小宮悦子「久米さんからダメ出しの嵐だった私が変わった夜」

小宮悦子「久米さんからダメ出しの嵐だった私が変わった夜」

伝説のキャスターが伝説の番組を振り返る

 有働由美子アナ、夏目三久アナ、小川彩佳アナと、女子アナが“報道番組の顔”を務めるケースが増えているが、その“原点”は誰かと訊かれれば、多くの人が彼女の名を挙げるだろう。1985年から1998年にかけて『ニュースステーション』(テレビ朝日)を久米宏氏とともに支えた小宮悦子さんは、その後の報道番組における「女性キャスター像」を作り上げたパイオニアである。そんな小宮さんが、ワイドショーのリポーターから報道キャスターになり、そして自身が変わった瞬間を語った。(聞き手/岸川真=作家)

 * * *
 去年の5月、ギャラクシー賞の授賞式で20年ぶりに久米宏さんと並んで司会を務めさせていただきました。

 久米さんの隣にいると互いがシンクロしていくというか、『ニュースステーション』の“呼吸”が甦ってくるんです。久米さんの声が変わらず若々しくて、間の取り方も、全てが懐かしかった。傍らにいて、私にとって久米さんは師であり、『ニュースステーション』は故郷なんだな、と実感したものです。

 共に駆け抜けた激動の10数年がまざまざと思い出されて、感慨深いものがありました。

 いまだからお話しできますが、私は報道番組のキャスターどころか、アナウンサーを目指してもいなかったんです。もともとは編集者やコピーライターに憧れていました。就活の合間の一日、友人がテレビ朝日を受けるから一緒に行ったんです。そこで何の間違いか採用されちゃって。

 1981年に入社して、アナウンサーがどういう仕事かも具体的に理解しないまま、3か月の研修に突入したわけです。サ行の発音が出来ずに注意されると「なんて屈辱!」って心で文句を言ったり(笑い)。

 最初は天気予報と外回りリポートを担当したのですが、そこで待っていたのは、“無茶ぶり”の日々。ジェットコースターに乗せられ、着ぐるみを着せられ、アオダイショウを首に巻いたこともありました。

 日焼けして真っ黒になった自分を見て「大丈夫かな、私」と思わないでもなかったかな。その後しばらくはスポーツ担当でした。

◆久米氏からダメ出しの嵐

 1985年に入り、局をあげて新しい報道番組を作る動きが本格化していくわけですが、久米さん以外のキャストは公募制で、会社員、大学生を含めて数千人の候補者が集まっていたそうです。

 当時の私はワイドショー番組で現場を駆けずり回っていましたから、「予算がある報道番組はいいですねぇ」と冷ややかに眺めていたものです。

 ところが突然、私にお声がかかりましてね。今もって、なぜ自分が『ニュースステーション』に選ばれたのかわかりません。

 右も左もわからぬまま、その年の10月に番組がスタートします。当初、私は報道スタジオという別の場所でニュースを読み、久米さんたちがメインのスタジオで進行するという形でした。

 で、さっそく私のニュース読みに久米さんから注意が入るわけです。「声が高すぎる」「トーンを下げろ」と。VTRを観ると、確かに私の声はトーンが高かった。アメリカの報道番組では女性キャスターが声を低めにしています。これは喋る側の説得力を視聴者に与えるためです。

“話し方と伝わり方”を熟知している久米さんは、私のキャピキャピした声を聞いて、「こりゃいかん」と思ったんでしょう。他にも「笑うな」「原稿をそのまま読むな」と、久米さんからはダメ出しの嵐でした。

 何しろワイドショー担当でしたから、堅いニュースの読み方が分からない。それまでスポーツ紙を開いていた人が、ようやく全国紙を読み始めたレベルで、知識もない。

 そんな私の姿勢が根本から変わったきっかけが、1985年の年末特番でした。この年の8月12日に起きた日航機墜落事故の特集です。

 私は羽田からの中継を担当したんですが、モニターを観て鳥肌が立ちました。搭乗者名簿に従い、女性の席にはヒールの靴、お子さんの席には小さな靴が、スタジオに520足ずらりと並べてあったんです。

 久米さんご自身のアイデアで、映像の力を見せつけられました。あの瞬間、私は『ニュースステーション』と恋に落ちたんです。

※週刊ポスト3月29日号

関連記事(外部サイト)