音楽界の破滅型スター 内田裕也と水原弘の豪快伝説

音楽界の破滅型スター 内田裕也と水原弘の豪快伝説

先日亡くなった内田裕也さん(時事通信フォト)

 不祥事があれば、即座に出演作品の流通が止まり、CMは差し替えられ、莫大な違約金を請求される。コンプライアンスの厳しい昨今、芸能人や芸能事務所が「品行方正であること」を強く意識するのは仕方ないかもしれない。しかし、かつての芸能界には社会ルールを逸脱し、その身を滅ぼしながらも芸に生きたスターたちがいた。音楽界の「破滅型スター」といえば、3月17日に亡くなった内田裕也(享年79)だろう。

 ビートルズ日本公演の前座を務め、ザ・タイガースをプロデュース。脚本・主演した映画『コミック雑誌なんかいらない!』では北野武を役者として抜擢して“世界のキタノ”誕生のきっかけを作った。

 だが、それ以上に彼の名を有名にしたのは、数々の“素行不良”エピソードだ。1977年に大麻所持で逮捕。1983年にも酔って音楽事務所に殴り込み、逮捕されている。

「ルー・リードやレイ・チャールズといったアメリカの超有名歌手とも喧嘩しています。礼を失したとして矢沢永吉を殴ったり、オノ・ヨーコと酒を飲んで大喧嘩したり。『芸能人の10分の1は殴っている』と本人が豪語しているほど、すぐに手が出る」(音楽関係者)

 プロインタビュアーの吉田豪氏が語る。

「内田さんの単行本の発売イベントでミュージシャンの近田春夫さん、作家のモブノリオさんとトークショーをやるはずだったんですが、内田さんが急に機嫌を悪くして出てこない。困った2人が客を相手に場をつないでいると、30分くらいしてから突然、『ジョニー・B・グッド』がかかって、会場につながるエスカレーターの上に裕也さんが登場。ツイストを踊りながら降りてきて、会場のみんなもノリノリに。終わってみるとちゃんとしたショーになっているんです。どんなに敵を作ろうとも、“内田裕也はこうあってほしい”と周囲が願う人物像を、最後まで貫き通しました」

 音楽界の「破滅型スター」では、1959年に『黒い花びら』で第一回レコード大賞を受賞し、42歳の若さで亡くなった水原弘も外せない。

 高校時代から不良で鳴らし、スターになってからも取り巻きを大勢引き連れて盛り場をのし歩き、“飲む、打つ、買う”を地で行った。

 1965年に賭場への出入りが発覚し、芸能界を追放されるが、彼の歌唱力を惜しむ人たちのバックアップを得て、1967年に『君こそわが命』で復帰した。

「それでも私生活は相変わらずで、高級クラブでの豪遊が原因で3億5000万円もの借金を背負った。最後は自宅のベッドまで差し押さえられましたが、“どうにかして返済するよ”と、本人は笑っていたそうです」(当時を知る芸能関係者)

 1978年6月、巡業先のホテルで血を吐いて倒れ、その11日後に亡くなった。

※週刊ポスト2019年4月19日号

関連記事(外部サイト)