時給30円だった伊東四朗の人生を変えた喜劇俳優のひとこと

時給30円だった伊東四朗の人生を変えた喜劇俳優のひとこと

伊東四朗の人生を変えた一言とは

 映画史・時代劇研究家の春日太一氏がつづった週刊ポスト連載『役者は言葉でできている』。今回は、俳優・伊東四朗が俳優としてスタートを切ったきっかけ、喜劇俳優の石井均一座で役者を始めた日々について語った言葉をお届けする。

 * * *
 伊東四朗は一九五八年、喜劇俳優の石井均が率いる一座に加入、役者としてスタートを切る。

「役者になる気は全くなかった人なんです。とにかくサラリーマンになることだけを考えて就職試験を受けたら、一社も採ってくれなくて、早稲田の大学生だった兄貴に生協のバイトを斡旋してもらいました。時給三十円で牛乳の蓋をとる仕事でした。

 その頃、新宿のフランス座というヌード劇場にしょっちゅう行ってまして、いつも同じ席にいたから舞台上からでも目立ったんでしょうね。階段を降りて帰ろうとしたら、上の楽屋の窓がちょうど開いて、石井均さんと目が合った。当時はストリップの合間をコメディアンが繋いでいて、石井さんもそこにいたんですね。それで『おい、寄っていけ』と言われました。

 この数秒間がなかったら、今ここにいません」

 石井の招きで楽屋に入り浸るようになった伊東は言われるままに一座に参加、初舞台を踏むことになった。

「『お前、公衆便所が舞台の真ん中にあるから、そこからジッパーを上げながら出てきて口笛吹いてどっかいけ。それだけのことだよ』と言われて。それが私の初舞台。よほどの俳優さんでも舞台で歩くのは大変らしいんですが、こちらは牛乳やりながらで気楽なもんなんでね、そうでもなかったですよ。

 ただ、いい気分だったんです。それで『この仕事、やってみるか』と石井さんに言われた時、『時給三十円で蓋を開けるだけの人生もどうかな』と思っていて。ところが、その時に生協から正社員にならないかと言われたんです。保険も有給休暇もある。でも揺らめいたんです、なんかジッパー上げてトイレから出る方が。それでなんとなく気持ちがそっちに動いちゃって」

 当時の一座は十日ごとに芝居を変えていったという。このことが素人同然で役者を始めた伊東にとっての訓練になった。

「月に三回も芝居が変わるんで、作家が書けないで逃げちゃうんです。楽日の翌日は次の芝居の初日なんですが、その台本がないので本番を終えた夜中に集まって座長が口立てで芝居を作っていきました。役もみんなで相談しながら作って。暗転と幕のきっかけだけスタッフに伝えたら、あとは即興で芝居を繋げていくんですよ。大変というより、楽しい作業でした。台本がないから、何を言っても間違いにならないんで。でも、初日が終わった時は頭が真っ白でした。

 全て即興なので、しょっちゅう舞台袖にいて神経を尖らせながら『どこで出よう』と考えていました。バッと出たら座長に『違う』と口パクで言われたこともありました。でも、ただ引っ込むだけでは芸がない。『引っ込むなりに何か言ってから引っ込め』と座長は言う。それで『さあて、町内を一回りしてくるか』とか、アドリブでやりました。

 初日を観た人と楽日を観た人では違う芝居だったと思いますし、そういうのをまた楽しみに来るお客さんもいました。台本のない芝居を見せるのは失礼なことだけど、振り返ってみれば面白い時代ですよね」

●かすが・たいち/1977年、東京都生まれ。主な著書に『天才 勝新太郎』『鬼才 五社英雄の生涯』(ともに文藝春秋)、『なぜ時代劇は滅びるのか』(新潮社)など。本連載をまとめた『すべての道は役者に通ず』(小学館)が発売中

※週刊ポスト2019年4月26日号

関連記事(外部サイト)