2000年代をCMで振り返る「白戸家」誕生、「こども店長」など

2000年代をCMで振り返る「白戸家」誕生、「こども店長」など

京都の老舗茶舗の名を冠した

 メロディやキャッチコピーを耳にしただけで商品やサービスを思い出し、当時の記憶を甦らせるCM。名作CMを振り返ると、平成という時代の移り変わりも見えてくる。2000年代は、インターネットと携帯電話の普及によって、世の中が大きく変わっていった。

 2001年に「自民党をぶっ壊す!」と宣言した小泉内閣は、戦後内閣歴代1位の支持率を記録。「聖域なき構造改革」の結果、「格差社会」を加速させた。一方、暮らしを激変させたのはインターネットと携帯電話だ。2007年には携帯・PHSの契約数が1億人を突破した。2006年に誕生したソフトバンクモバイルが最初のCMキャラクターにキャメロン・ディアスとブラッド・ピットを起用したのは衝撃的だった。力士のCM進出も目立ち、ANAの「エコ割」には高見盛と白露山、日本コカ・コーラには朝青龍が「ファン太郎」として登場。大滝秀治の「つまらん」(キンチョール)も話題に。

 2000年代を彩った、印象的なCMを振り返ってみよう。

●2000年 日本コカ・コーラ/ジョージア明日があるさ「登場」篇

 サラリーマンに扮した浜田雅功を主役に、吉本興業のタレントが同僚として出演。昭和30年代のヒット曲『明日があるさ』の替え歌が、日本に活力を与えた。

●2004年 サントリー/伊右衛門「のれん」篇

 京都の老舗茶舗・福寿園創業者の名を冠したお茶。本木雅弘扮する茶作りにひたむきな夫と、宮沢りえ扮する妻の物語が、愛され続けるシリーズに。

●2005年 ライフ/ライフカード カードの切り方が人生だ「海外出張」篇

 オダギリジョー扮するサラリーマンが様々なシーンで選択を迫られ、「どうするの?」と手持ちのカードを見るが……。「つづきはwebへ。」と、ウェブで視聴できる仕掛けが話題を呼んだ。

●2007年 ソフトバンク/ホワイト家族24「予想外な家族」篇

 日本人の母娘、そして外国人の兄、父はまさかの犬という設定が視聴者を仰天させた。以降、白戸家のお父さんは大人気となり、その一挙手一投足、発言に注目が集まった。

●2008年 黄桜/黄桜「出会い」篇

 小林繁と江川卓が酒を酌み交わし、28年前の「空白の一日」を埋めた。両者の緊張した面持ちが、酒とともに少しずつ笑顔に変わっていく様に、多くの野球ファンが喜んだ。

●2009年 トヨタ自動車/オールトヨタ「登場」篇

 加藤清史郎扮するこども店長が、あどけなさを見せながらお客に対して子供らしい例えで接客、解説する。ほのぼのとしたオチが可愛らしく、心を鷲掴みされた視聴者も多い。

※週刊ポスト2019年3月8日号

関連記事(外部サイト)