テレ朝小川彩佳アナ移籍にTBS局内不満、波紋は日テレにも

テレ朝小川彩佳アナ移籍にTBS局内不満、波紋は日テレにも

TBSに移籍か(写真/ロケットパンチ)

 3月限りでテレビ朝日を退社し、フリーになる小川彩佳アナ(34)が7月から『NEWS23』(TBS系)のキャスターになる方向で調整していると報じられている。

 同番組は2016年7月に元TBSの雨宮塔子アナ(48)がキャスターに就任したことが話題となったが、現在は平均視聴率3~4%と苦戦している。当初、雨宮アナとの“ダブルキャスター体制”になるのではないかとも囁かれていたが、ここにきて、驚きの情報が飛び込んできた。

「現在MCを務める星浩氏は残留し、雨宮塔子アナは降板の方向のようです。視聴率低迷が続いているだけに、小川アナへの期待は非常に大きい」(TBS関係者)

 一方で、小川アナの移籍情報に接したTBSのアナウンス室内には不満の声がくすぶっているという。

「『NEWS23』のMCは報道志向の女子アナにとって、大きな目標です。大先輩の雨宮アナなら仕方がないですが、辞めたばかりの小川アナがいきなりその椅子に座るようなことになれば、心中穏やかではないでしょう。悔しい思いをしている女子アナも少なくない」(前出・TBS関係者)

“小川ショック”の波紋は、日本テレビにも広がっているという。

「有働由美子アナ(49)がMCを務める『news zero』の視聴率がなかなか上向かない。いまは裏番組の『NEWS23』には勝っていますが、かつて『報ステ』の顔を務め、好感度も抜群の小川アナが加わったら、勝負はどう転ぶかわからない」(日本テレビ関係者)

 小川アナとともに3月末でテレビ朝日を退社する宇賀なつみアナ(32)は、さっそく古巣での登板が決定。4月スタートのバラエティ番組『川柳居酒屋なつみ』(火曜日深夜)で女将に扮し、ゲストとほろ酔いトークを展開するという。

 いきなり冠番組とは厚遇だが、そこにはこんな裏事情があるようだ。

「小川アナの『NEWS23』移籍報道に局の幹部が慌てたのか、“宇賀は絶対に奪われるな!”と、彼女を引き留めるために番組が用意されたと聞いています。火曜深夜枠なら空いているということになって、新番組のスタッフは準備に大わらわの状況です」(テレ朝関係者)

 テレ朝局内では、竹内由恵(33)アナもフリー転身が近いと噂されている。

「このところ小川アナと宇賀アナ、竹内アナの3人でよく連絡を取り合っているようで、先に“脱局”する2人に影響を受けているかもしれない。

 フリー転身で局の垣根を越えて評価がうなぎ上りの小川アナを目のあたりにして、“自分も……”という思いが強まっても不思議ではない」(別のテレ朝関係者)

※週刊ポスト2019年3月15日号

関連記事(外部サイト)