山崎賢人が演じた『キングダム』主人公の“ざんねんな史実”

山崎賢人主演『キングダム』主人公、史実は残念 『史記』では道化じみた存在

記事まとめ

  • 山崎賢人、吉沢亮、本郷奏多ら出演、原泰久氏原作の実写映画『キングダム』が封切り
  • 主人公は李信という実在の将軍をモデルにしているが、原作者による創作部分も多い
  • 『史記』に登場する李信は老将の王翦においしいところを持っていかれていたという

山崎賢人が演じた『キングダム』主人公の“ざんねんな史実”

山崎賢人が演じた『キングダム』主人公の“ざんねんな史実”

製作発表に臨んだ映画『キングダム』の出演陣(前列左から4人目が主役の山崎賢人)

 今年のゴールデンウィーク映画は『名探偵コナン 紺青の拳』(4月12日公開)や米国映画の『名探偵ピカチュウ』(5月3日公開)など、話題作が目白押しだ。そんな中、若手人気俳優の山崎賢人、吉沢亮らが出演し、大作として呼び声の高い『キングダム』が4月19日に封切られた。近著に古代中国を描いた『春秋戦国の英傑たち』がある歴史作家の島崎晋氏が、映画『キングダム』では決して描かれない“ざんねんな史実”を紹介する。

 * * *
 累計発行部数が3800万部を数える人気漫画『キングダム』の実写映画がついに封切りとなった。原作者の原泰久も制作に関わったことから、本来の内容から大きく逸脱することなく、原作のファンも安心して楽しめる作品に仕上がっている。

 原作を読んでいない方もいるだろうから改めて説明すると、作品の舞台は紀元前3世紀の中国。有名な「三国志」の時代より450年以上前である。春秋戦国時代という群雄割拠の真っただ中、後に始皇帝となる秦国の若き王・エイ政(えいせい)が信(しん)という同年配の奴隷出身者とともに、史上初めての中華統一を目指すというのが物語の大筋で、今回映画化されたのは異母弟の反乱で王宮を追われたエイ政が、信や山界の王らの力を借りて王宮の奪回を果たすまでの話である。映画では吉沢亮がエイ政、本郷奏多が王弟を演じている。

『キングダム』の真の主人公は信という奴隷出身者のほうで、映画では若手人気俳優の山崎賢人が務め、言動こそ粗野だが武人として天性の資質を持つ役どころをみごと演じている。そしてこの人物は李信という実在の将軍をモデルにしている。

 作中の信は一兵卒に始まり、100人の兵卒を率いる百人将であったとき、将軍の王騎からその隊に「飛信隊」の名を与えられ、以降も順調に軍功を重ねることで将軍への道を歩んでいくのだが、このあたりの事情は原作者による完全な創作で、一級史料である司馬遷の『史記』や劉向(りゅうきょう)の『戦国策』(どちらも前漢時代のもの)には李信の前半生について一切語られていない。

 秦王・エイ政が即位したとき、中華ではすでに500年も戦乱の世が続き、200余あった諸侯が7つの国(戦国七雄)にまで淘汰されていた。その中からもっとも西に位置した秦が抜け出し、東方六国を次々と滅ぼしていくのだが、『史記』に李信の名が初めて登場するのは、現在の北京市周辺にあった燕(えん)の国を攻めたときで、年若く逞しい李信は総大将・王翦(おうせん)の指揮下、数千人の兵を率いて燕の太子丹(たいしたん)を追い詰め、みごと討ち果たす功績を挙げている。

 秦王・エイ政も李信に期待するところが多く、次に楚の国を攻める際も、老将の王翦が「(兵力が)60万なくては敵いますまい」と答えたのに対し、李信は「20万人あれば十分」と答えた。これを聞いたエイ政は李信を総大将に任じるのだが、若さゆえの逸りというべきか、李信は罠とは気づかず楚の領内深く侵攻したところで進退に窮してしまった。

 そこでエイ政はやむなく王翦に頭を下げて出馬を請い、60万人の大軍を授けて出陣させるのだが、結果、おいしいところはすべて王翦に持っていかれ、李信は王翦の引き立て役で終わってしまう。『史記』に出てくる李信は道化じみた存在であった。

【プロフィール】しまざき・すすむ/1963年、東京生まれ。歴史作家。立教大学文学部史学科卒。旅行代理店勤務、歴史雑誌の編集を経て現在は作家として活動している。著書に『ざんねんな日本史』(小学館新書)、『春秋戦国の英傑たち』(双葉社)、『眠れなくなるほど面白い 図解 孫子の兵法』(日本文芸社)、『いっきにわかる! 世界史のミカタ』(辰巳出版)、『いっきに読める史記』(PHPエディターズ・グループ)など多数。

関連記事(外部サイト)