日活RP女優・三崎奈美、今は整体師の夫を支える日々

日活RP女優・三崎奈美、今は整体師の夫を支える日々

1979年に日活デビューした三崎奈美

 製作終了から31年。男たちを魅了した日活ロマンポルノの女優たちはスクリーンから去った後、どんな人生を歩んだのか──。1979年、『むちむちネオン街 私たべごろ』で日活ロマンポルノデビューを果たすと、Fカップを武器に人気を博した三崎奈美。1981年の『肉体保険 ベッドでサイン』では、何十匹ものドジョウで溢れ返る風呂に前貼り1枚で入るというシーンも演じた。

「『ドジョウは穴に入る習性がある』と聞いていたので、すごく警戒していたんですよ。私も気持ち悪かったけど、向こうも嫌だったみたいで、足を突っ込むと大群が一気に散らばっていきました。そりゃあビックリしますよね(笑い)」

 30歳になる頃、所属事務所が消滅。芸能活動を続けるか悩み、英会話スクールの語学留学制度を利用し、シアトルに飛び立つ。

「日本から離れて半年間暮らすと、“三崎奈美”という名前にこだわっていた自分が小さく思えた。過去を捨てて、ゼロから出発しようと決意しました」

 帰国後、宿無しの三崎は最後の出演作『春情夢』(1984年)で共演した親王塚貴子の家に居候しながら、六本木の会員制クラブで働く。

「洋服もほぼ持ってなかったので、制服のあるお店にしました。同伴時は貴子ちゃんのシャネルの服を借りました(笑い)」

 本名で活動したが、半年でナンバーワンに。バブル景気にも後押しされ、当初の時給3500円が10倍に跳ね上がった。1年で資金を貯めると、同時代にロマンポルノで活躍した水原ゆう紀と人材派遣会社を立ち上げ、企業のキャンペーンに若い女性を送り込んだ。

 41歳の96年、水原の紹介で知り合ったサラリーマンと結婚し専業主婦に。2歳年下の夫は2009年に一念発起し、サラリーマンから整体師へ転身。背景には、三崎の思いやりがあった。

「仕事でノイローゼ気味の主人に『あとの人生、好きにしていいよ』と声をかけたら、嬉しそうに『本当に辞めていいの?』と。あの顔は忘れられません」

 現在、神奈川の『整体しゃん手』で施術アシスタントをしながら、患者の悩み相談にも乗る。

「(占い師である)ゆう紀ちゃんに習ったタロットで、カウンセリングをしています。心の助けになればいいなって」

 5年前には、自宅兼サロンを20年ローンで購入した。

「中古物件で月10万円ほど。賃貸だと同じ3LDKでも倍の金額になるので、実は安く済む。それに、先のことを心配しても仕方ないですよ(笑い)」

【プロフィール】みさき・なみ/1955年5月27日、京都府生まれ。東映映画『こちら葛飾区亀有公園前派出所』などを経て、日活ロマンポルノへ。6月1日、横浜のフィルムシアター「シネマノヴェチェント」での『むちむちネオン街 私たべごろ』上映会後のトークショーに出演。

取材・文■岡野誠 撮影■山崎力夫

※週刊ポスト2019年5月3・10日号

関連記事(外部サイト)