浅野温子が舞台緊急降板、夫と医師の見解と近隣住民の声

浅野温子が舞台緊急降板、夫と医師の見解と近隣住民の声

入院はせず自宅で静養している

 この3月に58才になったばかりの彼女の体に大きな変化が起きている。浅野温子が、4月20日開幕予定の舞台『「銀河鉄道999」さよならメーテル〜僕の永遠』を降板することになった。突然の降板の原因は体調不良だ。

「全身がだるく、力が入らないそうで、ドクターストップがかかりました。詳しい検査はこれからですが、熱心に稽古をこなしていたので、本人は無念だと思います」(舞台関係者)

 静かな異変は、自宅近くでも見受けられていた。

「そういえば、最近は食事に出前を取ることが多いみたいですね。料理を作る元気がないのかもしれません」(近隣住民)

 以前は浅野と世間話をしていたという別の近隣住民もこう話す。

「ご主人の姿はよく見かけますが、浅野さんの姿は最近、見ませんね。少し前まで、息子さんの話などもしていたのですが…」

 心配される浅野の病状について、事務所関係者はこう説明する。

「主な症状は倦怠感で、本人は“初めての経験”と言っているようです。病院の検査では命にかかわるような大病ではないとのこと。これから精密検査をしますが、状態としては、“遅れてきた更年期”のようなものだと促えています」

 更年期障害は通常、閉経の時期をはさんだ前後数年ずつの約10年間であらわれる。オーク住吉産婦人科の船曳美也子院長が説明する。

「閉経の時期には個人差があります。日本人女性の平均閉経年齢は50〜51才ですが、もちろん遅い人もいる。浅野さんの倦怠感の原因が更年期障害であることは充分に考えられます」

 更年期障害は、「エストロゲン」と呼ばれる女性ホルモンの分泌が減ることで起こる。症状としては、全身のだるさ、疲労感、急に体が熱くなるホットフラッシュや、頭痛、耳鳴り、吐き気、動悸、めまいのようなものが代表的だ。

「更年期はエストロゲンの分泌量によって症状もさまざまです。閉経後、数年経っても症状がスッキリと消えない人、“更年期が終わった”と思っても、また症状が重くなる人もいます」(船曳さん)

 4月1日、夫でコピーライターの魚住勉さん(72才)に浅野の病状を尋ねると、こう話した。

「今はちょっと休養しているだけで、基本的に家で元気にしています。ご心配おかけして申し訳ないのですが、大げさな病気ではないと思いますので」

 一刻も早く復帰してほしい。

※女性セブン2019年4月18日号

関連記事(外部サイト)