妻に求める要求高い西島秀俊、妻を「デヴィ夫人」と呼んだ

西島秀俊、16才年下の妻を「デヴィ夫人」と呼んだことも 私生活では二児の父親

記事まとめ

  • 西島秀俊は妻に求めるハードルが高く、16才年下の妻は西島の要求に従ってきたという
  • しかし最近では西島が妻のことを「デヴィ夫人」と呼んでいたことがあったそう
  • 西島はドラマ『きのう何食べた?』と映画『空母いぶき』で主演を務める

妻に求める要求高い西島秀俊、妻を「デヴィ夫人」と呼んだ

妻に求める要求高い西島秀俊、妻を「デヴィ夫人」と呼んだ

家族とお出かけする西島秀俊

 花冷えとなった3月末の夕方、都内の公園を目指して歩く親子連れの姿があった。少し困った表情で、「早く行こう」と息子をせかすマスク姿の長身男性は、西島秀俊(48才)だ。もうすぐ3才になる長男は歩道でしゃがみこみ、道路脇の植栽を覗きこみ…と真っ直ぐ歩いてくれない。その先を行く女性は16才年下の妻・A子さん。彼女もマスク姿だが、キリッとした目元が印象的だ。昨年10月に生まれたばかりの次男をベビーカーに乗せ、颯爽と歩いて行く。

 西島は長男と手をつなぎ、もう片方の手には子供向けペダルなし二輪車「ストライダー」を持ち、小走りで妻を追いかける。普段テレビで見る落ち着いたイケメン姿とは違う、新米イクメンぶりを見せていた。

 そんな西島は近頃、多忙を極めている。3月30・31日放送のスペシャルドラマ『名探偵・明智小五郎』(テレビ朝日系)で主役を務め、4月5日スタートの『きのう何食べた?』(テレビ東京系)では内野聖陽(50才)と2LDKに男性2人で暮らす“恋人同士”の役でW主演。5月には映画『空母いぶき』でも主演を務める。

「仕事最優先」という西島は妻に求めるハードルが高く、結婚時に相手に求めたといわれる“7つのルール”は女性誌で特集されたこともある。

「映画は1人で見に行く、メールの返信がなくても文句は言わない、会話がなくても愚痴らない、女心を理解してなどとは言わないなど、かなり厳しい内容でした。それでもA子さんはしっかり“ルール”を守ってきたそうです」(芸能関係者)

◆冗談交じりに「デヴィ夫人

 譲らない夫と“三歩下がった”妻という西島夫妻だったが、この日、本誌が目撃した姿はどうやら様子が違う。結婚から4年と3か月。ふたりの間に何があったのか。

「A子さんは2016年4月に長男を、昨年10月に次男を出産してからも、超多忙で家を空けることが多い西島さんに文句も言わず、『ワンオペ育児』をこなしていました。厳しいルールに加えて、2人のわんぱくな幼い男の子を抱えて、朝から晩までひとりきり。さすがのA子さんも爆発寸前の日もあったようです」(西島の知人)

 そんな妻の姿を見て、西島はある行動に出たという。

「西島さんは、要求は厳しいところはありますが、基本的には穏やかで妻思い。財布も妻にすべて預けているんです。ストレスがたまっているだろう妻に、買い物やエステなど好きにしていいよ、リフレッシュしておいで、と伝えたようですね。それからなのか、A子さんも時折息抜きができるようになったようです」(前出・西島の知人)

 しかし、事態は微妙に…。

「最近、西島さんがA子さんのことを冗談交じりに“デヴィ夫人”と呼んでいたことがあったんです。なんでも、A子さんが全身一流ブランドでファッション誌から抜け出してきたセレブ妻のようだったとか。もともときれいでおしゃれな人ですから、久しぶりの買い物に火がついてしまったらしくて。西島さんとしては“ちょっと派手すぎでは…”と思ったようですが、育児や家事を一手に引き受ける妻への感謝もあり、何も言えなかったとか(笑い)」(前出・西島の知人)

 公園に着いた西島は、長男とストライダーに乗る練習に没頭。すっかり日が傾いた午後6時頃、長男を真ん中にして妻と3人仲よく手をつなぎながら帰路についた。

 実はその日は、西島の誕生日の翌日だった。

「誕生日当日は仕事だったようで、翌日に家族水入らずで過ごしたようです。特別なことをするのではなく公園に行って、家でゆっくり過ごす“庶民的”な誕生日を過ごしたようですよ」(前出・西島の知人)

 妻がきれいでいられるのも、夫の実力のうちです。

※女性セブン2019年4月18日号

関連記事(外部サイト)