なぜBLはここまで注目される? BL研究家ら専門家の見解

『おっさんずラブ』が大ブーム、BL人気は女性の「生きづらさ」抱える社会が背景か

記事まとめ

  • 『おっさんずラブ』は、BLに触れてこなかった人々も巻き込んで大きなブームになった
  • さらに『きのう何食べた?』が4月スタート、『窮鼠はチーズの夢を見る』も公開予定
  • BLへの注目集まるのは、日本で多くの女性が「生きづらさ」を抱えるという社会背景も

なぜBLはここまで注目される? BL研究家ら専門家の見解

なぜBLはここまで注目される? BL研究家ら専門家の見解

なぜBLに注目が集まるのか?研究者が見解を語る

 ドラマ『おっさんずラブ』(テレビ朝日系)は、これまでBLに触れてこなかった人々も巻き込んで大きなブームになった。さらに、『きのう何食べた?』(テレビ東京系、よしながふみ著・講談社)が4月にスタートを予定し、映画『窮鼠はチーズの夢を見る』(水城せとな著・小学館)が2020年に公開される予定だ。

 なぜ、こんなにもBLへの注目が集まっているのだろう?

 現実の恋愛がうまくいかなかったり、「女らしさ」に自信が持てない女性は、BLでは素直になれるという面もある。『BL進化論 ボーイズラブが社会を動かす』(太田出版)の著者で、BL研究家の溝口彰子さんが指摘する。

「BLの根底にあるのは、自分が女性であるという現実を脇に置いて、物語に逃避できることです。モテる女性キャラクターが出ると自分と違いすぎてつらいけれど、BLならば男同士だから“神の目線”でも楽しめます」

 一方で、今も根強い「性差」の影響もありそうだ。男女平等が進んだとされる現在も、女性は家事や育児などの役割を求められることが多い。だがBLでは、「性的な役割分担」が存在しない。

「男女のカップルだと、掃除、洗濯、料理などの家事は自然と女性が背負うことになりがちですが、男性同士だと、得意な方がやるというスタイルなんです。またBLの登場人物はカップル両方が外で働いていることが多く、共働きが当たり前となっている現代女性読者は共感しやすいという声もあります」(溝口さん)

 都内在住の50才主婦は、「男同士の対等な関係に憧れます」と語る。

「男同士が思い合う心の間には、女性と男性の間に多く存在するようなある種の上下関係がないような気がします。もちろん上司と部下という関係があっても、1つの目標に向かう意味では五分と五分で対等な感じ。たとえ恋愛でなくても、そうした男性同士の間に見られる互いへのリスペクトに惹かれるんです」

 日本では、まだ多くの女性が「生きづらさ」を抱えているという社会背景もある。

『恋と軍艦』(講談社)で同性愛を描いた漫画家の西炯子さんが指摘する。

「BLが日本で発達したのは、日本社会は女性であるだけで生きづらいからです。女性であるがゆえに思うように生きられない苦しみは、同性愛であるがゆえの苦しみと重なります。だから多くの読者は、BLの登場人物に自分自身の苦しみを見出して共感し、ハッピーエンドを望むのです」

 実際、世界経済フォーラムによる「男女平等ランキング2018」では、日本はG7のなかで圧倒的最下位の117位だった。

 明治大学で「ジェンダーと表象」を教える藤本由香里さんも、「日本の女性はさまざまなことに縛られている」と指摘する。

「よしながふみさんも指摘していますが、日本の女性には性別、年齢、容姿、社会的地位など多様な縛りがあり、抑圧されているポイントが一人ひとり違います。BLはそれを解きほぐしてくれるオーダーメードのツボ押し器。凝っているところが人によって違うから、ツボの違う千差万別の関係性が描かれるのです」

 多くの女性が生きづらさを抱えるなかで、BLは純粋な喜びも与える。和歌山県在住の51才主婦が笑顔で語る。

「私たちが若い頃は、好きな人に年賀状を出すだけでドキドキしましたが、高校生の私の娘世代は、スマホのクリックひとつで『あけおめ』と多くの人に伝えられて、便利になった半面、それでいいのかと疑問もあります。でもBLで描かれるのは、好きな人と一緒にいる時に知り合いとすれ違うだけで、つないでいた手をサッと離すような、胸がキュンとする恋。そんな人間らしいトキメキを知ってほしくて、娘にはあえてBLチックな作品を勧めています」

 さまざまな抑圧や制約があるからこそ、人は好きになった相手との関係を何よりも大切にするのかもしれない。西さんが話す。

「人との純粋な恋愛やかかわり、恋の成就や失恋について、今の少女漫画では照れくさくて描けませんが、BLなら描くことができます。男の子と女の子がただ出会って恋をするという、初期の少女漫画が目指していた美しい理想が、純粋な形で今も残るものこそがBLです。だから多くの女性は、BLに心を揺さぶられるのでしょう」

 好きな人をただ愛する。そしてそんなふたりは対等―まさに理想の愛の形ではないだろうか。

※女性セブン2019年3月7日号

関連記事(外部サイト)