山田孝之、綾野剛、内田朝陽 バンド打ち上げでの「気遣い」

山田孝之、綾野剛、内田朝陽 バンド打ち上げでの「気遣い」

山田孝之らが高級焼肉店で打ち上げ

 東京・西麻布にある高級焼肉店の前で、4月25日の深夜、2人の男性が熱いハグを交わしていた。俳優の山田孝之(35才)と、同じく俳優の綾野剛(37才)だ。いや、正しくはこの日の彼らは、ミュージシャンだった。

 この数時間前、山田と綾野、そして内田朝陽(36才)の3人によるバンド『THE XXXXXX(ザ・シックス)』の初単独ライブの最終公演が、その店からほど近いライブハウスで行われていた。プラチナチケットを手に入れた幸運な約7000人が、彼らのパフォーマンスに酔いしれたのだ。

 なぜ、売れっ子俳優が今、バンドなのか。

「映画の共演などをきっかけに友人関係になった3人が、バンドを組んだのは2013年頃です。綾野さんと内田さんは別々に音楽活動をしていましたが、綾野さんは当時のバンドで“これ以上の音楽は作れない”と壁にぶち当たっていた。そんな中、一緒にカラオケに行った山田さんの歌声に聴き惚れ、“またバンドをやりたい”と思ったそうなんです。そこから、作詞作曲ともに自分たちで手がける本格的なバンド活動を始めました」(テレビ局関係者)

 しかしスケジュールが過密な俳優同士、なかなかセッションが実現しない。今回のライブは、ファンだけでなく本人たちにも待望のものだった。

「多忙な合間を縫って、3月からレコーディングとリハーサルを重ねてきました。あれだけ役者としての実績のある人たちですから、ライブもお手の物かと思いましたが、勝手が違うのか、本番前はナーバスになっていました」(ライブ関係者)

 冒頭の様子は、その打ち上げが終わったところだ。

「2日間の昼夜公演を、無事に大成功させた3人は打ち上げでも気を抜いていませんでした。3人はお酒を持ってスタッフのテーブルを回って彼らをねぎらい、会場は一体となっていました。どのテーブルでも音楽の話をしていました。ただ、ライブで体力を使ったうえにスタッフへの気遣いで彼らもさぞ疲れたのでしょう。二次会はなくお開きとなりました」(前出・ライブ関係者)

 役者とは違う表情が、そこにはあった。

※女性セブン2019年5月23日号

 

関連記事(外部サイト)