有働アナや宇垣アナ 人気があるのに数字を持っていない理由

有働アナや宇垣アナ 人気があるのに数字を持っていない理由

「好きな女子アナ」のはずでは…?(写真/ロケットパンチ)

 テレビ朝日の小川彩佳アナ、宇賀なつみアナ、TBSの宇垣美里アナなど、女子アナたちの“退社ラッシュ”が続き、各局の編成幹部たちは4月からの“人員配置”に苦心しているという。

 どのアナウンサーをどの番組に起用するか──番組改編を見据える局幹部の手元には、ある“参考資料”が存在するという。女子アナたちの「潜在視聴率」だ。広告代理店関係者が語る。

「潜在視聴率とは、“その人が番組に出演すればどれだけの視聴率が期待できるか”を表わした数字です。スポンサーのリクエストに応じて、代理店がテレビ局やマーケティング会社と協力し、各アナの出演番組の視聴率に独自調査した知名度や人気、そして『Qレート』という“出演番組に対する視聴者の好感度”を組み合わせて算出する。

 この数字がキャスティング時の検討材料にされる。もちろん女子アナ本人が目にすることはなく、ごく一部の編成部門スタッフが使っているものです」

 本誌・週刊ポストが入手した最新の「女子アナ潜在視聴率一覧表」には、各局アナからフリーアナまで、50人の数字が並んでいた。ランキングの上位には、水卜麻美アナ(日本テレビ・1位)、高島彩アナ(フリー・2位)、加藤綾子アナ(フリー・3位)、山崎夕貴アナ(フジテレビ・4位)、小川彩佳アナ(テレビ朝日・5位)と、人気アナが名を連ねている。

 彼女たちはその潜在視聴率の高さゆえにフリー転身が待望されるわけだが、一方でいざフリーになると数字が下がってしまうケースもある。その典型が有働由美子アナだ。彼女は10位である。前出の広告代理店関係者が語る。

「鳴り物入りで『news zero』に移った時はいま以上の潜在視聴率が弾き出されていましたが、番組の視聴率は伸び悩み、一方で有働アナが抜けた後の『あさイチ』(NHK)の視聴率が特に下がらなかった。

 依然として高い評価であることに変わりありませんが、我々が考えていたほどは“数字を持っていない”ことが徐々に分かってきたんです。アヤパン(2位)とカトパン(3位)がフリーになってからも“高値安定”なのと比べると、対照的な結果になりました」

 また、潜在視聴率一覧表ではテレ朝の弘中綾香アナ(28位)、TBSの宇垣美里アナ(45位)、フリーの田中みな実アナ(41位)など、「好きな女子アナランキング」(オリコン調べ)では上位にもかかわらず、数字が低く算出されているケースが見られた。この理由について、前出の広告代理店関係者が語る。

「いまは“幅広い層に嫌われない”女子アナほど潜在視聴率が高い傾向が強い。水卜アナ、山崎アナや、TBSの江藤愛アナ(6位)がその典型です。

 弘中アナや宇垣アナなど、若い男性からの人気、知名度はあっても、女性層や中高年層の好き嫌いがハッキリと分かれるため、数字も低く出やすい。知名度の割に番組露出が少ないアナは、往々にして局側のそうした計算がありそうです」

 もっとも、各局の番組がそうであるように「視聴率」の浮き沈みはテレビ界の宿命のようなもの。女子アナたちが持つ「現在の数字」は、数か月後にガラリと変わっているかもしれない。

※週刊ポスト2019年3月22日号

関連記事(外部サイト)