ジャニーズがグッズ通販開始 アイドルのグッズ事情、FSKとは?

ジャニーズがグッズ通販開始 アイドルのグッズ事情、FSKとは?

ジャニーズショップがオンラインストアをオープンし話題に

 ジャニーズ事務所所属タレントの公式グッズを販売する「ジャニーズショップ」が、5月6日にオンラインストアをオープンし、話題となっている。

 これまでジャニーズの公式グッズは、原宿、名古屋、大阪、福岡にある実店舗に行かなければ購入できなかった。しかも、休日ともなれば、朝早くから入店整理券を求めるファンが店舗に殺到。運が悪ければ、整理券の配布が終了するなどということもあり、そう簡単に公式グッズを手に入れることはできなかったのだ。

 そんな中、突然オープンしたジャニーズショップのオンラインストア。販売されているのは、生写真やライブ写真集などで、実店舗と変わらぬ品揃えだという。アイドル事情に詳しいフリーライターの大塚ナギサ氏はこう話す。

「ジャニーズの公式グッズを手に入れるのはハードルが高いものでしたが、オンラインストアの登場で、より多くのファンの手元に届くことになります。さらに、7月にはジャニーズJr.専門のオンラインストアもオープンします。ジャニーズのファン層もどんどん広がっていくのではないでしょうか」(大塚さん・以下同)

 アイドルの公式グッズというと、オフィシャルショップなどで販売されている生写真などのほかに、コンサート会場で販売されるグッズもある。ジャニーズの場合、コンサートグッズについては通販は行われていない。

「ジャニーズのコンサート会場では、ツアーTシャツやタオルなどのグッズが販売されているのですが、こちらも争奪戦になることが多いですね。コンサートが始まる何時間も前から、グッズ列ができていることもよくあります。チケットがなくてもグッズは購入できるので、グッズだけを買いにくる”グッズ参戦”のファンも少なくないですね。今後、仮にジャニーズがコンサートグッズの通販を始めたら、かなりの売上になると思いますよ」

 ひとまず公式ショップのオンラインストアがオープンしたという段階のジャニーズだが、女性アイドルの場合はどうなのだろうか。

 AKB48グループでは、「AKB48グループショップ」という公式オンラインストアがあり、そこで全グループの公式グッズが販売されている。オフィシャルショップのグッズだけでなく、コンサートグッズも購入可能だ。

 また、坂道シリーズについても、「乃木坂46 OFFICIAL WEB SHOP」や「欅坂46 OFFICIAL GOODS STORE」などの公式通販サイトで、グッズが販売されている。こちらもコンサートグッズが購入できる。

「AKB48グループは実店舗の公式ショップがありますが、坂道シリーズが実店舗がなく、通販かコンサート会場のみでの販売となっています」

 モーニング娘。'19やアンジュルムが所属するハロー!プロジェクトの場合、東京、名古屋、大阪に公式ショップの実店舗があり、さらに「UF Goods Land」、「ハロー!プロジェクトオフィシャルショップ Web Store」など複数の公式通販サイトも存在している。

「ハロプロもかつてはジャニーズのように、コンサートグッズは会場でしか購入できなかったのですが、現在はほとんどのコンサートグッズを通販で購入できるようになっています。また、秋葉原のオフィシャルショップでは、メンバーが登場するトークイベントなども頻繁に行われていますね」

 ここ最近のアイドルグッズのトレンドは、「アクリルキーホルダー」あるいは「アクリルスタンド」だという。

「小さなアクリル板にメンバーの全身写真がプリントされたグッズです。アイドルだけでなく、アニメのキャラクターグッズとしても人気ですね。キーホルダーとして使えるだけでなく、フィギュアのようにして並べて楽しむことができるものも多い。ハロプロの場合、『フィギュアスタンドキーホルダー』という名前で、その頭文字を取ってFSKと呼ばれていて、新作が発売されるとすぐに売り切れになるほどの人気ですよ。推しメンのFSKをいろいろな観光地や飲食店に持って行き、そこでFSKの写真を撮ってSNSにアップするファンも多いですね。

 ちなみにジャニーズでは、King & PrinceやジャニーズJr.のコンサートグッズとして『アクリルスタンド』が販売されたことはあります。ジャニーズファンは”アクスタ”と略して呼ぶことが多いのですが、買えなかったファンの中には自分でオリジナルのアクスタを作る猛者もいるようです」

 現在、ジャニーズショップのオンラインストアにおいてアクスタは販売されていない。もしも、今後ジャニーズのアクスタがオンラインストアで発売されれば、間違いなく人気が爆発することとなりそうだ。

関連記事(外部サイト)