写真集が10分で完売した2.5次元俳優「すべての出会いを大切に」

写真集が10分で完売した2.5次元俳優「すべての出会いを大切に」

「普段のヘアスタイルでおでこを出すことはないので、新鮮でした」

 大人気漫画の2.5次元舞台などに出演する若手俳優・松田 裕(23才)。3月31日に「銀座 蔦屋書店」で行われた自身初のファースト写真集発売イベントに参加するために予約販売した限定写真集・DVD・ポスターは、わずか10分でソールドアウト。新人としては異例の事態に、本人だけでなく、主催した蔦屋書店の担当者も大きな反響に驚きを隠さなかったという。そんな大注目の松田さんに、これまでの道のりから今後の目標まで話を聞いた。

──俳優を目指したきっかけは?

松田:俳優になることがずっと夢でした。広島から上京し美容学校に通いながら、焼き肉店でアルバイトしていた時に、野村誠一先生(所属事務所代表)にスカウトされたことがきっかけです。

──学校も辞めてしまったとか。

松田:父親には猛反対されましたが、俳優を目指す勉強に集中し、最優先したいという思いを、実家に帰り2週間かけて説得しました。最近では母から「お父さんが活躍をすごく楽しみにしている」と聞くと、素直にうれしいですし、もっと頑張らないといけないなと身が引き締まる思いです。

──目標にしている俳優は?

松田:幼い頃に見ていたドラマや映画では、小栗旬さんが大好きです。演技の幅の広さがすごくて、いろんな人生を体験できる俳優という仕事に憧れを持つきっかけになりました。

──初の単独イベントも大成功でした。

松田:本当に多くのかたに来ていただき、感謝の気持ちを直接お一人おひとりに伝えることができてうれしかったです。自分の人生において、忘れられない一日となりました。感動と興奮で、家に帰ってもなかなか寝付けませんでした。今回のイベントに関わってくださったすべての皆さまに感謝の気持ちでいっぱいです。

──今後の目標は?

松田:舞台で演技をさせていただいた経験をもとに、今後はドラマや映画などの映像作品にも挑戦したいと思っています。いろんな作品に関わらせていただき、演技力の向上はもちろんですが、出会いの一つひとつを大切にし、「こいつと仕事がしたい」と思っていただけるよう、全力を尽くしていきます!

【プロフィール】
まつだ・ひろ/1995年10月3日生まれ。広島県出身。2015年に舞台デビュー。2016年、ハイパープロジェクション演劇「ハイキュー!!」“烏野、復活!”に常波高校・池尻隼人役で出演し人気を博す。以後舞台を中心に活躍し、2018年4月より東京ワンピースタワーONE PIECE LIVE ATTRACTION『PHANTOM』にロロノア・ゾロ役で出演。

撮影/野村誠一

関連記事(外部サイト)