モト冬樹と恋した三東ルシア、飲食店オープンし看板ママに

モト冬樹と恋した三東ルシア、飲食店オープンし看板ママに

圧倒的な人気を誇った三東ルシア

 製作終了から31年。男たちを魅了した「日活ロマンポルノ」の女優たちはスクリーンから去った後、どんな人生を歩んだのか──。

 女豹のようなルックスと、トランジスタグラマーな体つきで人気を誇った三東ルシア。1975年には「1か月で53誌のグラビアに登場」という不滅の記録を残し、人気を博した。人気者になって間もなく、無名時代のモト冬樹と恋仲になった。ただし、プレイボーイのモトに翻弄されて仕事も手につかず、人気が急降下する。

 三東ルシアの名が再びクローズアップされたのは、1982年のこと。突然、日活ロマンポルノの『女教師 生徒の眼の前で』に主演することが発表された。

「事務所から話が来て考えましたけど、最終的には自分の意思で出演を決めました。レイプされる女教師という役柄でしたから、撮影はハードでしたね。特にシャワーで水責めにされるシーン。呼吸はできないし、シャワーの勢いが強すぎて、痛いくらいでしたよ」

 強気に見える女が、あえて男たちのおもちゃにされるという設定が受けて、映画は大ヒット。メジャーな芸能人が続々とロマンポルノに参入する功労者となった。その後、1989年に引退して1994年に「大工の棟梁」と結婚。家には職人たちが集まるため、女将として食事作りなどに追われた。1999年には長男を出産したが、翌2000年に離婚してシングルマザーとなった。

 子育てに追われる身ではあったが、妊娠中に発症した「膠原病」とも長い時間をかけて闘っている。完治は難しいが、焦らずに向き合っていくと言う。そして、現実には厳しい経済状況に陥った。

「慰謝料や養育費はほとんど払ってもらえなかったので、化粧品や生命保険のセールスレディ、広告代理店の仕事、さらに銀座や五反野でクラブホステスもやりましたよ。時々はVシネマなどで官能的な作品にも出演したりもしました。銀座のホステスはわりと最近までやっていたけど、やっぱり体力的にきつくなってきましたね」

 そして今年4月3日、都電・荒川車庫前駅にカフェレストランバー「Lucia n’Cool」をオープンさせた。小さな店の看板ママとして料理やドリンクを振る舞っている。

「家庭料理を中心としたゆったりしたお店を始めました。お酒も楽しめるので、どうぞ気楽に遊びにいらしてくださいね」

 ようやく、やすらぎの里を見つけたようである。

【プロフィール】さんとう・るしあ/1958年10月1日、神奈川県生まれ。1973年にCMモデルとしてデビューし、現在の名に改名しグラビアで人気が爆発。ロマンポルノデビューは1982年の『女教師 生徒の眼の前で』で、合わせて4本の作品に出演。現在も歌手など精力的に活動。

取材・文■石田伸也 撮影■山崎力夫

※週刊ポスト2019年5月3・10日号

関連記事(外部サイト)