マネ虎・岩井社長 同志社大応援団長時代が人生で一番モテた

マネ虎・岩井社長 同志社大応援団長時代が人生で一番モテた

記事画像

 2000年代に大ブームとなった『¥マネーの虎』(日本テレビ系)に出演していた“教育の虎”岩井良明氏が、2018年にYouTubeで『就活の虎CHANNEL』を開設した。4月1日に『令和の虎』とリニューアルしたその場所で、岩井氏は当時と変わらぬ情熱的なメッセージを送り続けている。イラストレーターでコラムニストのヨシムラヒロム氏が岩井氏に、現在の活動の原点にもなっている大学時代について聞いた。

 * * *

◆同志社大学の応援団時代に学んだ「男なら筋を通せ!」

──毎日『令和の虎CHANNEL』拝見させていただいています。動画はもちろん面白いのですが、それ以上に気になったのは岩井さんのコメント対応。普通なら無視をする類のコメントに対しても逐一返信されていることに驚きました。

岩井:僕が求める理想の番組があるんです。「暖かい番組」と言えば抽象的ですが、出演者も視聴者も悪い気分にならない番組を目指しています。炎上系YouTuberは「グッドボタン(高く評価)とバッドボタン(低く評価)のクリック数は同じくらいが良い」なんて言いますが、僕は違う。全部グッドボタンが良い。そこに一喜一憂していますからね(笑)。

──コメント欄のみならず動画内でも荒らしコメントに対して言及されているじゃないですか。それってなかなか出来ないことだと思うんです。はっきり物事を言える“勇気”はどこで獲得されたんですか?

岩井:原点は同志社大学の応援団ですね。教えられたことは「男なら筋を通せ!」、たったこれだけ。ただ、それだけは今でも愚直に守っています。

 応援団時代に「今の生ぬるい世の中で、こんなに厳しいのは応援団か大相撲の世界だけ!」と先輩から洗脳されるように言われました。なんて理不尽なことを言うのかと、その真意が当時は分からなかったけれど、社会に出てようやく理解できました。

──とんでもなく厳しそう……、一体どんなことをやるんですか?

岩井:精神と肉体、その両方を追い詰めるんです。

 最初は肉体をいじめ抜く。腕立て1000回、腹筋1000回といった筋トレをやるんです。でも、100回もやれば誰もがキツくなってくるじゃないですか。身体が動かなくなってくると、精神的にもおかしくなるんです。大の大人がボロボロと泣くんですから。

「他の学生は華やかなキャンパスライフを送っているのに、自分はなんのために大学入ったんだろう……」と思うじゃないですか。そんな状態になっても、先輩に竹刀でどつかれながらやり続ける。

──すごい世界ですね。それで精神の方は……

岩井:毎日こんなことをしていれば、肉体的に厳しいことが当たり前になってくるんです。ある程度、身体が出来上がった頃に合宿に行くんですよ。そこでは“基本”という練習をやります。

「手を横に伸ばして回す」といったシンプルな動きです。しかし、10分もやれば手が水平よりも下に落ちていく。それが先輩に見つかると飛び蹴りをくらいます。鼻水を垂らし、泣きながらやるんですね。一年生が終わる頃には相当、精神力が強くできあがる。肉体をめちゃくちゃに傷つけることで精神を鍛えるんですよ。後付けなんですね。

──応援団とは通過儀礼なんですね。

岩井:応援団に入ると人が変わります。「こんな苦しいことを経験したのだから自分はお前らよりすごい」といった変な自信も生まれる。だから、当時は応援団と体育会以外の学生を「一般学生」と呼んでいました。今、考えるとすごく失礼な呼称ですよね(笑)◆文化系大学生が究極の体育会系へ

──恥ずかしながら僕も美大生だった時、他の大学生のことを「一般学生」と呼んでいました(笑)。美大出身の人にきくと、たいてい身に覚えがあることです。美大生と応援団と一緒にするのもおこがましいですが……。

 応援団での肉体派な思い出話が続きますが、岩井社長は元々、小説家や役者を志望していたんですよね。文化系モラトリアムを抱えていた青年が究極の体育会系に進んだキッカケを教えてください。

岩井:当時、学生演劇は革マル派、マルクス派などの思想を演劇表現に反映させるべきだという考え方が主流で、政治色が強かったんですよ。そういったのが苦手だったので、僕は太秦の映画村に通っていました。

──映画と青春って感じですね。

岩井:授業もつまらなかったんですよね。僕が在籍していたのは同志社の中でも一番偏差値が低い学部で。付属高校から出来の悪い人が集まるんです。ショックでしたよ。大学生なのに英語もまともに読めない人でも入学できているんですから! そんな日々のなかで、応援団に見つかっちゃったんですよ。

 ある日、あまりにつまらなくて「もうやってられない」と英語の授業を抜け出した時に、学ラン着た応援団に声をかけられたんです。先輩2人に胸ぐらを掴まれて「お前、これ何回生の授業や?」と凄まれたんです。ファーストコンタクトで威圧されて「うわぁ……、応援団だ……」と思ったので咄嗟に「二回生です」と嘘をつきました。でも、先輩は「お前、コレ一回生やろ!」とすぐに嘘を見抜くんです。続けて「男のくせに嘘をついたとはナニゴトじゃ。嘘をついたことを俺らに返せ!」と脅かす(笑)。

 その後、先輩と居酒屋に行ってビールを浴びるほど飲まされる。泥酔した頃、一人の先輩が紙を取り出し、もう一人の先輩がカッターナイフで僕の親指をプシュッと切るんです。それで血判ですよ。

──梶原一騎が描く世界や、不良少年にスパルタ教育をする『魁!!男塾』のような、もう劇画の世界ですね。

岩井:そのまま飲み屋で記憶をなくして、朝起きたら、先輩と川の字になって下宿先で寝ていました。僕が「先輩!先輩!」と起こせば「岩井、ようこそ応援団へ」。そこでもう入団決定。自ら応援団に入った人間は、当時の同志社にはまずいなかったです(笑)。

──ある種、思想のために無理をする学生演劇より怖い組織ですね。

岩井:当時の同志社では、多くの学生が自宅から大学に通っていました。でも、応援団は彼らには手を出さないんですよ、親が出てくるから。狙うのは下宿生なんです。

 キツい練習をしていたら「辞めたい」と言いたくなるじゃないですか。それに対して先輩はこう言う。「岩井、辞めてもかまへんで。その代わり応援団除名やから、大学も辞めるってことやで。一浪までして入ったのに親は泣くよの〜」。当たり前ですけど、嘘です(笑)。でも、世間知らずだったから、新入生だった自分は嘘だと分からなかった。

 しかし、あれだけ「辞めたい」と思っていても二回生になる頃には応援団員である自分が好きになっているんですよね。

──とはいえ、応援団は花形ですよね。学生時代の岩井社長って、モテました?

岩井:人生で一番モテました。京都女子大学、京都ノートルダム女子大学、平安女学院短期大学(※当時、現在は平安女学院大学)、この3校に僕のファンクラブがありました。各大学15人〜20人のファンがいましたね。当時、学ランを着た硬派な男が好きな女の子がいたんですよ。毎朝、朝食を作りに来てくれる健気な彼女もいました。けど、当時の僕はむちゃくちゃで。毎日違った女性用の靴が玄関にあるといった状態でしたね。

──人生の春ですね、いや違うか。『¥マネーの虎』時代の方がモテましたよね。

岩井:ヨシムラさん、それは違いますよ。『マネ虎』時代にも確かに声はかけていただきました。ただし、それは嫌らしいモテ方。お金を持っていると思われているの、持ってないのに。

 銀座に行けば、おねえさんが寄ってきて「岩井さん彼女何人いるの? 3人目にして〜」って言われるんですよ。もう女性不信、あれをモテたとは口が裂けても言えないですね。◆経営にも生きる応援団の教え

──僕はそこまでモテた経験がないので、銀座のおねえさんに言い寄られたら自慢しちゃいますけどね(笑)。応援団は、どんなときに活躍して女子大にファンクラブができるほど注目されたのでしょうか?

岩井:野球、サッカー、アメリカンフットボールといった大学運動部の試合の応援ですね。ただね、応援団って学ラン着た集団だけじゃないんですよ。

──どういうことですか?

岩井:僕が所属していたのがリーダー部。他にもチアリーダー部、吹奏楽部があります。この三部がまとまったものを応援団と言うんです。また、この三部の毛色が全然違うから面白いんですよ。リーダー部はバンカラ集団でしょ、チアリーダー部は目立つのが好きな女の子が集まる、吹奏楽部は音楽マニアといった側面が強い。最終的に僕は団長になり、この三部をまとめていかなくてはならない立場となった。個性豊かな集団を統率していくことは勉強になりましたねぇ。

──その経験が社長として活きていることも多いんですか?

岩井:それはもう! 会社経営の基盤となっています。僕が社長を務めるモノリスジャパンは学校・学習塾など教育業界に特化した広告代理店です。社員には、営業マン、デザイナー、コピーライターがいます。デザイナー、コピーライターってクリエティブな人種ですよね。本来、組織になじまないタイプなんです。そんなクリエティブなタイプの人たちを組織になじませるということに、団長の経験が役立ってます。

──岩井社長の今に至る全てが同志社での青春時代に詰まっている感じがしました。

岩井:確かに……。応援団以外にも普通の大学生が出来ないことをしました。

 僕、全ての風俗業で働いた経験があるんですよ。ピンクサロンの呼び込み、ストリップの布団敷き、ソープランドのボイラー炊き。祇園のクラブの黒服も6年間やっていました、あのときに学んだことも大きいですね。

──失礼なことを聞きますが、反社会的な世界からの誘惑もあったのでは?

岩井:正直、3分の2くらい足を突っ込んでいた時期もありました。親分からも「これからの時代はインテリや! 幹部になれるから、俺のもとで修行せい!」と見込まれた。当時の正直な気持ちを言えば、あまりに魅力的な条件だったので惹かれたのは事実です。けれど最後に「お母ちゃん泣くなぁ……」と思った。うちのお袋は正しいことが好きな人で、僕のことを常に心配していたんです。それで踏みとどまって就職したんです。

 それがなかったら、反社会的とまではいかなくとも、水商売の世界にいったでしょうね。だって、向いてるんですもん!

──教育よりも向いている(笑)、と

岩井:そうですね(笑)今でも自分がカワイイと思う子を集めて、最高の店を作る自信があります!

【岩井社長に一時間に渡って話を伺った。バンカラを地でいく同志社時代のエピソードに驚愕。それと同時に濃厚な日々が羨ましくもなった。岩井社長が涙と汗を流していたのと同い年だった頃、僕は何をしていたのだろうか……(たぶん曖昧模糊としていた)。酸いも甘いも、良きにせよ悪しきにせよ、混じりっけなしの青春がそこにあった。あまり語られることがなかった『¥マネーの虎』以前の話。しかし、“虎”はいつ何時も“虎”、岩井社長の礎となる京都時代の秘話は金言に満ち満ちていた。】

●いわい・よしあき/1960年名古屋市生まれ。東海高校から同志社大学文学部へ進学、大学では応援団第74代団長をつとめた。1984年株式会社リクルート入社、トップ営業マンとなる。1989年小中学生のための学習塾「大志塾」を設立。1993年に法人化し株式会社モノリスを設立。現在は株式会社モノリスジャパン代表取締役社長。『マネーの虎』(日本テレビ系)に虎として出演、人情味あふれる「教育の虎」は今もネットで人気を集めている。

●ヨシムラヒロム/1986年生まれ、東京出身。武蔵野美術大学基礎デザイン学科卒業。イラストレーター、コラムニスト、中野区観光大使。五反田のコワーキングスペースpaoで週一回開かれるイベント「微学校」の校長としても活動中。テレビっ子として育ち、ネットテレビっ子に成長した。著書に『美大生図鑑』(飛鳥新社)

関連記事(外部サイト)