歌舞伎の「三階さん」過酷ながらも給料20万円以下、廃業増加

歌舞伎界が『三階さん』廃業続出で存続危惧 市川海老蔵らは世界に『カブキ』アピール

記事まとめ

  • 市川海老蔵は新しい試みに挑み、寺島しのぶやV6・三宅健と歌舞伎で共演している
  • しかし、若手が務める『三階さん』の廃業が続出し、歌舞伎界の存続が危惧されている
  • 三階さんは尾上菊五郎、松本白鸚、中村芝翫ら有名役者と違い、セリフもない端役である

歌舞伎の「三階さん」過酷ながらも給料20万円以下、廃業増加

歌舞伎の「三階さん」過酷ながらも給料20万円以下、廃業増加

歌舞伎役者の廃業続きに海老蔵も困惑

《我々歌舞伎俳優は、歌舞伎という伝統文化を守るために存在しています。ですが、私の中では新しいこともしながら守る、その両輪で進むことで伝統が守られるという発想です》(『AERA』3月4日号)

 そう雑誌のインタビューで話すように、市川海老蔵(41才)はさまざまな新しい試みに挑んでいる。その1つが現在、上演されている六本木歌舞伎第三弾『羅生門』。

 三味線やツケの音に合わせ、舞台上で勇壮な戦いを見せながら歌舞伎独特のせりふ回しをする。そうかと思えば、一転、現代劇になり“私服姿”の海老蔵が現れ、砕けた口調で観客を笑わす。

 共演者もしきたりにこだわらず、2017年の第二弾では女性の寺島しのぶ(46才)が舞台に上がり、今回はV6の三宅健(39才)が、観客から大喝采を浴びている。

「海老蔵さんを筆頭に、2020年の五輪イヤーに向けて歌舞伎界は“伝統文化”を前面に押し出し、世界に“カブキ”をアピールしています。来年は海老蔵さんの、市川團十郎白猿の襲名披露もあるので、歌舞伎界全体が活気づいています」(スポーツ紙記者)

 だが、その足元では歌舞伎の存続さえ危うくしかねない事態が進行しているという。

「有名歌舞伎役者の活躍が広がる一方で、“三階さん”といわれる役者たちが続々と辞めているんです。特にここ3年の減り方は、まさに危機的です」(歌舞伎関係者)

 歌舞伎には屋号による格付けがある。有名処は海老蔵の成田屋や尾上菊五郎(76才)の音羽屋、松本白鸚(76才)の高麗屋、中村芝翫(53才)の成駒屋など。三階さんとは、それら有名役者と違い役名もなければせりふもない端役で、正式には「名題下」といわれる俳優の一部。昔、控室が大部屋で、舞台からいちばん遠い三階にあったことから、そう呼ばれるようになった。

 彼らは主役を引き立たせるために、「とんぼ(宙返り)」を切ったり、高い所から飛び降りたり、役者が乗る馬の脚や犬の鳴き声などを演じる。

「梨園の御曹司や、子役の頃から幹部俳優の家に預けられる部屋子とは待遇がまったく違います。彼らは舞台を下りた後も、修業と称して師匠やその家族のお世話までする。しかも、ハードな割には給料が安く、月収は20万円にも満たないといいます。とんぼを切れば手当てがつきますが、どんなにとんぼを切っても、1か月1万円にしかなりません。とんぼを切りすぎて、体を痛めた役者もいました」(前出・歌舞伎関係者)

 その三階さんの多くは、一般家庭出身である。歌舞伎が好きで、この世界に飛び込んできた若者たちだ。

 彼らは、1970年に歌舞伎俳優の後継者不足の悩みを解決するために設立された、一般家庭出身の俳優を育成する独立行政法人「日本芸術文化振興会」の研修を修了している。

「応募資格は中学校卒業以上の男子で、原則として23才以下。2年に1度募集があり、研修期間は2年間で、月曜から金曜の午前10時から午後6時まで授業がある。歌舞伎の実技、立ち回り、とんぼのほか、化粧、衣装、日本舞踊など内容は多岐にわたります」(ベテラン演芸記者)

 研修を終えると、彼らは各部屋に弟子入りし、「三階さん」としてキャリアをスタートさせる。日本芸術文化振興会のホームページを見ると、現在22期まで修了し、

《96名の研修修了者が歌舞伎の舞台で活躍しています。これは就業者全体の32%にあたり、そのうち39名が名題俳優となっています》

 とある。研修修了者が歌舞伎俳優の3分の1を占めていることからも、この研修機関が重要な役割を担っていることがわかるが、現実は厳しい。研修を終え、さらに長い下積みを経ても、主要な役回りを演じる「名題俳優」になれるのは96人中39人と狭き門。しかも、主役級の役者になるのは事実上不可能だという。

 厳しい環境でも、多くの三階さんが歌舞伎を支えてきたが、近年、急に“廃業”を申し出る役者が増加。歌舞伎界の将来を危ぶむ声もあがっている。

※女性セブン2019年3月21日号

関連記事(外部サイト)