映画ドラえもん 声優・広瀬アリスと脚本・辻村深月が意気投合

広瀬アリスと辻村深月氏が、好きな作品談話で意気投合

記事まとめ

  • 『映画ドラえもん のび太の月面探査記』でエスパルのルナ役を演じた広瀬アリス
  • 脚本担当の直木賞作家・辻村深月氏が、広瀬と同作の魅力について語った
  • 広瀬は以前から辻村氏の『オーダーメイド殺人クラブ』(集英社文庫)が大好きだったとか

映画ドラえもん 声優・広瀬アリスと脚本・辻村深月が意気投合

映画ドラえもん 声優・広瀬アリスと脚本・辻村深月が意気投合

広瀬アリスと辻村深月氏が“ドラ対談”

 3月1日公開の『映画ドラえもん のび太の月面探査記』で脚本を執筆したのは、直木賞作家の辻村深月さん(38才)だ。ドラえもん映画の持つ最大の魅力である「時空間を超える」設定を最大に生かし、冒険の舞台を月の世界に。月に住む子供・エスパルのルナ役を演じた広瀬アリス(24才)と今作の魅力について語った

 月面探査機のカメラが捉えた白い影が話題を集め、のび太は月のウサギだと主張するがクラスで笑われてしまう。そこでひみつ道具〈異説クラブメンバーズバッジ〉で月の裏側にウサギ王国を作ることに。そんな中、ミステリアスな少年・ルカが転校してきて、のび太たちとウサギ王国へ行くと、エスパルという不思議な力を持つ子供たちと出会う──。

 今作のテーマは定説を覆すこと。例えば今では地動説が定説として知られているが、〈異説クラブメンバーズバッジ〉を用い、異説である天動説をマイクに唱えることで、バッジをつけた者には天動説の世界が目の前に現れる。

 劇中、のび太が《月にはウサギがいるって大人たちだって言っていたのに、いついないことになったんだよ》と言うように、作品は大人になって見えなくなった世界を再び私たちに気づかせてくれる。

辻村:もし〈異説クラブメンバーズバッジ〉があったら、「サンタクロースは本当にいる!」と唱えたい。

広瀬:あっ、私もまったく同じことを考えていました!

辻村:小3くらいまでは信じていたんです。でも、『サンタクロースってほんとにいるの?』(福音館書店)という絵本を図書館で借りて読んでいたら、母親から「いるって書いてあった? いないって書いてあった?」と聞かれて、そう聞かれるということはいないのかなって気づいてしまって。さらに、「妹には黙っておきなさいね」と言われて、より決定的になりました(笑い)。

広瀬:私は小5くらいまででしたね。母親に「今年は(プレゼントを買ってくる)時間ないな」と言われて、「えぇぇ~!?」と、衝撃が(笑い)。

辻村:これが現実になったらいいのにという意味では、RPGの世界で『ファイナルファンタジー』や『ドラゴンクエスト』のゲームの中に入りたいと思っていました。でも小説を書くことで、そこに入れるわけではないけれど、半分その願いが叶うような感覚があるから、それで小説を書き始めたのかもしれない。

広瀬:私も、お芝居を通じてちょっと疑似体験ができている気がします。ドラマでは時々すれちがいが多すぎて見ていてもやもや、イライラすることがありますけど、それを出る側としてやっている感覚がありますね。台本を読んでいると、自分が横入りして「本当はね」と真相を教えてあげたくなっちゃいます。

──幼い頃から大の読書好きという辻村さんと同様に、広瀬も読書好き、マンガ好きとして知られる。自宅には壁一面の本棚にマンガ本がびっしりと並び、地方ロケに60冊以上マンガ本を持ち込むこともあるのだとか。

広瀬:実は私、辻村さんの『オーダーメイド殺人クラブ』(集英社文庫)が大好きで、前から取材で「好きな本は?」と聞かれたら、この作品のことを話していたんです。

辻村:最初にお会いしたのは映画の製作発表だったのですが、そこで教えてくださいましたよね。広瀬さんは衣装で十二単を着ていて、着るというよりも“装着する”という感じでしたが(笑い)、スタイリストさんたちに囲まれながら、「辻村さん!」と大きな声で呼び止めてくださって。

広瀬:十二単は重くてロボットのように動きづらかったんですが、「これだけは絶対に伝えなきゃ!」と。初めて読んだのは20才前後で、「今ならまだ制服が着られるから、実写化するならこの役をやりたいな」と思っていました。

辻村:うれしかったです。広瀬さんが『アメトーーク!』(テレビ朝日系)の「本屋でマンガ大好き芸人」の回に出演された時に、紹介するマンガの傾向が私の好みと似ていて、もともと勝手に親近感を持っていました。お気に入りだと話していた『今夜は月が綺麗ですが、とりあえず死ね』(講談社)は私も大好きなので、広瀬さんがテレビで紹介してくれてすごくうれしかった。あと語り口の熱が素晴らしくて、きっと表現者としても強い人なんだろうな、と。

 映画スタッフにルナファンがたくさんできるほど、広瀬さんの声がぴったりなので、皆さんには期待して劇場にいらしてほしいですね。

 今作では女性同士の友情もカギに。広瀬演じるルナとしずかちゃんのコンビネーションにも注目してほしい、と辻村さん。「映画の中盤、ものすごいカタルシスが待っているはずです」(辻村さん)という2人の勇姿に期待したい。

【広瀬アリス(ひろせ・ありす)】
1994年生まれ。静岡県出身。2008年映画『死にぞこないの青』で女優デビュ-。以降、連続テレビ小説『わろてんか』や映画『新宿スワンII』、『旅猫リポート』、『銃』など数々の話題作に出演。ファッション誌『with』のレギュラーモデルも務める。2020年には映画『AI崩壊』の公開が控える。

【辻村深月(つじむら・みづき)】
1980年生まれ。山梨県出身。千葉大学教育学部卒業。2004年『冷たい校舎の時は止まる』で第31回メフィスト賞を受賞し、デビュー。2012年『鍵のない夢を見る』で第147回直木三十五賞を受賞。2018年『かがみの孤城』で第15回本屋大賞の大賞を受賞。

※女性セブン2019年3月14日号

関連記事(外部サイト)