、原始人の命を懸けた闘いが1995年までオンエアされた。今観てもユーモアを感じさせる映像と演出を担当した東北新社の中島信也氏は、制作当時をこう振り返る。

「1980年代のCMは、川崎徹さんのようなCM作家がアイデアからコピーや演出まで一人で行なっていましたが、1990年代に入ると協同で制作するようになりました。カップヌードルの場合はアートディレクターだった大貫卓也さんが、原始時代を舞台に、ハングリーという人類の大きなテーマを掲げるネタを考えられていたんです。すべて実写で撮りたいという希望だったそうですが、莫大な予算が必要となってしまう。そこで、他の人たちに先駆けてデジタル編集技術に取り組んでいた私が呼ばれ、大貫さんのイメージを実際の形にしていきました」

 現在だったらすべてCGで予算を掛けずに作れるが、当時は動物や原始人のコマ撮り、別撮りした背景素材などを最後に編集するという、時間と労力をかけた仕事だった。

「カップヌードルはすでに日本中の誰もが知っている商品で、CMでわざわざ商品内容を説明する必要はありませんでした。それよりも日清食品が独自の創造性を持つ企業であることを消費者に感じてもらうことがミッションだった。そのため映像でいかにインパクトを与えるかに注力しました。最初の試写で日清食品の担当者が『何だ、これは』と仰天されたそうです(笑い)。今でも覚えている方が多く、皆さんの心に残っているという意味では大成功だったんでしょうね」

 CMは日本人のみならず海外のクリエーターにも評価され、日本初のカンヌ国際広告映画祭グランプリを受賞する。

「人類の食欲という壮大なテーマを、アニメの『トムとジェリー』のような誰が見ても理解できる、万国共通のユーモアで描いたことが海外の人たちにも受け、受賞できたのだと思います」

 中島氏は、アーノルド・シュワルツェネッガーと宮沢りえが出演した武田薬品工業の「アリナミンV」、ホンダの「ステップワゴン」、サントリーの「DAKARA」の小便小僧シリーズや「燃焼系アミノ式」など、視聴者の目を釘付けにするCMを作ってきた。テレビしかなかったのが1990年代なら、「テレビ以外にもあるぞ」が2000年代、「テレビよりこっちじゃないか」となったのが2010年代だとも語る。

「テレビ番組が浅草寺なら、CMは仲見世みたいなものです。いろんな店があって、覗いて楽しいほうがいい。小さな子供はビールという大人の飲み物があるんだと知れるし、男の子は女性が化粧をすることを知ることができる。今はネット上に多様なコミュニティがあるけれど、他の世界に目を向けなくなっているような気がします。いろんな世界があるんだよねってことを共有するためにも、テレビにはパブリックメディアとしての役割があるんじゃないでしょうか」

 ちなみに「hungry?」と問う力強い声は、阪急ブレーブスを引退したアニマル・レスリーが担当。

●なかじま・しんや/1959年生まれ。CMディレクター、東北新社取締役、武蔵野美術大学視覚伝達デザイン学科・デザイン情報学科客員教授。武田薬品工業「アリナミンV」、サントリー「DAKARA」「燃焼系アミノ式」「伊右衛門」など、ビジュアルインパクトの強いCMを得意とする。

※週刊ポスト2019年3月8日号

関連記事(外部サイト)