水どう・藤やん出演『チャンネルはそのまま!』の優れた点

水どう・藤やん出演『チャンネルはそのまま!』の優れた点

記事画像

 テレビは何を伝えるべきか。視聴者が見たいものを追いかけるのがテレビの性だし、視聴率のためには何でもやる意気込みで番組作りに取り組むものだ。だが、果たしてそれだけでよいのか? そんな疑問に答えようというのか、佐々木倫子の漫画『チャンネルはそのまま!』を、モデルになった北海道テレビ放送(HTB)がみずからドラマ化、地上波で放送するだけでなくNetflixでも公開している。『水曜どうでしょう』の名物ディレクター、藤やんこと藤村忠寿が監督と出演もしたドラマは、果たしてテレビの未来を占うものとなったのか。イラストレーターでコラムニストのヨシムラヒロム氏が、藤やんのクセ者ぶりについて考えた。

 * * *
 振り返ってみれば『水曜どうでしょう』は異常な番組だった。タレントよりもスタッフが騒ぎ、クリスマスともなれば局の駐車場で勝手にパーティーを開催。映し出される個性豊かなスタッフと自由闊達な社風。制作局の「HTB(北海道テレビ)」は『水曜どうでしょう』のヒットによって全国で名が通る世にも珍しいローカル局となった。

 そんな「HTB」が開局50周年記念を祝し、ドラマを制作したという。その名も『チャンネルはそのまま!』。北海道での本放送は終了したが、現在Netflixで全話観ることができる。

 おバカだけど仕事には一生懸命な新人記者の主人公・雪丸花子(芳根京子)が働く「HHTV(北海道★テレビ)」のモデルは「HTB」。つまり『チャンネルはそのまま!』は、自社をモデルとした群像劇である。

 こういった業界モノで重要なのがセットだ。モニタ越しから伝わる安普請によって、ドラマ自体への興味がうすれてしまった……、なんて人もいるはず。しかし、『チャンネルはそのまま!』においては心配ご無用。50年にわたり、放送事業をおこなっていた実際の「HTB」旧社屋をそのまま使用している。

 ドラマのプロデュース担当は『水曜どうでしょう』チーム。よって、ローカル局の仕事もリアルに再現される。エキストラは実際の「HTB」社員、舞台となるテレビ局のシーンは盤石の作りとなっていた。

 まだまだ異例は続く、特筆すべきは役者について。

『チャンネルはそのまま!』で美味しい役柄といえば、雪丸がピンチの際に助言をくれる陽気な情報部長・小倉である。間違いなく注目されるドラマ、俳優にとって喉から手が出るほど欲しい役柄だ。

 で、小倉を演じたのは誰か?

 藤村忠寿。

 聞いたことない名前だな……、なんて思った人もいるだろう。まず藤村の本職は俳優ではない、かといって歌手でもないが。

 実は藤村、上記した“タレントよりも騒ぐスタッフ”でおなじみ、『水曜どうでしょう』の名物ディレクター。確かに原作漫画の連載時から、小倉は藤村そっくりだと評判だった。しかし、ドラマ制作時にはプロの役者によって演じられるのが通常である。ところがモデルそのままに藤村が小倉役を射止めた。メインキャストの1人が裏方のテレビマン、そういった点でも前代未聞のドラマとなっている。 監督にも名を連ね、美味しい役柄をもらう藤村。「HTB」の社員でありながら、タレント活動をおこなえる理由はひとつしかない。それは彼なくして、現在の「HTB」の繁栄があり得ないからだ。藤村がいなければ『水曜どうでしょう』はない、『チャンネルはそのまま!』も当然ないのだ。

 有能な藤村ディレクターを見るたびに、僕はある人物を思い浮かべてしまう。その人物とは「スタジオジブリ」プロデューサー鈴木敏夫だ。
なにせ、この2人には共通点が多い。

 名古屋出身の高学歴、共にドラゴンズファン。髭面にメガネという外見も酷似している。どんなにお硬い場所でも自分のスタイルを崩すことはない。鈴木は作務衣、藤村はアロハ、これが2人の正装だ。口達者で声質が優れておりラジオのレギュラー番組を持つ、時に役者業もおこなう。互いに天才を見つけ人生がひらけた人でもある。鈴木は宮崎駿、藤村は大泉洋という天才を発見した。そして、2人共に天才をプロデュースし、0から1を作り出すことに成功。それが「スタジオジブリ」、『水曜どうでしょう』である。

 2人の天才にも共通点はある。それは気難しい師匠を持っていることだ。宮崎は高畑勲、大泉は鈴井貴之から表現の基礎を叩き込まれた。そして、宮崎と大泉は芸術肌の師匠を大衆性で勝っていく。

「スタジオジブリ」と『水曜どうでしょう』は、師匠と弟子の関係に部外者が入り生まれた三角関係の先にあった豊穣だったと云える。ちなみに、ジブリには『水曜どうでしょう』のファンが多かったらしい。全国区ではない頃の大泉が『千と千尋の神隠し』で番台蛙の声を担当している。

 アウトサイダーがメインカルチャーを作り出す工程は必然と似てくるのかもしれない。
自社で劇場用アニメーションを作り、ヒットさせること。ローカル局がキー局よりも面白い番組を作り、ヒットさせること。

『水曜どうでしょう』で「HTB」は、メイド・イン・北海道をブランド化した。その恩返しなのか、『チャンネルはそのまま!』に出演する役者陣の多くはある法則で集められている。大泉洋、安田顕、戸次重幸といったTEAM NACSメンバー、雪丸の世話係・山根一を演じる飯島寛騎、厳しい編成局長役の斎藤歩、主題歌を担当したRihwa。以上、全員が北海道出身者。小さな役を演じる俳優陣にも道民は多い。意図的なオール北海道ともいえる人選に「神は細部に宿る」のか。

『チャンネルはそのまま!』は、明確な悪役を作らない点も優れていた。すぐに悪役を作りたがる近ごろのドラマとはココが違う。つまり、よく台本がよく練られていた。出てくるキャラクター皆に血が通っている。

 大泉が演じる助成金を私的に流用し、業務上横領の疑いがかかるNPO代表。最終話、自ら退っ引きならない事情を雪丸に打ち明ける。逮捕される寸前の緊迫したシーン。しかし、語れる内容がまぁ人間臭い。この状況を中継カメラで見た小倉が「こんな面白い状況、俺たちだけで見ているのはもったいない。生中継しよう!」と提案。このドラマは美談にしないから良い、各所でテレビマンの残酷な一面を見せる。腹を割って話そう、とことんフェアな作風なんだ。

 主人公・雪丸のおバカさによってマイルドになっているが、作品が持つメッセージは硬派。キー局との確執など、今まで光が当たることがなかったローカル局の現実が映される。

 おバカそうでいて実は深い(かもしれない)、柔和そうに見えているが中身はクセ者(かもしれない)。『チャンネルはそのまま!』は「蛙の子は蛙」、そういった意味で藤村という人間によく似ていた。

●ヨシムラヒロム/1986年生まれ、東京出身。武蔵野美術大学基礎デザイン学科卒業。イラストレーター、コラムニスト、中野区観光大使。五反田のコワーキングスペースpaoで週一回開かれるイベント「微学校」の校長としても活動中。テレビっ子として育ち、ネットテレビっ子に成長した。著書に『美大生図鑑』(飛鳥新社)

関連記事(外部サイト)