俳優・北村匠海「No.1よりその次くらいが、ちょうどいい」

俳優・北村匠海「No.1よりその次くらいが、ちょうどいい」

幅広い役を演じられる若手実力派、北村匠海(撮影/藤沢大祐)

 映画『君の膵臓をたべたい』(2017年)で、日本アカデミー賞の新人俳優賞を受賞した新星は、最新作『君は月夜に光り輝く』で再び命と向き合った──

 ドラマ『グッドワイフ』(TBS系)では、「キミスイ」で演じた内気な高校生とは真逆のちょっと生意気な弁護士の朝飛光太郎を好演。これが同一人物なのか…と思うほど役の振れ幅が広い、若手きっての実力派・北村匠海。

 4人組ダンスロックバンドDISH//ではリーダーも務める。プライベートではオンラインゲームに夢中だという彼の“役者”と“アーティスト”、2つの顔に迫った。

「状況が目まぐるしく変化していく中で、流されちゃいけないな…と思うところもある。そこは本当に自分との闘いです。変わらずに自然体で、ぶれずにいたいから」

 話題作に次々と出演し、注目度が高まっても「影ながら世代を担っているタイプでいたいんです。ナンバー1より、その次くらいがちょうどいい」と笑う。

「大学進学を諦めて、この世界に飛び込んだけど、役者の仕事、音楽の仕事のほかにも写真を撮ったり映像を作ったり、いろいろなことをやっていきたい。売れたいと思う気持ちはもちろん大事だけど、自分はただ芝居が好きで、作品が良くなることに貢献できれば…という思いで毎回、演じているかな」

 最新の主演作『君は月夜に光り輝く』では、余命ゼロの宣告を受けているヒロイン・まみず(永野芽郁)に惹かれていく青年・卓也を演じた。病で病院から出られないまみずの代わりに、彼女の願いを実現していく。

「ショッピングシーンが楽しかったな。偶然、友達の引っ越しの時に買い物に行ったお店だったんです。遊園地でジェットコースターに乗るシーンもあって、ぼくは大好きなんですけど、怖がらなくちゃいけなくて…。あのリアクションは、まさにお芝居(笑い)。生きることと、死ぬことは表裏一体。決して悲しい映画ではなくて、生きることの喜びを問いかけている作品です」

 俳優として目覚ましく活躍する一方、アーティストとしての顔も持つ“二刀流”。

「DISH//の時は結構、お調子もの(笑い)。メンバーの前だけですけどね。ぼくのそういう部分を解放してくれたのがDISH//なんです。

 俳優業と音楽活動で違うものを見せていきたいし、そのほうがおもしろい。ぼくのこの世界での闘い方は、“2本の刀”があってこそだと思っています」

【Profile】
きたむら・たくみ●1997年11月3日生まれ。東京都出身。B型。映画『君は月夜に光り輝く』は3月15日より全国ロードショー。

※女性セブン2019年3月21日号

関連記事(外部サイト)