平成30年間のCM女王の系譜、富田靖子から白石麻衣まで

元祖癒やし系の飯島直子、絶対女王の上戸彩ほか、平成30年間のCM女王を振り返る 

記事まとめ

  • 平成30年間のCM女王、90年代は日本コカ・コーラ「ジョージア」CM元祖癒し系・飯島直子
  • 2000年代中盤以降は上戸彩が絶対女王、広瀬すずは次期CM女王として期待を集めている
  • 他、富田靖子、宮沢りえ、小泉今日子、大島優子、ローラ、吉田羊、白石麻衣などが活躍

平成30年間のCM女王の系譜、富田靖子から白石麻衣まで

平成30年間のCM女王の系譜、富田靖子から白石麻衣まで

90年、91年と1位の宮沢りえ

 過去30年間のCM女王の変遷を辿ると、平成初頭は群雄割拠の時代だった。毎年のように上位陣が入れ替わる中、1990年代後半に覇権を握ったのが飯島直子。1994年から出演した日本コカ・コーラ「ジョージア」のCMで人気が沸騰し、1997年に初の女王に輝くと、1999年から3連覇。「元祖癒し系」として、お茶の間から絶大な支持を集めた。

 2000年代中盤以降は、上戸彩が「絶対女王」に君臨。19歳だった2004年以降、2005、2006、2009、2010、2015年と女性最多の6回もの年間トップに輝いた。10代から20代、さらに結婚・出産を経た30代に至っても戴冠するのはきわめて異例。スキャンダルと無縁の清純派として高い好感度を保ち続けたことで、見事に「平成のCM女王」の座を射止めた。

 次期CM女王として期待を集めているのが広瀬すずだ。2015年から4年連続の2位。シルバーコレクターに甘んじているのは否めないが、常に上位にランクインする安定感は素晴らしい。新元号となる2019年こそ、悲願の年間1位を奪取できるだろうか。

◆平成のCM女王一覧
(左から年代・タレント・出演社数・主な出演CM)

【1989年=平成元年】富田靖子:9社、JR四国、雪印乳業「ナチュレ」

【1990年】宮沢りえ:9社、大塚製薬「ポカリスエット」、富士通 「FM TOWNS」

【1991年】
小泉今日子:8社、JR東日本、資生堂「スーパーマイルドシャンプー」、三菱電機「霧ヶ峰」
牧瀬里穂:8社、江崎グリコ「ポッキー」「パナップ」、角川文庫
宮沢りえ:8社、パイオニア「セルフィー」、カルビー「ポテトチップス」

【1992年】観月ありさ:9社、富士写真フイルム、森永製菓、キリンビバレッジ 「Chasse」

【1993年】牧瀬里穂:8社、郵便貯金、キリンビール、味の素、本田技研工業「トゥデイ」

【1994年】鈴木杏樹:13社、マツダ「ファミリア」、ファミリーマート、日清製粉、大森屋(海苔)

【1995年】鈴木杏樹:11社、全日空、資生堂、キリンビール「一番搾り」

【1996年】鈴木蘭々:12社、チョーヤ梅酒「ウメッシュ」、スズキ「レッツ」

【1997年】飯島直子:12社、三菱自動車 「シャリオグランディス」、日本コカ・コーラ「ジョージア」

【1998年】吉川ひなの:11社、資生堂「マシェリ」、江崎グリコ「ポッキー」、三菱自動車「パジェロミニ」

【1999年】飯島直子:11社、三菱自動車 「シャリオグランディス」、ユニ・チャーム 「ソフィ」

【2000年】飯島直子:12社、Right-on、セイコー・エプソン、大正製薬「コーラック・ソフト」

【2001年】
飯島直子:12社、キリンビール、野村証券、LIXIL、引越社
藤原紀香:12社、JAL、J-PHONE、ワコール、宝酒造「タカラcanチューハイ」

【2002年】菊川怜:16社、AOKI、KDDI、カネボウ「REVUW」、エースコック「スーパーカップ」

【2003年】菊川怜:18社、スズキ、宝酒造「CANチューハイ」、ミズノ「スーパースター」

【2004年】上戸彩:14社、AOKI、ロッテ「爽」「パイの実」、小学館「週刊少年サンデー」

【2005年】
上戸彩:10社、大塚製薬「オロナミンC」、Yahoo! BB、キッコーマン、AOKI
仲間由紀恵:10社、KDDI、日清食品「チキンラーメン」、JA共済連、ローソン
松浦亜弥:10社、日清食品「焼そばU.F.O.」、キリンビバレッジ「午後の紅茶」
山田優:10社、カネボウ化粧品「テスティモ」、日清食品「Spa王」

【2006年】
伊東美咲:9社、資生堂「MAQuillAGE 」、チョーヤ梅酒「さらりとした梅酒」
上戸彩:9社、大塚製薬「オロナミンC」、JTB、アパマンショップ
仲間由紀恵:9社、KDDI、日清食品「チキンラーメン」、JA共済連、ローソン
篠原涼子:9社、資生堂「MAQuillAGE 」、ダイハツ工業「ダイハツ・クー」

【2007年】篠原涼子:11社、ローソン、JTB、森永製菓「DARS」

【2008年】ベッキー:14社、大塚製薬「ファイブミニ」、ブルボン「プチシリーズ」

【2009年】上戸彩:12社、ソフトバンク、日本通運、キッコーマン、ロッテ「アーモンドチョコレート」

【2010年】上戸彩:13社、ソフトバンク、損保保険ジャパン、ディップ、ロッテ「アーモンドチョコレート」

【2011年】大島優子:19社、エスエス製薬「ハイチオールB」、ピーチ・ジョン「ハートブラ」

【2012年】
板野友美:20社、イトーヨーカ堂、サマンサタバサ、イー・モバイル
篠田麻里子:20社、日清食品「カップヌードルライト」、ロート製薬「雪ごこち」

【2013年】武井咲:17社、ロッテ「ガーナミルクチョコレート」、日本赤十字社、政府広報

【2014年】ローラ:14社、サントリー「ジムビーム」、ジーユー、ユニ・チャーム

【2015年】上戸彩:13社、ソフトバンク、森永製菓「チョコモナカジャンボ」、政府広報「マイナンバー」

【2016年】吉田羊:13社、大塚製薬「ポカリスエット」、エスビー食品「プレミアムゴールデンカレー」

【2017年】ローラ:15社、楽天「楽天モバイル」、サントリー「ジムビーム」、ユニクロ、TBC

【2018年】白石麻衣:18社、資生堂「MAQuillAGE」、キリン「氷結」、カゴメ「ラブレ」

画像■時事通信フォト

※週刊ポスト2019年3月8日号

関連記事(外部サイト)