上沼恵美子が姉と“お金”で亀裂 姉妹の確執は尾を引く傾向

上沼恵美子が姉と“お金”で亀裂 姉妹の確執は尾を引く傾向

「姉妹」の金銭トラブルが尾を引きやすいというが…

 西の女帝とまで呼ばれ、絶大なる人気を誇る上沼恵美子(63才)が突如、実姉である海原万里(69才)との金銭トラブルを告白した。

 事の発端は、3月31日に放送された『上沼・高田のクギズケ! 放送400回SP』(読売テレビ).ゲストの花田虎上(48才)が花田家の家族トラブルを話し始めると、司会の上沼がこう割って入った。

《私も姉とずっと仲がよかったわけじゃないんですよ。結婚してから貧富の差があったんで、ちょっと仲悪かったんです》
《お姉ちゃんのご主人もタレントさんやけど、あまり活躍できなかったので収入が薄く、ずっと助けてました。(中略)せやけど、その時にありがとうも、うんともすんとも2〜3年言うてけえへんかったからムカッとして、仲の悪い時期が8年くらいありました》

 上沼は17才で実の姉・万里と漫才コンビ「海原千里・万里」を結成し、一世を風靡するも1977年に上沼が関西テレビのディレクターだった上沼真平さん(72才)と結婚。万里はコメディアンの夢大作(74才)と結婚し、コンビを解散、それぞれ芸能界をスッパリと引退した。しかし、翌年、上沼は「専業主婦は耐えられない」と芸能界に復帰し、姑に対する愚痴などの本音トークで人気が爆発。関西の芸能界の“女帝”に君臨した。

 一方の万里は引退後、夫の実家のある静岡県浜松市の木造一戸建てに移り住み、その後都内に居を構えた。現在は自ら「3食昼寝付き芸能人」と称して主婦業を続ける傍ら、たまに上沼の番組にゲスト出演する。こうして姉妹の漫才コンビでデビューした2人には、気がつけば“貧富の差“が広がり、時に上沼が援助をすることもあったという。

「万里さんのマンションの購入費用を出したり、コンサートで東京から大阪に来てもらう時は衣装や楽屋、宿泊費をすべて用意して移動はグリーン車。ギャラも通常ではあり得ない額でした。それでも、万里さんが“援助は当たり前”という雰囲気になっていったそうで上沼さんが“それは違うやろ”と気分を害し、次第に関係が疎遠になった。事実、ある時期から万里さんは上沼さんのコンサートに出なくなり、“お姉さんはどうしたんだろう”とファンは心配していました」(芸能関係者)

◆女性は“格差”に敏感

 現在、上沼姉妹の関係は修復しているというが、経済格差が原因できょうだいの間でトラブルが起きることは珍しくない。特に50才を過ぎたあたりから関係に綻びが生じやすい。老後の資金が不安になったり、親の介護問題が発生するなどして、お互いの懐事情が急に気になり、きょうだい間の微妙なバランスが崩れやすくなるからだ。

 さらに「姉妹」の金銭トラブルが尾を引きやすいと指摘するのは、家族問題に詳しい社会保険労務士の井戸美枝さんだ。

「50才を超えた女性はパートや専業主婦が多く、結婚相手によって生活に差が生じます。また子供の数によって、お年玉やお祝い金の額が変わり、子供のいない家庭だと“私はお金を渡してばかりで損だ”と気持ちがモヤモヤしやすい。それに孫が多いと祖父母が教育費などを援助することが多く、きょうだい間に不公平感が広がります。男のきょうだいはお金の問題をあまり気にしませんが、財布を握る女性はこうした格差に敏感です」

 千葉県在住の53才主婦のAさんが怒りの表情で振り返る。

「昔から母は妹にお金をかけてばかりで、私は短大なのに妹は有名私大に入りました。その分、就職や結婚も妹の方が私より恵まれて、今の暮らし向きにはだいぶ格差があります。

 50才を超えて人生の終わりが見え始めてからそのことが気になり始め、幸せそうな妹の家庭を見ては、『母が私を練習台にしてあんたを育てたからそんなに恵まれているのよ。悔しくて憎い』と私の心のなかの鬼が目を覚ますように。相続は私の方が多くもらうべきと思ってしまいます」

 埼玉県在住の52才パートのBさんが言う。

「認知症になった母の介護は確かに妹がやってくれた。だから事前に遺産放棄にも心よく署名したつもりです。それなのに、葬儀でのお香典を当然のように受け取り、しかも遺産の額も“雀の涙”と言っていたのに数百万円はあった。お金が欲しいというのではなく、妹のせこさとやり口が頭に来てしまって…。以来、関係はどこかギクシャクしたままです」

 こうした金銭トラブルを避けるには、事前の「ルール作り」が有効だが、もっとも大事なのは感謝の気持ちだと井戸さんが続ける。

「きょうだい間でもしっかりと感謝の気持ちを伝えることがなによりも重要です。金銭面で助けてもらっている分、困っていたら駆けつける、時間を割くなどすれば、相手は『早く返せ』などとは言えなくなるんです。親しき仲にも礼儀ありを徹底してください」

※女性セブン2019年4月25日号

関連記事(外部サイト)